« 復興支援も考えつつ、小石原の陶器市と日田彦山線筑前岩屋駅へ | トップページ | 「大牟田貨物」1151レ~1152レを見に、中編 »

2017年10月13日 (金)

「大牟田貨物」1151レ~1152レを見に、前編

少し遅くなりましたが先週末の連休の活動報告。

同じ福岡県内ではありますが、かなり生活圏とは離れますし、小倉駅から100kmオーバーの移動になりますので「乗り鉄・紀行」カテゴリーに入れました。

さて、先日から貨物列車が多く登場している当ブログですが、黒崎駅で入換をするタンクコンテナ列車(1152レ)は大牟田発。大牟田では三井化学との間でタンコのやり取りをすると知り、見に行ける日を探していたのです。

Img_5986
Img_5987

北九州(タ)発大牟田行の1151レの北九州(タ)発は4:44。

小倉駅近くで、シルエットでタンコが西へ向かうのが見えたので、早朝からのヲタ活動決行です。

Img_5988

まだ新幹線駅もモノレールも閉まっている小倉駅構内。

Img_5989

在来線改札は開いていますが、新幹線乗り換え口は閉鎖中。

Img_5992

かつて宮崎空港発の夜行便だった「ドリームにちりん」の一部を引き継ぐ形で運行されている「ソニック102号」。

柳ヶ浦を4:38に出発して小倉には5:21に到着。折り返し5:23に発車して博多へ向かいます。

新幹線の始発より早いので、私のような早朝から出かけるもの、そして朝帰りの酔客などが混ざります。

Img_5993

ホームに「ゆふいんの森」の乗車位置案内を見つけました。

小倉を4:51に出る荒尾行の始発に、追いつく形で博多で乗り換えます。

Img_5996

鳥栖手前、田代駅に隣接する鳥栖(タ)にタンコを発見。

1151レがここで20分ほど停まっている間に追い越して、大牟田へは先着できるのです。

Img_5999

鳥栖では、1泊2日コースの「ななつ星」に遭遇(1回目)

Img_6001
Img_6002
Img_6003

銀水~大牟田間で左に見えてくるのが、三井化学の専用線と接続する操車場。

あとでこのへんを撮影するので配線など確認。

Img_6006
Img_6005

大牟田到着。駅のはずれにポツンとDE10。

このあとの入換はこいつが活躍するのだと思いますが、この時点では人気(ひとけ)がありません。

Img_6011

大牟田はJRと隣接して西鉄の駅(終点)があります。

JRホームから見え、2両編成の甘木行きに隠れない位置に「九州国立博物館へは西鉄で」とPRする看板が出ているのがさすがですねsmile

|

« 復興支援も考えつつ、小石原の陶器市と日田彦山線筑前岩屋駅へ | トップページ | 「大牟田貨物」1151レ~1152レを見に、中編 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復興支援も考えつつ、小石原の陶器市と日田彦山線筑前岩屋駅へ | トップページ | 「大牟田貨物」1151レ~1152レを見に、中編 »