« ニューヨーク行きJAL機、離陸直後のエンジントラブルで引き返し | トップページ | 千早操車場、香椎でISOタンクコンテナを積んだ貨物を見送り »

2017年9月 9日 (土)

『EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM』試し撮りの巻(なぜか虫多め注意)

昨年EOS M5を購入した際にセットで購入したのがEF-M28mm F3.5 マクロ IS STM(公式の商品ページはこちら、わたくしの撮影例はこれとかこれとか)

非常に面白いレンズです。

残念なところを挙げれば、EF-Mシリーズのサイズ制限(太さの統一)からかF3.5であることとか、ミラーレスの問題になってしまうんですが、細かい領域にピントが合わせにくいとか。

LEDライト内蔵のコンパクトなマクロレンズ、そのうちEFかEF-Sでも出るんじゃないの?と思っていたら、やはり出ました。

Img_3022

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM(公式はこちら

お手軽手持ちマクロ撮影が好きな私はまたもや飛びついてしまいました。

焦点距離が35mm(APS-Cなので、35mmフイルム換算56mm)、絞りが開放F2.8と、大きさのことを無視すればこのほうが使いやすいスペックと思います。

Img_3023

EF-Sレンズですので、レンズ側面にAF/MF切り替えとかISのON/OFFスイッチがあります。下のほうに内蔵LEDライトのスイッチ(矢印)

Img_3024
Img_3025

LEDライトはEF-M 28mmと同様の配置で、切り替えのボタン操作も同じです。

Img_5563

とりあえず80Dにつけて手近なものを撮ってみました。

室内なのでF2.8になってましたが、エンボス加工の狭い領域にだけピントが合っており、線を引いたみたい。

Img_5561

PCのキーボード。同じくF2.8。

元の半分のサイズに切り出して、ブログサイズに縮小。

以下、外で撮影したものですが、すべて今回のレンズです。

Img_5579

庭のカボス。実が大きくなっておりそろそろ収穫期。

Img_5567

暑い盛りが過ぎ、またナガサキアゲハの幼虫が数匹。

じっとしているのをいいことに、お試しの被写体に。

Img_5568_28
Img_5569_4056
Img_5571_80

上から順にF2.8, 4.0, 5.6, 8.0

ボケを生かした作品は別として、記録用ならF5.6か8くらいまで絞ったほうが無難ですね。

Img_5580

接近戦を挑みます。ワーキングディスタンスは最短30mmとなっていて、ピントが「目玉模様」のところに合うギリギリのあたりで撮影したもの。

Img_5572

もういっちょ。葉っぱに隠れているのはアオマツムシでしょうか?

Img_5575

すぐ逃げるかと思ったらじっくり撮らせてくれました。

葉がクルっと巻いてるので背中だけですけど

最大倍率がEF-M 28mmと同じく等倍なので(EF-M 28mmはスーパーマクロで1.2倍も可能)、使うカメラや被写体によって使い分けてみようと思います。

« ニューヨーク行きJAL機、離陸直後のエンジントラブルで引き返し | トップページ | 千早操車場、香椎でISOタンクコンテナを積んだ貨物を見送り »

家(DIY・ガーデニング)」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューヨーク行きJAL機、離陸直後のエンジントラブルで引き返し | トップページ | 千早操車場、香椎でISOタンクコンテナを積んだ貨物を見送り »

無料ブログはココログ