« 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻2~水巻の伊豆神社と折尾の鷹見神社 | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で1 ~旅立ち »

2017年1月 5日 (木)

新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻3~若松恵比須神社と若戸渡船

鷹見神社へお詣りを済ませ、みたび折尾駅へ。

Dsc_1063

ちょうど、819系DENCHA充当の列車に間に合うかと思ったら、そこにいたのは気動車。

三が日なので休日気分でしたが、「火曜日運休」の所定の運用なのでした。

819系先行導入時は1編成しかなく、検査のために出てこない日が設定されたわけです。3月のダイヤ改正では筑豊線(若松線)の全列車がDENCHAになると発表されています。編成が増えてくればダイヤ改正前でも検査運休を無くすとか、暫定的にDENCHA導入列車を増やすとかできそうなものですが…

Img_0856

空いていたので、キハ31形の「ひとりがけ」のほうに座って若松に向かうのでした。

Img_0858

後方はキハ47形だったので若松で記録。

Img_0867

若松に着いて、まずは海辺をブラブラと若戸大橋のほうへ。

Img_0868

若戸渡船の船着場に戸畑からの便が到着するところ。

Img_0871

おっと、目の前を北九州市営のキティちゃんバスが…

若戸大橋の若松側アンカレイジの近くにある若松恵比須神社を目指しました。

Dsc_1072
Img_0878

境内と本殿。「十日ゑびす祭」ではもっと賑わうことでしょう。

最初、若松線を片道気動車、片道DENCHAで往復するつもりだったのですが、DENCHAに乗れないのと天気もいいのとで、帰りは若戸渡船に乗ることに。

Dsc_1077

2階デッキに陣取ったところ。

Dsc_1076

若松を出航すると、若戸大橋の下へ向かいます(これは乗船したのより1本前の便)

Dsc_1081

橋をくぐって北へ出ます。

その後、戸畑側橋脚とアンカレイジの間をくぐって戸畑に到着。

Tosen

往復とはいえ、実際はこんなふうにグルグル回っているようです。若松→戸畑のほうが景色が変化してお得な感じが

Dsc_1088

このあと、戸畑駅まで歩いて帰宅の途につくのでした。

« 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻2~水巻の伊豆神社と折尾の鷹見神社 | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で1 ~旅立ち »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻2~水巻の伊豆神社と折尾の鷹見神社 | トップページ | 新春初空旅は天草エアライン「みぞか号」で1 ~旅立ち »

無料ブログはココログ