« 北九州空港の新しい貨物機専用スポット運用開始 | トップページ | 桜の日田彦山線採銅所駅へ »

2017年4月 2日 (日)

国道3号線砂津交差点と、国道199号線新砂津大橋の車線切り替え

4月になりました。

4月最初のお仕事?は、息子が実家に行きたいというので小倉駅まで送って新幹線に乗せること。

Img_8252

次のお仕事はこちら。天気もいいので、小倉駅からぶらぶらと、西鉄バスの砂津車庫に隣接した定期券売り場へ。

Img_8279

年度替わりの時期で、私も含め単純な継続購入では済まない人が多く、結構処理に時間がかかっていました。

並んでいる人に事前に申込書を渡したり、という工夫もされていましたが、それでも「何をどのように買えばいいのか」から説明がいるんですよね。初めての定期券って。電車とバスで料金体系も異なりますし。

なんとか無事に娘のバス定期券をゲット。

Img_8256

ここ砂津は、事実上小倉駅発着と認識されている系統の多くの起点・終点になっており、天神行きの高速バスもここから。

Sunatsu2

すぐ隣は、アンダーパス工事の続く国道3号線砂津交差点(図は昨年の記事で使用したもの)

Img_8257

最近、工事部分を挟むように上下車線が配置されていたのを西側(地図の左側)にまとめるような切り替えがありました。

Img_8259

地図の①のあたりでは、先行して完成した部分にスロープをつなげるべく掘削を進めているように見えました。

今の車線配置ではアンダーパスの運用ができませんから、今後まだ車線切り替えがあるものと思います。

Img_8262

②③のあたりはすぐにわかる変化なし。JRを越えて北側へ。

Img_8263

④のところもあまり変わってないだろうなぁと思ったら、向かって右側の囲いが取れた?

Img_8270

接続する国道199号も、右左折用の車線を増やす必要があります。その分の用地確保は進んでいるようですが(左側のフェンスのあるあたり)、工事はアプローチ部分も含めてまだまだ。

Img_8264
Img_8265

さて、隣接するのは新砂津大橋。

昨年11月に、暫定2車線で199号線は新橋経由に切り替わりましたが、最終的な4車線にするための工事がまだまだ進行中。

看板にある、4月1日から車線切り替えというのは…

Img_8272

今まで、橋の北側半分を使って上下各1車線の運用でしたが、北側に東行き2車線、南側は西行き1車線だけ暫定的に通行可能となりました。

Img_8274
Img_8276

橋の西側に回ると、歩道を接続する部分など、最終形が見えてきてはいますが、いかんせん残り1車線分と歩道部分の舗装がされていません。

ここの整備が済めば上下2車線ずつになるのですが…

Img_8277

国際会議場入口交差点からも、橋に向けて1車線に絞る矢印が消されているのが分かります。

« 北九州空港の新しい貨物機専用スポット運用開始 | トップページ | 桜の日田彦山線採銅所駅へ »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州空港の新しい貨物機専用スポット運用開始 | トップページ | 桜の日田彦山線採銅所駅へ »

無料ブログはココログ