« 来春から「ななつ星」が門司港に乗り入れますが、機回しは? | トップページ | 小倉陸軍造兵廠と原町緑道1 ~まずは航空写真から »

2017年6月24日 (土)

奥洞海から、折尾駅の旧ホーム解体状況など

ちょいと若松方面に子供を送っていく用事がありました。

Img_8526

あまり深い意味はないのですが、ふらっと立ち寄ってみたのが若松競艇場(ボートレース若松)

Img_8527

規模は大きくないですが、小倉競輪の場外売り場(サテライト若松)も併設されています。

いずれも北九州市が母体なのでできることか?

これが目的ではないので、ちらっと見ただけ。

Img_8530

徒歩数分で、筑豊線(若松線)奥洞海駅があります。

最寄り駅らしく、競艇ののぼりあり。

Img_8528

駅隣接の踏切も「ボートレース場踏切」

Img_8532

無人駅で、券売機、ICカードチャージ機、簡易改札機あり。

Img_8536

競艇場とはこんな距離感です。

Img_8539
Img_8541

BEC819系DENCHAに乗って折尾へ移動。

Img_8542

鹿児島線のホームに上がってみると、4番のりばにDE10。5番のりばでは「にちりんシーガイア」が客扱い。

Img_8544

DE10が牽引していたのはレール輸送用のチキ。

Img_8551

下り貨物も通過していきましたが、折尾のような新しい旅客ホームに貨物列車や事業用の列車がいると変な感じですね。

Img_8547
Img_8550

旧鹿児島線ホームの姿はすでになく、その下の築堤部分の解体が進んでいます。

奥には筑豊線(若松線)の新しい高架が建設中。これを完成させて、立体交差している線路を移すのが次のステップです。

Img_8546

解体中の断面?は、オリジナルと思われるレンガと、そのあとの改築で使われたと思われるコンクリートと、いろいろ現れていて歴史を感じられます。

« 来春から「ななつ星」が門司港に乗り入れますが、機回しは? | トップページ | 小倉陸軍造兵廠と原町緑道1 ~まずは航空写真から »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来春から「ななつ星」が門司港に乗り入れますが、機回しは? | トップページ | 小倉陸軍造兵廠と原町緑道1 ~まずは航空写真から »

無料ブログはココログ