« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の12件の記事

2017年5月28日 (日)

北九州モノレールの競馬増発に新パターン?

今日は東京競馬場で日本ダービーが開催される日。

当地の小倉競馬場でも場外発売や中継が行われるため、人気のレースの日は結構な人手があります。北九州モノレールもそのものずばり「競馬場前」駅がありますので、来場者の輸送に重要な役割を果たしています。

以前のダイヤでは土日の午後は競馬開催関係なく増便していたのですが、現行ダイヤでは10分間隔で変化なし。

Dsc_1369

しかし、時折競馬開催(終了後の帰宅)に合わせて増発が行われていました。

一時的に朝ラッシュと同じ7分間隔へ移行するのは輸送効率はいいですが、本来のダイヤのつもりで駅に行くと列車が来ず、乗り継ぎなどに影響が出る乗客がいるかもしれません。

しかも公式サイトでの競馬増発の告知なし。

というわけで、個人的には事前に十分告知してからでないと好ましくないと思っていました。

話を今日に戻します。

Img_2286

新999号が午後2往復だけ運用に就くと公式サイトに情報あり。

競馬臨?それとも貸切?と気になりながら、2往復目に合わせて企救丘駅へ。

Img_2285

2番線に新999号がいましたが、ホームへの階段にはいつものように通行止めの札。

Img_2290

1本前の定期便(企救丘17:06発)で隣の志井駅まで行き、17:11初の臨時便が来るのを待ってみました。

Dsc_2484

通過も覚悟しましたが、ドアが開き乗車できました。

先客が1人。前の列車が出るまで待っていれば、2番線から乗ることもできたのですね。

Dsc_2485

増発なら競馬輸送だろうから、競馬場前に行けば情報があるかもしれないと思って降りてみました。

小倉行きホームにはまだ競馬帰りの人が並んでいて、臨時便の需要はありそうでした。改札周辺や時刻表を見てみましたが、増発の時刻など具体的案内はなし。

Dsc_2487

企救丘に戻るためにホームに上がると、また定期便と異なる時刻の列車が競馬帰りの人を飲み込んでいきました。

こちらも、新999編成と同じく、運用番号を出していません。臨時便です。

編成数の関係で完全に間を埋めることはできませんが、本来の10分間隔の列車はそのままで、2編成(もしかしたら3編成?)を使って臨時便を差し込んだようです。

増発に伴い定期列車の時刻がずれることについて、私と同じような批判があり会社に届いたのかもしれません。

Img_8430
Img_8432

企救丘に戻ってきた新999号。

Img_2291
Img_2295

本日の運用を終え、車両基地へ回送されていきました。

Img_2298
Img_8435

本日の臨時便についても公式サイトでは告知なし(新999号が走るというヒントはありましたが)

競馬開催に合わせた増便が必要なのでしたら、いずれの方法でもよいので公式サイトや駅で告知していただければ、というのが希望です。

2017年5月27日 (土)

ミクスタは「地元製品街かどショールーム」

今回の廃線跡(浅野町緑道)散策のおまけです。

Img_8350

緑道を国際会議場のところまでたどると、隣はご存知ミクスタ(北九州スタジアム)

Img_8351

ゲートが一部開けてあるので、どこまで入れるのか調査(この日だけでなく、昼間開いているのを見ます)

Img_8353
Img_8355

ピッチは芝刈り中。

歩道橋とつながるデッキから、客席やピッチをチラ見することはできますが、客席につながるゲートは閉ざされていました。当たり前ですが、逆に、デッキ部分は開放しているのだなと理解しました。

