« トランプ米国大統領誕生の衝撃と、博多駅前道路陥没の衝撃など | トップページ | アップデートでXperiaのモーションセンター不具合がようやく解消 »

2016年11月12日 (土)

折尾駅の新ホームの一部は仮設と気づいた件

天気が良く、かつ妻は別の用事があるのでちょいとお出かけ。

駅へ行くと、昨日の架線切断で終日ダイヤが大幅に乱れた件の謝罪告知が早速出ていました。最初のパンタグラフ損傷の時点で気がつかず、連鎖的にほかの場所でも架線が切れたりしたのが痛かったですね。

Img_3591

折尾駅へやってきました。

Img_3595

古い駅舎故に階段も趣が… というか、踏面が傾いていて、非常に歩きにくいのですよ正直に言うと

Img_3599

筑豊線ホームに行って、819系DENCHAを、と思ったのですが、やってきたのはディーゼル車。DENCHA何かトラブルでお休みかな?

#さきほど時刻表を調べていて気付いたのですが、折尾13:55着の列車は6453DとDCが所定でした

Img_3600

仕方なく、鹿児島線ホームに戻り、新ホームの進捗状況など。

Img_3605
Img_3607

1ヶ月ちょっと前の状況と比べると、架線が張られ、そっぽを向いていた信号も本来の向きに調整され、使用開始が近づいていると感じられます。

Img_3610

若松線の高架工事と車両をからめて撮ってみようかと待っていると、あれ?DENCHAです。先ほどのDCが折り返すとばかり…

#折尾14:14発の8452Mは、特定日以外DENCHA充当。若松まで2往復の後いったん引き上げ、その後さらに2往復というのが現時点での通常運用のようです。バッテリーや充電の性能が想定通りでない場合を考えてでしょうか?

Img_3612

乗るつもりだったDENCHAに乗りそびれたので、趣向を変え、東口を出て鷹見口へ(鹿児島線~筑豊線短絡線のホームが別棟にあります)

Img_3614

東口を出たところに、「ねじりまんぽ」のあるレンガアーチがあります。西鉄北九州線が乗り入れていたころの名残。

Img_3617
Img_3619

鷹見口に向かいながら、駅舎(ホーム)が途中から仮設っぽいことに気付くのでした。

Img_3621
Img_3623

自動改札やICカード改札が簡素な鷹見口を入ってホームから。

せっかくの新しい高架になんで仮設ホームなのか?って考えると、おそらくは最終的に短絡線用になる高架を暫定的に鹿児島線用に使うから。

鹿児島線には12両編成の旅客列車も走りますが、筑豊線はせいぜい4両?鹿児島線が最終位置に移ったらお役ご免になる部分は、仮設で対応するのでしょう。

Img_3645

さて、DENCHAが折尾に戻ってきましたよ。回送表示。

Img_3647

1番線に乗り入れる列車の行き先についてはこの掲示が重要です。折返しなら「若松行き」、場合によっては「回送列車」など。最初の時点で気づけばよかった…

DENCHAの動画を2本挙げておきます。

折尾につくとパンタ上げ。

そして回送DENCHA。

お後がよろしいようで

« トランプ米国大統領誕生の衝撃と、博多駅前道路陥没の衝撃など | トップページ | アップデートでXperiaのモーションセンター不具合がようやく解消 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプ米国大統領誕生の衝撃と、博多駅前道路陥没の衝撃など | トップページ | アップデートでXperiaのモーションセンター不具合がようやく解消 »

無料ブログはココログ