« 年の瀬の北九州スタジアムや門司港駅など近所の現場を一回り | トップページ | 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻1~まずは折尾駅から »

2016年12月31日 (土)

大晦日に連接バス体験

大晦日。紅白見ながら飲んだくれております。

今日の日中は時間があったので、どこ行こうかと。

ふと思い出したのが、博多~天神~博多港地区で試験的に導入されている連接バス

年末年始も休日ダイヤで運行されているようなので、一度乗ってみようと。

Img_0526

博多に着く時間をみると、呉服町に先回りできそうだったので、地下鉄で呉服町へ。

連接バスの停留所には、黄色い「福岡BRT」の標柱があります。

本数が少ないので、日常の足にはちょっと足りないようです。

Img_0529
Img_0530

通常の路線バスより長いやつがやってきましたよ。

Img_0535

せっかくなら曲がるところが見たいので、後方に陣取りました。

大晦日らしく?、車内は空いておりましたので遠慮無く撮影。

Img_0540

気になったのが接続部分で後ろを向いたこの席。

乗り心地悪くないかなぁ…

博多駅前で右折してバス停に着くあたりをご覧ください。バスの車体が曲がる不思議な感覚が味わえます。

Img_0541

天神で下車。

LEDライトのラインがカッコイイのと、見ていて思ったのは、車体が長い分発車が気を使って大変そうだなぁと。

福岡の都心はバスも車も多くて大変なことになっているので、こういう効率のいい車両の導入は一つの方法ですが、定着しますかどうか。

Img_0545

さて、連接バスを堪能したあとは地下鉄・西鉄と乗り継いで和白へ。

京阪とのコラボ車両にあたってしまいました。

Img_0552 Img_0560

和白は西鉄貝塚線とJR香椎線の駅が隣接していて、互いの列車もこのくらい近くに見えます。

Img_0554

乗り換えの便をはかるためか、JRの駅舎のない側のホームにも簡易改札が設置されています。

Img_0562
Img_0559

香椎線には「アクアライナー」と称して青く塗られたキハ47系が走っていますが、ちょっと衝撃的だったのが、側面のこの行き先表示。

宇美駅まで乗って、そこからバスで福岡空港に移動しました。西鉄のバスナビアプリが年末年始ダイヤに対応していないので心配しましたが、さほど待たずに乗ることができました。

Img_0569

ちょっと手前のバス停で降りて、滑走路沿いを歩いて空港へ。

目に入ったのは、解体の進む旧第1ターミナルビル。建て替えのために閉鎖したのですから当然ですが、軽くショック。

Img_0570

隣接して、新しいビルも形がはっきりしてきました。近くで見ると、PBBとの接続用か鉄骨がむき出しになっている場所が何ヶ所かあります。

Img_0575

ちょっとだけ展望デッキに立ち寄り。

ANAの機材がゴチャッと固まっていたので1枚。

Img_0583

peachの2機の出発が重なったので、こんな画が撮れました。

まとまりのないレポートになりましたが、皆様良いお年を。

« 年の瀬の北九州スタジアムや門司港駅など近所の現場を一回り | トップページ | 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻1~まずは折尾駅から »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年の瀬の北九州スタジアムや門司港駅など近所の現場を一回り | トップページ | 新装の折尾駅と、周辺三社詣の巻1~まずは折尾駅から »

無料ブログはココログ