Img_8358

デッキに、地元メーカーの製品が使われている部分の展示があり、「地元製品街かどショールーム」と名づけられています。

わかりやすい例を挙げると、トイレはTOTO製です。

Img_8359

歩道橋から入った正面あたりに、寄付者の銘板。

Img_8362

北側に回ると、ここからもピッチが覗けます。

Img_8363

国交省の船が係留されているのも近くに見えます。

スタジアムができる前からここを使っていますので、ボールが海に落ちた時のために待機しているわけではなさそうです。

Img_8364

まぁこのあたりどこからでも見えますが、小倉~松山間のフェリー。

Img_8368

矢印のビルに、ギラヴァンツの本社と選手寮が入っています。

このくらいの距離感ですよーという写真。

試合などのない日でも、昼間ならこのようにスタジアムの雰囲気だけは味わいに行くことができそうです

#開放に関して正式な情報は見つかりませんでしたので、確約はできません。ご理解ください

2017年5月26日 (金)

浅野町緑道の廃線跡を昔の航空写真で確認

先の記事で、小倉駅近くに残る廃線跡を歩いたわけですが、昔の姿も気になります。

過去の風景を取り上げたブログなどを探すこともできますが、今回紹介するのは国土地理院の地図・空中写真閲覧サービス(こちらからどうぞ)

過去のものから見ていきましょう。

19470311_kokura_stn

こちらは1947年(昭和22年)の小倉駅付近。米軍が撮影したものと注釈がありました。

小倉駅と言っても、現在の西小倉駅あたりです。駅の南に小倉城、流れる川は紫川。

19470311_sunatsu

同じときの少し東側。左端あたりが現在小倉駅のあるところ。真ん中が砂津川、右端に東小倉駅(今は役割を終えています)

19610817_sunatsu

1961年(昭和36年)になると、現在の位置に小倉駅が出来ています。東小倉~小倉間の配線も今と同様に見えます。

今回取り上げた引き込み線は矢印の位置に確認できます。

19750308_sunatsu

1975年(昭和50年)。矢印は国道199号線の砂津大橋。浅野へ向かう引き込み線もまだ確認できます。

新幹線の高架が白く輝いていると思ったら、1975年は山陽新幹線が博多まで開業した年。撮影の3月8日は、新幹線開業の3月10日の2日前です。どうりで…

20090429_sunatsu

最近の写真は、2009年(平成21年)のもの。

引き込み線はなく、緑道に姿を変えています。

現在は砂津大橋の海側に新砂津大橋がかかり、まもなく全面供用。

国土地理院さんは、公開しているコンテンツは出典を明らかにすれば加工も含めて利用は自由としていますので(規約はここ)。遠慮なく利用させていただきました。

縁のある場所、興味ある場所の過去の姿、興味ありませんか?

Img_8329

最後に、新砂津大橋のアプローチ部分も撮ってきたので紹介。

Img_8328

東行きは2車線供用となりましたが、西行きはアプローチ部分がまだ工事中で1車線のみ。

Img_8330

工事看板には7月31日までとありますが、歩道と車道を分ける縁石が出来ているので、車道だけでも舗装を済ませて供用してほしいなと、ドライバーとしては思うわけです…

2017年5月25日 (木)

小倉駅北東の廃線跡を訪ねて(浅野町緑道)

先日、砂津のアンダーパスの工事現場を訪ねていた時に、オヤ?と思った構造がありました。調べてみると廃線跡とのこと。

改めて歩いてみました。

Img_8331

まずはここから。小倉北区長浜町の、国道199号線と貴布禰(きふね)神社の間の路地に、不自然な段差と鋲を見つけたのです。

Img_8333

つながっている駐車場の側からみると、奥の路地の左手から上り坂になっていて、鋲の先が平坦。そしてこの幅。

ブラタモリ風に「おや、この不自然な傾斜は?」と考えると…

線路のあと

帰って調べると、東小倉から浅野のほうにかつてのびていた引き込み線の名残のようです。

Img_8332

今回、「工」の字の入った旧国鉄の境界杭を確認しました。

#旧工部省からの流れで「工」を使用していたそう

Img_8335
Img_8334

西へ進み、長浜団地を越えたところに、砂津川をまたぐ鉄橋の基部が残っています。

立っている「門司口橋」は参勤交代にも使われていた由緒ある橋だとか(現地に説明看板あり)

