« 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻3~若松恵比須神社と若戸渡船 | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で2 ~みぞか号機内でみかん »

2017年1月 8日 (日)

新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で1 ~旅立ち

関西で会合に出席。

JAL(J-AIR)のE190が福岡にも就航していたような、と調べるも該当無し(飛ぶ日もありますね)。

そんなこんなで、こちらも未だ乗ったことのない天草エアライン(AMX)が昨年導入したATR42-600の熊本~伊丹便を気がつけば予約しておりました

AMX唯一の機材の愛称は「みぞか号」。天草の観光資源になっているイルカの親子を描いた機体に、同地方の方言で「かわいい」という意味の「みぞか」の呼び名をつけています。以前天草でイルカウォッチングをした記事はこちら

Img_0885

さて当日。まずは豊肥線で肥後大津に到着。

昨年、ここでバスに乗り継いで阿蘇に入ったときに存在を知った、空港ライナー(無料です)を利用して空港入りすることにします。

Img_0887

15分で空港に到着。

地元タクシー会社に運行が委託されているようです。私が利用した便は一台では少し積み残しが出るくらいの利用者がありましたが、ドライバーが無線で応援を頼んでいました。適宜必要な車両が手配されるようです。

Img_0907

熊本空港ではAMXの地上業務はJALが行っていますが、JAL便名で予約していても必ず専用カウンターで搭乗手続きが必要です。

搭乗券を受け取って、展望デッキへ。

熊本空港は震災でターミナルビルの被害が甚大でした。ほぼ復旧しているように見えましたが、まだ一部工事中のエリアや仮店舗で営業しているところがありました。

EOS M5の実力や使い勝手の確認に、と撮影を。

Img_0904

ジェットスターのA320が到着。

Img_0910

ANAのB737-500が離陸。

空に上がったあとは、望遠が足りないのもありますが、EVFで覗いたときにピントが大きくずれておりすぐに撮影できないのは一番レフ(80D)との差を感じますね。ボケていても合焦点に陰影を持っていって半押ししてサッと合わせるって方法が身に付いているので、この「間」がやはりもどかしい。

まぁ軽くて持ち歩きが容易であることとのバランスですね。とにかく飛行機が撮りたければやはり一眼レフのほうが有利か。

Img_0922
Img_0925

ほぼ定時に熊本空港に到着した「みぞか号」

折返しが25分しかとってないので、到着を確認後急いで保安検査場に向かいました。

Img_0936

搭乗口に着くとすぐに搭乗開始。

前の大きなドアは荷物室。人は後方ドアから。

Img_0937

乗り込みます。

Img_8008

動線を作っていたロープやコーンが片付けられると出発です。

« 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻3~若松恵比須神社と若戸渡船 | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で2 ~みぞか号機内でみかん »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻3~若松恵比須神社と若戸渡船 | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で2 ~みぞか号機内でみかん »

無料ブログはココログ