« 今年の「ふるさと納税」第1号はカープ焼酎 | トップページ | 志井公園駅の通過列車を見納め »

2017年2月25日 (土)

今日の志井駅での朝練やらBEC819系の甲種回送やら

世間の一部では昨日「プレミアムフライデー」なるものが初施行(試行?)されたようですが、私には関係なし。

ところが、仕事自体はスムーズに済んで、早上がりは無理ですが定時に職場を出られる状態に…

Img_1160

さてどうしよう?

来週3月4日のダイヤ改正から、若松線の列車を全面的に置き換えるBEC819系(愛称DENCHA)の甲種回送がちょうど行われているようです。門司駅通過のタイミングがちょうどいい。

ネット情報で知り急きょ出てきたので、一眼レフは持っていません。スマホで動画におさめました。

当面必要な7編成のうち、最後の3編成(2両×3)の甲種回送。

納入がギリギリな気もしますが、先行運用されている編成がありますから、試運転などは最小限でよいのでしょう。

Img_1298

明けて今日も819系を見に行こうかなと。

寄り道してまずは志井駅から。

Img_1301

相変わらずの簡素な待合室だけですが、JR九州のアプリで運行情報が見られることの案内が貼ってありました。駅員がおらず、発着案内の表示もない日田彦山線のような線区にこそ有用な情報提供だと思います。

朝の志井駅に来たのは、まもなく見られなくなる、快速の通過を見送るため。ダイヤ改正後は、石原町での追い越しがなくなるほか、石原町以北は各停になります。志井・志井公園・石田の利用者にとっては朝の便が一つ増えることに。

Img_1306
Img_1307

後続の各停に乗って一息。2両目のキハ31形のほう。

Img_1310

西小倉で乗り継いで直方へ。

DENCHAの運用の基地になるので、先だって納入された3編成がいるかなぁと。

Img_1314

しかし、先行して運用についているZ001編成のみしか姿は見えず。他のところで試運転や習熟運転でしょうか?

Img_1319

このあと折尾へ回送されて運用につくので、始業点検をしていました。

興味深いのは、パンタグラフを下げた状態でライトの点灯などの確認作業をしていたこと。

Img_1321

ぐるっと回って再び駅に。へいちくの車両を見ながら構内へ。

Img_1327

入換を見逃したのが残念ですが、ホームに行くとちょうどパンタグラフを上げて、それを運転士が確認するところでした。

折尾へ向けて出発していきました。

次に出た折尾行に乗り、中間で退避するDENCHAを追い越し。

Img_1336
Img_1338

DENCHA折尾に入線。

パンタグラフが下りるのを確認。

Img_1341
Img_1342

あとの予定があったので、DENCHAで若松まで行くことはせず、線路が剥がされた旧ホームを見つつ小倉へ戻るのでした。

« 今年の「ふるさと納税」第1号はカープ焼酎 | トップページ | 志井公園駅の通過列車を見納め »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の「ふるさと納税」第1号はカープ焼酎 | トップページ | 志井公園駅の通過列車を見納め »

無料ブログはココログ