Img_8338
Img_8339
Img_8340

砂津川の向こうに、緩やかにカーブする路地があります。

Img_8341

道を渡ったところに、「浅野町緑道」の標示あり。

下はまるで西日本総合展示場への近道であるかのよう。

Img_8342

「まるで」と書いたのは、ここで199号線を渡れないから。

緑道自体は北側に続いているようです。

Img_8344

国際会議場入口交差点を渡って、北側から先ほどの道を見てみます。この時期ちょっとうっそうとして、周囲の建物とミスマッチ。

Img_8345
Img_8346

残念なことに、199号線と国際会議場の間の緑道は柵で囲われ、入れないようになっています(海側を通り抜けることは可能)

Img_8347

なぜだろうと思いながら国際会議場のほうへ抜けると、「月極駐車場」の看板(下には緑道の案内でもあったのだろうか?)

Img_8348

こちらから改めて歩くと、駐車場(写真奥)に出入りする通路の周囲がトラロープで囲われていることがわかります。

緑道の立ち入り禁止も、車が入りこまないための措置と考えれば納得がいくのでした。

とはいえ車路としては仮設っぽくあまりに中途半端ですので、そのうちまた変化があるものと思われます。

Img_8349

過去の地図を見ると、引き込み線は写真右奥のほうに進んでいたようです。

となると、さきほどの「↑西日本国際展示場」も、線路が向かっていた先を偲ぶように記されたのかもしれません。

2017年5月22日 (月)

ペットフードも値上げなんですね

様々な値上げが話題になります。

意識することはさほど多くないのですが、先日キャットフードを買いに行って実感しました。

Img_2253

左が今まで購入していたもの。見慣れた袋が店頭に見当たりませんが、ブランド名と「室内ネコ用」が同じもの(右)を発見。

「小袋に分かれてないので、まとめ買いみたいなパッケージかも」と妻に確認して購入。

家で見た妻には「なんか高級そうな袋になった」とおおむね好評。

Img_2254

しかし、よく見ると2kgであった容量が1.8kgに減っています。

ムム、これはいわゆる「実質的値上げ」というやつでは?

Img_2256

たんぱく質が従来品と比べて15%アップ、という「改良点」のアピールには余念がありません。

Img_2260

数字もいろいろと書いてあるのですが、栄養には詳しくないので、どっちがどのくらい良いのかはちょっと比較できません。

Img_2259

通販の検索すると従来品も出てくるので、一時的欠品か?とも思いましたが、メーカーのサイトでも新しいほうのパッケージしか出てきません。

定番商品のはずなのに、前回購入した従来品のほうに「棚はずれ特価」とあることからも、メーカーの生産終了に伴う販売終了だろうと結論付けました。

Img_2258

値上げゆうても食事の量は減らさんでね!

2017年5月19日 (金)

