« ペットフードも値上げなんですね | トップページ | 浅野町緑道の廃線跡を昔の航空写真で確認 »

2017年5月25日 (木)

小倉駅北東の廃線跡を訪ねて(浅野町緑道)

先日、砂津のアンダーパスの工事現場を訪ねていた時に、オヤ?と思った構造がありました。調べてみると廃線跡とのこと。

改めて歩いてみました。

Img_8331

まずはここから。小倉北区長浜町の、国道199号線と貴布禰(きふね)神社の間の路地に、不自然な段差と鋲を見つけたのです。

Img_8333

つながっている駐車場の側からみると、奥の路地の左手から上り坂になっていて、鋲の先が平坦。そしてこの幅。

ブラタモリ風に「おや、この不自然な傾斜は?」と考えると…

線路のあとsign03

帰って調べると、東小倉から浅野のほうにかつてのびていた引き込み線の名残のようです。

Img_8332

今回、「工」の字の入った旧国鉄の境界杭を確認しました。

#旧工部省からの流れで「工」を使用していたそう

Img_8335
Img_8334

西へ進み、長浜団地を越えたところに、砂津川をまたぐ鉄橋の基部が残っています。

立っている「門司口橋」は参勤交代にも使われていた由緒ある橋だとか(現地に説明看板あり)

Img_8338
Img_8339
Img_8340

砂津川の向こうに、緩やかにカーブする路地があります。

Img_8341

道を渡ったところに、「浅野町緑道」の標示あり。

下はまるで西日本総合展示場への近道であるかのよう。

Img_8342

「まるで」と書いたのは、ここで199号線を渡れないから。

緑道自体は北側に続いているようです。

Img_8344

国際会議場入口交差点を渡って、北側から先ほどの道を見てみます。この時期ちょっとうっそうとして、周囲の建物とミスマッチ。

Img_8345
Img_8346

残念なことに、199号線と国際会議場の間の緑道は柵で囲われ、入れないようになっています(海側を通り抜けることは可能)

Img_8347

なぜだろうと思いながら国際会議場のほうへ抜けると、「月極駐車場」の看板(下には緑道の案内でもあったのだろうか?)

Img_8348

こちらから改めて歩くと、駐車場(写真奥)に出入りする通路の周囲がトラロープで囲われていることがわかります。

緑道の立ち入り禁止も、車が入りこまないための措置と考えれば納得がいくのでした。

とはいえ車路としては仮設っぽくあまりに中途半端ですので、そのうちまた変化があるものと思われます。

Img_8349

過去の地図を見ると、引き込み線は写真右奥のほうに進んでいたようです。

となると、さきほどの「↑西日本国際展示場」も、線路が向かっていた先を偲ぶように記されたのかもしれません。

« ペットフードも値上げなんですね | トップページ | 浅野町緑道の廃線跡を昔の航空写真で確認 »

小倉駅北口ウォッチャー」カテゴリの記事

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

関連ではありませんが、4枚目の画像周辺に「日本国有鉄道」の文字が残った現役の看板があったりします。ご参考まで。

気になったので、別の機会に探してみました
新幹線の橋脚に国鉄の名が残る看板を発見したのですが、これですかね?

あら、リンクが出てない
https://twitter.com/pochi_m/status/870874154257469440

私が見たのはその看板です。
探せば他にもあるかもしれませんね。

昔、ここの近くに住んでたものです。この緑道は昔、総合展示場のできる前、卸売市場だった頃に機関車が通っていた単線の路線でした。1970年半ばに市場の移転と展示場建設のため廃線になりました。懐かしい画像だったのでコメントしました。

かっちゅん様、コメントありがとうございます。
私はこの線路が現役の頃を知りません(生まれてはいたが生家は別の街なので)
市場へ続く線路だったとの情報ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペットフードも値上げなんですね | トップページ | 浅野町緑道の廃線跡を昔の航空写真で確認 »

無料ブログはココログ