« 山陽新幹線の携帯不感地帯が今日から解消、ほか来春のダイヤ改正の話題など | トップページ | 北九州モノレールで「サンタ列車」運行 »

2016年12月23日 (金)

切替直前の折尾駅新高架とホームにお邪魔してきました

改築と筑豊本線の付け替えによる駅部での「立体交差」解消に向けた工事が進む鹿児島本線折尾駅。

来年1月2日の第1段階の切替を前に、「今しか歩けない!!鹿児島本線仮線高架ウォーク」が開催されたので行ってきました。

『仮線』とわざわざ書いてあるのは、今回切り替えとなるホームは当面鹿児島線として使用されるものの、再度の切り替えを経て、最終的には鹿児島線と筑豊線を繋ぐ短絡線のホーム(現在の鷹見口)になるからでしょう(施工手順はこちらなど)

Img_0306

さて、折尾駅に着きますと、既に新ホームには多くの人。

Img_0310

線路に入るポイントに向かう道中で野良猫に遭遇して1枚。

Img_0315
Img_0316

折尾駅西側のポイントでヘルメットを借り、工事中の線路へ。

Img_0318

まずは真新しいバラストの上を歩いて駅のほうへ。

隣の線路をソニックなどの列車が行き交います。

Img_0321

駅が近づくと、コンクリート製の道床に
(これもスラブ軌道と呼んでいいのでしょうか?)

Img_0324

新しい3番線ホーム(博多方面)。発着案内も稼働中。

Img_0328
Img_0334

以前の記事で、「ホームの一部は仮設じゃないか?」と書いた部分。途中から仮受けされたホームと簡素な屋根になり、最後は屋根なし。

停止目標から、鹿児島線として使う間は12両分のホームを確保していることが分かります。最終的に残すのは6両分、ってところか。鷹見口のホームは4両分なので足りる計算。

Img_0335

折り返して、新しい4番線(中線、待避用)、5番線(小倉方面)になるホームの上へ。

Img_0338

こちらも発着案内が稼働中。全体に白を基調にしていて、明るい雰囲気。

Img_0357

ちなみに現在の案内板は黒に近いです。

Img_0337

一段高い新ホームから現ホームを見下ろすとこんな感じ。

歴史的価値があるとは言え、比べるとさすがにくたびれて見えます。限界でしょう。

Img_0339

ホームを降りた後、再び線路沿いを歩いて戻りました。

今回の切り替えは、ホームの配置や配線はそのままにスライドし、ダイヤや発着番線の変更は必要ないようです(ダイヤ改正の案内は出ていません)

Img_0342

来たときは気付きませんでしたが、筑豊線(短絡線)用のトンネルも目の前。

Img_0344
Img_0347

少し入れるようになっており、トンネルの雰囲気だけ味わって帰りました。

« 山陽新幹線の携帯不感地帯が今日から解消、ほか来春のダイヤ改正の話題など | トップページ | 北九州モノレールで「サンタ列車」運行 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山陽新幹線の携帯不感地帯が今日から解消、ほか来春のダイヤ改正の話題など | トップページ | 北九州モノレールで「サンタ列車」運行 »

無料ブログはココログ