« 大晦日に連接バス体験 | トップページ | 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻2~水巻の伊豆神社と折尾の鷹見神社 »

2017年1月 3日 (火)

新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻1~まずは折尾駅から

明けましておめでとうございます。新年は穏やかな三が日から始まりました。

そんな中、先日の記事でも紹介したとおり、折尾駅の鹿児島線ホームが1月2日から新しい高架に切り替えになりました。早速行ってみましょう。

Img_0793

先日、2017年いっぱいでの閉園が発表されたスペースワールド。最寄りのスペースワールド駅で特急を待避したので、駅名標と「黄信号」の中継信号を。

黄信号なのはこの駅名。閉園直後は残ると思いますが、跡地利用の進捗によって駅名も変わるかもしれませんね。

陣原~折尾で新しい高架に線路が切り替わる区間を動画におさめてみましたが、ちょうどいいところで対向列車が…

Img_0794

そんなこんなで、新しい3番線に降り立ちました。

Img_0797
Img_0796

小倉側の新しい線路と出発信号。

Img_0799

そして、使用停止して横を向いた旧い出発信号。

Img_0801

目を落とすと、短絡線ホーム(鷹見口)とそれに繋がる線路。

短絡戦の陣原との間は高架工事のために単線化されています。昔のように長大な貨物列車を振り分ける必要もなく、短絡線経由で直通する列車も限られています。廃止はやりすぎですが、黒崎~折尾で鹿児島本線が実質的に複々線になるような配線・運用にすればダイヤ編成上も有利ではないかと妄想。

Img_0803
Img_0805

今回鹿児島線下りが移設されたこのホーム。

12両対応の長さが用意してありますが、最終的に短絡線用になるため、小倉側は仮設です。一番東側は屋根がなく、9両編成までは次の簡素な屋根の下におさまります。

Img_0809_3
Img_0810

最終的に残る部分との境には、4両編成の最後部を示す標示が。

4両用の停車目標は博多側の先端より手前にあったので、おそらくは6両対応のホームになるのかなぁ。

Img_0811

階段には旧駅を意識してレンガ風の模様。

Img_0813

以前の記事でも紹介した、白を基調とした案内表示。

Img_0814

博多側の端まで来ました。カーブのためか中継信号機が目立ちますね。

Img_0817_3
Img_0818

後続の列車に乗って、水巻駅との間の線路切り替え地点を確認。

その2に続く…

« 大晦日に連接バス体験 | トップページ | 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻2~水巻の伊豆神社と折尾の鷹見神社 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大晦日に連接バス体験 | トップページ | 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻2~水巻の伊豆神社と折尾の鷹見神社 »

無料ブログはココログ