« カボスの樹にアゲハの幼虫が2種類 | トップページ | 来春から「ななつ星」が門司港に乗り入れますが、機回しは? »

2017年6月15日 (木)

祝!国道199号線新砂津大橋4車線供用

昨年11月の2車線(片側1車線)暫定開通から半年以上、4月に東行きのみ2車線になりましたが、渋滞の原因となっていた新砂津大橋。このたび、ようやく西行きも2車線走行可能となり、4車線供用となりました。

Img_8485

いつものように?国際会議場入口交差点のところの歩道橋からスタート。

Img_8486

交差点の南東角から新砂津大橋方面を見たところ。

新たに舗装された紫矢印部分と、緑矢印部分の違いがどうもわかりにくいのですが、少し足を進めてみます。

Img_8487

ここまでくると、新道の歩道部分と、もともと車も通れる路地であることが分かります。

右側の路地を行くと砂津大橋西交差点にでるので、それはいいのですが、1-2枚目の矢印を付けたところで完全に歩道と車道の区別は完全に崩壊しています。車を乗り入れた場合のお作法はいったいどうすれば?と疑問

Img_8488

余計な疑問は置いておいて足を進めると、車道を1車線に制限していたフェンスは取り払われ、橋の南側の歩道も通れるようになっています。

工事期間は7月末までになっているので、植栽などの付帯工事がまだこれから続くのでしょう。

Img_8491

少し通り過ぎて、東から攻めてみます。

6月13日から4車線供用になるという看板を発見。

Img_8492

砂津大橋東交差点の手前から。

長浜地区へ向かう道路、バス停と思われる切り欠きなどまだ整備中の部分もあります。

Img_8490

新砂津大橋を東側から。

Img_8489
Img_8493

砂津川の西側には、旧道との段差を埋めるような歩行者向けのスロープが出来ています。通れるのは旧道側の歩道の整備が進んでからでしょうね。

Img_8484

ようやく199号線のボトルネックが一つ解消されました。続いて、砂津と長浜をつなぐアンダーパスの開通が待っています(1年後?2年後?)

« カボスの樹にアゲハの幼虫が2種類 | トップページ | 来春から「ななつ星」が門司港に乗り入れますが、機回しは? »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カボスの樹にアゲハの幼虫が2種類 | トップページ | 来春から「ななつ星」が門司港に乗り入れますが、機回しは? »

無料ブログはココログ