« 小倉駅でモノレール劇場に遭遇 駅周辺のイルミネーションを添えて | トップページ | 例の道路陥没の現場と、博多駅のイルミネーションと »

2016年12月 7日 (水)

北陸新幹線は小浜・京都ルートで延伸になりそう?と福岡空港小ネタ

今日の夕刻、こんな記事が流れました。

北陸新幹線小浜・京都ルートで一本化へ

年内に決定する見込みと報じられていますが、こういうのはまぁ今後もイロイロとあると思いますのでまだ分かりません

敦賀からだと(既存の鉄路を無視すれば)小浜あたりを通って大阪を目指すのは妥当なルートで、需要や既存ルートとの関連を考えると京都との接続も外せないと、そういうことでしょう。

個人的に興味があるのが京都での新幹線駅の位置やルート。

京都中心部の市内の地上に新規の高架鉄道を引くのはさすがに無理があるので(既存線と並行とか直上ならなんとか?)、洛西あたりに新駅を作って京都市をかすめるルートかなと思っていました。

ところが、wikipediaのこの項を見るとこのルートには「京都駅」「大深度地下」という記載がある。京都駅の地下深くに北陸新幹線の駅ができるとすれば感慨深いですが、「その先」との関係もあり駅の設置をどうするかが問題になります。

田辺や学研都市に北陸新幹線を通すという動きがあると聞いて「ないない」と思っていたのですが、京都市中心部の地下を南北に貫くように北陸新幹線を通せば、自然に南側に出るのです。既存の東海道新幹線に近いルートで新大阪に向かおうとすると、京都駅の前か後でかなり急に線路を曲げないといけません。

決まっていないことなので、妄想はこのくらいにしましょう。でも、このくらい気になるルート選定です。

Dsc_0725

さて、話は変わって、先日の夜博多駅近くで会合があり、ちょっと早く出られたので福岡空港に寄ってみました。

旧第1ターミナルの建物はまだ残っていますが、PBBが外されたり少しですが変化はあります。

Img_7962

そんな中気付いたのが、滑走路に接続する誘導路の灯火。

赤いのが点いたり消えたりしているなと思って観察していると、出発機の場合離陸滑走が始まってから、誘導路直前を通過するまで赤が点く。到着機の場合は着陸前から点いていて、同じく目の前を通過すると消灯。

滑走路誤進入対策として、管制からの離陸・着陸許可に合わせて進入禁止の赤灯がON、解除は機材の通過をセンサーが検知して自動的に、かな?

Dsc_0726
Dsc_0727

ターミナルビルの中では、新しくできた北側出発口の周りに変化が。

前回と異なるのは、3階とつながるエスカレーターが稼働していることと、出発口周りに売店が増えたこと。3階も、レストランがボチボチ移動しています。

新ビル稼働まで、機会があれば立ち寄ってみようと思います。

« 小倉駅でモノレール劇場に遭遇 駅周辺のイルミネーションを添えて | トップページ | 例の道路陥没の現場と、博多駅のイルミネーションと »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小倉駅でモノレール劇場に遭遇 駅周辺のイルミネーションを添えて | トップページ | 例の道路陥没の現場と、博多駅のイルミネーションと »

無料ブログはココログ