三萩野交差点の左折矢印が24日から廃止されるとのことで

記事を見直すと昨年3月ですから1年とちょっと前、右折を分離する信号が導入された三萩野交差点。

今回、見直しの看板が出ているとの情報があり、仕事終わりに現地を確認に行ってきました。

Img_8379

北向きに関しては、直進+左折の矢印信号が出る前に、左折のみの矢印(このとき東西の3号線は右折信号)が出るのが特徴です。

右折が分離される前から、この左折矢印は出ていました。

Img_8371

ただ、左折が特に多いかというと、左折矢印の間に左車線は空になってしまう程度。

短くてもいいんじゃないかと言いたくなりますが、右折信号の長さと連動してますからそこは仕方ない。

#見に行ったのが夕刻で、混む方向じゃないんです、朝ラッシュはもっと直進も左折も多いです。

Img_8372

右折が分離されてからちょっと気になっているのが、右折レーンの長さ。

手前の黄金一丁目交差点ギリギリまで用意されていますが、それでも詰まることが多い。で、詰まると直進レーン2つのうち1つが使えなくなる。

Img_8375
Img_8374

もう一つの問題は、バス停の存在。小倉駅方面に向かうバスは、左車線が左折専用になるので、車線変更をする必要があります。

ただでさえ渋滞気味のところに、バスに絡んだ織り込みが発生するので危ないし鬱陶しい…

Img_8376

そこにこれです。左折矢印廃止で、左レーンは左折+直進になるでしょう。

左折車にとっては待ち時間が増えるかもしれませんが、直進車やバスは走りやすくなります。

個人的には歓迎ですが、トータルでは吉と出るか凶と出るか…

Img_8382
Img_8381

もう一つ北にある大きな交差点の香春口も左矢印が出ます。

ただ、ここは左折専用レーンが余分にとってありますから、左矢印廃止はないでしょう。

Img_4199

スターフライヤーの話題を一つ。

エアバスA320最優秀運航賞に選ばれたとのリリースがありました(記事はこちらなど)

選考の基準のすべてはわからないのですが、定時出発率の高さが評価されたとありました。夏の沖縄便も無事運行されることを願います。

2017年5月16日 (火)

新999号目当てにモノレール朝練(その2)

連休中のことですが、報告のタイミングを逃していたので今頃。

以前記事にした日の数日後、撮影向きの時刻に出庫していく日を改めて狙ってみました。

Img_2087
Img_2090

今度は志井公園の北側。車両基地の外周を回っていく入出庫線が見渡せる位置です。

曇りなのが残念。

Img_2094
Img_2096

新999号の出庫を、まずはEOS M5で。

Img_4417
Img_4420

次いで、EOS 80D + EF 70-300mmL で。

Img_4416Img_4412

待っている間、日田彦山線の線路沿いのフェンスにヒヨドリがやってきました。よく見ると、枯れたツルをむしったのか何やらくわえています。

巣作りの材料でしょうか?

Img_4425

数は少ないですが、日田彦山線も通ります。

モノレールと一緒に写れば… と思ったのですがそうもいかず

実際に、どんな感じで出庫してくるのか、もう一つ出庫があるのを待って動画を撮ってみました。

ゆっくりなので、車体の観察にも良いです。

Img_4429
Img_4433

こちらも後追いで。

北九州モノレールのサイトを見ると、GWが過ぎても新999号の運用予定を公開していますね。特にこういう入出庫の撮影を考えるとありがたい話ですが、いつまで続くかこのサービス。

2017年5月15日 (月)

タカガールデイ参戦の巻(3年連続3回目)

1日遅れになりましたが、ホークスの恒例企画になった「タカガールデイ」に行ってきました。

Img_4710

妻が妙に気に入っており、3年連続の参戦(観戦)となりました。

Dsc_2373
Img_8320

地下鉄唐人町駅から歩いてヤフオクドーム前まで来ると、広大な空き地が広がっています。昨年営業を終了したホークスタウンの跡地。来年には後継の商業施設がオープン予定とか。

ドームがこうやって見渡せるほうが景色としてはいいのですが、こんな土地、放っておきませんよね…

Img_4709
Img_8321

女性はピンクのユニホームがもらえるという企画で、我が家のタカガールどももピンクに…

Img_4713
Img_4715

ユニホームの引き換えを待つ間、スカイマークのタカガールジェット(JA73NJ)が福岡空港に向けて進入していくのを目撃。

到着が試合開始より遅れてしまったのですが、怪我の功名

Img_4721
Img_4781

試合のほうは、残念ながら首位イーグルスに完敗と言っていい内容で、打ち込まれたピッチャーが交代するシーンも数度

Img_8324

この日はラッキーセブンの風船もピンクなのですが、7回表の攻撃が長くてですね…

Img_4811

女性の入場者が初めて三万人を超えたそうで(昨年もここを撮っていて、800人ほど少ない数字でした)、タカガール向けの企画としては大成功だった様子。

去年も今年も、男2人混ざってしまってゴメンナサイです…

Img_4799

写真を見直していて気付いたのが、イーグルスの嶋捕手が、ピンクのバンドをつけて出ていたこと(ホークスのユニホームにはピンクが入っていますが、イーグルスのほかの選手には見つかりませんでした)

