« カブトムシ18匹と過ごす夏…(虫多め注意) | トップページ | 北九州モノレールの新しいラッピング編成は「ミクニ号」、ほか »

2017年7月16日 (日)

小倉経由で迂回の「ゆふいんの森」、運行開始

久大線の水害被害を受け、先日の記事でも紹介した「ゆふいんの森」の小倉~大分経由での迂回運行が15日から始まりました。

初日は見に行けませんでしたが、その代わりtwitterなどで情報を得て、効率よく追っかけられないかと作戦を…(臨時列車かつ気動車で遅いので、ソニックなどの退避があるのです)

Img_2465

暑さの中のびている猫を尻目に出かけます。

Img_5222

まずは折尾へ。

「ゆふいんの森91号」の前を走るソニックにカメラを向けると…

Img_5228

キスマイの熊本大分キャンペーンのラッピング編成でした。

Img_5230

昨日の情報では、折尾は通過するはず、と思っていたら、4番のりばに入ってくるじゃないですか

Img_5233

まさかこのまま通過?なわけはなく、一旦停車(運転停車)

Img_5234

あぁ、ホームの発車案内にはちゃんと載ってました。

休日ダイヤの場合は退避箇所が異なるのでしょう(臨時便ですし、適宜修正される可能性もあります)

Img_5236

ここで退避するのは、特急どころか快速の門司港行き。

これに乗って西小倉まで先回り。

Img_5239
Img_5244

先行する快速を降りて待つと、数分後に通過。

Img_5246

小倉で折り返してくるのを、城野で待ち構えるために移動。

Img_5248

城野では2番乗りばに運転停車。

ホームの放送では「通過します」と案内されてました。

Img_5255
Img_5264

後続のソニックが1番のりばを通過していきました。

Img_5267

城野からの出発を見送って、今回の追いかけは終了。

今日のニュースでも、由布院や日田の宿泊施設には被害はないので、是非来てほしいという地元の談話が報じられていました。

今回の臨時運行、JRの収入確保だけでなく、「由布院への足はあるよ」「観光もできるよ」というPRにもなると思うので、頑張って続けてほしいものです。

« カブトムシ18匹と過ごす夏…(虫多め注意) | トップページ | 北九州モノレールの新しいラッピング編成は「ミクニ号」、ほか »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カブトムシ18匹と過ごす夏…(虫多め注意) | トップページ | 北九州モノレールの新しいラッピング編成は「ミクニ号」、ほか »

無料ブログはココログ