« 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で1 ~旅立ち | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で3 ~みぞか号折り返しまで伊丹で撮影 »

2017年1月 9日 (月)

新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で2 ~みぞか号機内でみかん

天草エアラインの「みぞか号」に乗って熊本を出発。

Img_8009

機内はLED照明に、赤(エンジ?)のシートと華やかな雰囲気。

Img_8010

「安全のしおり」も機体デザインを踏襲していてかわいらしい。

いや、この機内では「みぞかねー」というべきか?

以下、機内ではM5は封印してG7Xとスマホ写真です。

Img_8015

熊本空港を離陸して、旋回ながら高度を上げていきます。

阿蘇山があるので、Rwy07を離陸してそのまま東にまっすぐ、というわけにはいかないのでしょう。面倒な感じもありますが、天気のいいときには阿蘇の雄大な景色も楽しめるので悪くないかな?(毎回利用していたら違うことを言うかも

Img_8016

下を見るとブルーシートのかかった建物の目立つエリアも。
(切り出し&色調補正)

あとで地図と照らし合わせると、震災の被害の大きかった益城町中心部でした。これを見ると復興もまだこれからですね。

Img_8020

阿蘇山の南側を東に向けて進みます。

Img_8022

ジェット機ほど一気に高度を上げないので、長く阿蘇の景色を楽しめます。

Img_8023

阿蘇大橋の崩落につながった大規模な土砂崩れはここか…
(切り出し&色調補正強め)

年末に俵山トンネルルートが開通したので、南阿蘇へは入りやすくなりましたが、ここを通っていた国道57号線、阿蘇大橋、そして豊肥線の復旧はこれからです。

ここは阿蘇エリアのアクセスや回遊の要衝ですので、安全面に配慮しつつ一日も早い復旧が待たれます。

Dsc_1112

この先いったん雲の上になったので、手作り感あふれる機内誌に目を通してみます。

Img_8027

飛行ルートや機材の紹介がありますが、搭乗しているときや空港ターミナルからは見えない場所に描かれている「あのキャラクター」のことまで書き込んであります。

正解はこちらの記事など。まぁ予想通りだと思います

「撮影時にレンズを窓にぶつけないで」(アクリル板なので傷がつく)というお願いは、他の飛行機に乗る際にも気をつけないといけないことですね。

Dsc_1113

驚いたのが、機内サービスでみかん(丸ごと)の提供があったこと。先に提供された方が皮をむき始めると、いい匂いがし始めるんですよね。

美味しくいただいたのですが、食べ終った頃に紙パックのみかんジュースも提供されてちょっと困惑。最初のみかんの印象が薄くなるから、こういうときはお茶とかのほうがいいんじゃないかとちょっと思いました。

Dsc_1115

四国上空にさしかかると、再び雲もなくなり、機窓は期待以上に楽しめました。

スマホ(Xperia X)でプロペラを撮ると、以前の機種と同様に歪みます。EXIFを見るとシャッター速度1/2500と出るんですがなぜ?。露出の光量的には正しいのでしょうが、撮像素子をスキャンする速度か方法が一般的なデジカメと異なるのでしょうね。

Img_8030

大鳴門橋、明石海峡大橋、関空などを見ながら大阪上空へ。
(こちらのプロペラはG7Xでシャッター速度1/1250)

Img_8035

伊丹のRwy 32Rに到着しました。

« 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で1 ~旅立ち | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で3 ~みぞか号折り返しまで伊丹で撮影 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で1 ~旅立ち | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で3 ~みぞか号折り返しまで伊丹で撮影 »

無料ブログはココログ