敵ながらあっぱれと思いましたが、ちょっと調べてみると、彼自身乳がん啓発の「ピンクリボン運動」に賛同して寄付金を贈ったりしているようですね(この記事など)

タカガールデイもピンクリボンと関係のある企画ですので、そこに賛意を示していたのかもしれません。ホークス主催の企画ではありますが、ピンクリボンについてはビジターチームも協力してもらえると嬉しいですね。

2017年5月13日 (土)

福岡空港に「タカガールジェット」飛来

福岡で所要。

少し?早く出て、福岡空港へ寄ってみました。

国内線ターミナルの北側にある「0番スポットの丘」に向かいます。工事が進んで、このあたりのPBBは更新されていますが、一番手前にちょうどJ-AIRのERJが入ってくるところでした。

Rjff_sopt1

SPOT1の手前にもう一つ?にしては中途半端にPBBが分岐しています(写真なくてスミマセン)

あとでチャートを見てみると、2本PBBのあるスポットを、小型機なら1L, 1Rの2つに分割して使えるようになっているんですな。

Img_2158
Img_2174

目の前を国内線・国際線ターミナル間の連絡バスが走っていきますが、新しい空港ターミナルの商業施設の名称である「グリーンブルー」に統一されています。

「PORTからPARKへ」というコンセプトも書かれています。

Img_2151

進行中のターミナルビルの工事は、ビルを後退させて誘導路の複線化を図ることとリンクしています。

Img_2153

その必要性を感じさせる光景が、見ている間にも繰り広げられていました。

Img_2157

到着したSFJ機、SKYのプッシュバックを待ち、過ぎたと思うとANAがプッシュバックし、後から到着したANAにも抜かれ…

Img_2161

結局僚機がプッシュバックした直後にお見合いしながらスポットインしていきました。

誘導路よりスポットの空きを待っていたのかもしれませんが、エプロンが狭いゆえにプッシュバックや離陸順の調整が大変だろうと見るたびに思います。

搭乗が順調に済んでも、プッシュバックまで待たされるというのもよくある空港ですから。

Img_2168
Img_2184

来た時にスポットインしたJ-AIRが出ていき、EVA AIRの新塗装機(腹側の色が濃い)を見送り、あとは昼でも食べて帰ろうと思っていると、何やら福岡にゆかりのあるスペマの情報が…

14日から運用に就く予定と記事にあったSKYの「タカガールジェット」(JA73NJ)が羽田から向かっています(12日にも飛来したようです)

Img_2192

両側を効率よく撮るには…と考えて、国際線ターミナルに移動。

着いてすぐに、目の前をSFJ機が転がっていきます。国内線側誘導路が混んでいるときに時々見かけるパターンですね。

Img_2224
Img_2227

左側にはピンクでホークスのロゴ。

Img_2233
Img_2234

国内線ターミナルに移動して、右側の「タカガール」を。

翼がかかるのが残念ですが、この後の予定もあったので出発は見送らずにここで退散。

2017年5月 7日 (日)

今日の庭5/7 庭の花いろいろ

別件の記事を書こうと思ったのですが、いろどりに庭の花の写真でもと思ったらいろいろ集まってしまったのでそちらをまとめます。

Img_2126

EOS M5にEF-M 28mm macroをつけて庭に出てみました。

Img_2109

駐車場の片隅に植えているユリ。球根が立派なだけあって今年もゴージャスに花が咲きそう。

Img_2110

分球した小さなやつが捨てきれずに別のところに植えたのですが、こちらも数は少ないですが花をつけそう。

増えすぎても植えるところがなくなるなぁ

Img_2116

鉢植えから庭に植え替えたアジサイは、気がつけばこんな大きな株に。

Img_2112

花芽がついています。梅雨が近づくと、アジサイの季節。

Img_2115
Img_2113

カボスにも昨年より多くの花がつきそう。

新芽が伸びてくると、アゲハの幼虫との戦いも始まります(ある程度は許容しています)

Img_2117
Img_2118

菜園の一角が花盛りになっているのですが、これは何でしょう?

Img_2119

あまり大きくならず、収穫されなかったダイコンにトウが立って、たくさん花が咲いたものです。夏野菜の邪魔にならない限りこのまま見守りの予定。

Img_2121
Img_2125

ダイコンの根元の可憐な花は、オニタビラコか。

Img_2124
Img_2122

アチコチで咲いているのは、カタバミの花。

花じゃないですが、シソの実生もアチコチ目立つようになりました(上の写真の左隅)

2017年5月 6日 (土)

連休中に庭仕事

ゴールデンウィークは、木の枝や芝生も伸び始め、夏野菜の準備も始まる時期。

なんだかんだと菜園や庭の手入れに時間をとられます。

Dsc_2236
Dsc_2237

エンドウ(グリーンピース)はいい具合に実がつきました。

Dsc_2238
Dsc_2239

収穫間近をカラスに襲われたつらい思い出があるので、鳥よけのネットを装備。こういうところに手をかけたくなるのも、実入りがよさそうだから

Dsc_2240

秋まきで、越冬させるエンドウと異なり、春まきのインゲン。

芽が出た隣も地面が盛り上がっています(翌日には顔を出していました)

Dsc_2289
Dsc_2290

夏野菜はとりあえずキュウリ、トマト、シシトウの苗を定植。

Dsc_2286

庭のほうは、雑草を可能な限り処理して、今シーズン初の芝刈り。

まだ大して伸びていないと思っていましたが、刈ってみるとやはりスッキリしていいものです。

Dsc_2285

芝刈りや、思い切って枝やツルをはらったもので、ごみ袋いっぱいです。

Dsc_2277
Dsc_2278

この人たちは連休とか関係なし。

#今回はすべてスマホ写真でまとめてみました

2017年5月 2日 (火)

小倉オクトーバーフェスト2017に行ってみた

GWらしい話題をもう一つ。

もう何年目になりますか、当地に時々オクトーバーフェストがやってきます(10月じゃないのに、と言いたくなりますが、現地でやらない時期に巡業と解釈しています

Dsc_2176
Dsc_2177

そのためだけに出かけたわけではないのですが、念のためにモノレールでお出かけ。

運よく新999号に遭遇。内装には妻もびっくりしていました。

Dsc_2178
Dsc_2179

所用を済ませまして、予定通りのども乾いたので、勝山公園の一角で開かれているオクトーバーフェストへ。

日は傾きかけていますが、明るいうちからビール、というのに期待が高まります。

Dsc_2180
Dsc_2183

早速ビールとおつまみを購入して乾杯

一杯目を頼むときに、ジョッキやグラスのデポジットとして1000円請求されるシステムで、お高く感じる理由の一つになっています(フードは簡易容器でデポジットなし)

Dsc_2181

理由はおそらくこのシチュエーション。

会場にはテーブルも用意されていますが、川辺や芝生の上で気ままに飲んでいいのが当地でのオクトーバーフェスト。

ビールを出すのに紙コップでは雰囲気台無しですから、グラス分のデポジットをとるかわりに会場にはゲートを設けず飲み方は自由、という形になっています。

記念にグラスを持ち帰ってもいいのでしょうね

Dsc_2188
Dsc_2189

一杯では物足りず、二杯目を飲んでいると少し暗くなってきました。

二杯目以降は、購入時に前のグラスを返せばグラス代は不要(別の店でも可)。帰る前にデポジットを返してもらおうとすると「最後に買ったところへ」と言われてオットットとなりましたが…

Dsc_2192

いい気分で家路につくのでした。

Dsc_2171
Dsc_2172

窓辺に仲良く並ぶ猫を撮ってみたのですが、先住猫の横幅が気になりました

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

無料ブログはココログ