« JR小倉駅東側の配線をついでに探訪 | トップページ | 小倉駅でモノレール劇場に遭遇 駅周辺のイルミネーションを添えて »

2016年11月30日 (水)

EOS M5を購入しちゃいました。とりあえず開封程度

キヤノンが初めて投入したミラーレス一眼のEOS Mから3年半。
(購入当時の記事はこちら

M5

期待して買ったけど、「ちょっと違うな」という感じのあったEOS Mから進化を遂げ、キヤノンもこんな煽りCMを打ってくるEOS M5が登場しました。

光学ファインダーと比較してEVFってあまり評価していなかったのですが、動画を撮ることを考えると、「覗いたまま動画が撮れる」EVFって有用なんですよね。

ってなことをいいながら食指が動いてしまいました。

Img_7927

左から、
EOS M + EF-M 18-55mm
EOS M5 + EF-M 18-150mm
EOS 60D + EF-S 18-135mm

右の60Dより感度やピクセル数では上で、半分くらいの大きさ(主観)というのが素晴らしいです(レンズの差は無視しています)

Img_7933

一眼レフは置いておいて、ミラーレス同士で比べてみると、初代のEOS Mはダイヤルを極力排除したデザインでした。実際に使ってみるとモード変更がわかりにくい、画面タッチで気付かない間にISOや露出補正が変わるなど使い勝手がいいとは思いませんでした。

結果、たまに妻が持ち出すくらいで、埃をかぶっていることが多い不遇のカメラとなっています。

Img_7934

M5は、一眼レフユーザーからの移行、あるいはサブとしての需要を意識したつくりで、まずはこのメインスイッチとモードダイヤル。残念ながら動きがちょっと安っぽい。

Img_7935

シャッターボタン周りのメインダイヤルと、後方にはサブダイヤルと露出補正ダイヤル。

一眼レフの中級機以上と似た構成です。

Img_7937

後方のボタンやダイヤルは他の機種と似ており、Wi-Fiボタンは右側面。

液晶は横へは振れませんが、ティルト可能。

Img_7941

ミラーレス機らしく、普段は液晶にライブビューが出ますが、

Img_7938

EVFを覗くと接近センサーが感知してこちらに表示が切り替わります。

操作しようと右手親指を動かしたときに、センサーが感知して後面の液晶が暗くなることがあるのが欠点でしょうか。

Img_7940

覗いたときの情報はこんな感じ。(G7Xをくっつけたらそれなりに写りました)

Img_7942
Img_7945

EOS Mとセットで購入したレンズもあるので着けてみました。

上はEF-M 22mm、下はEF-M 18-55mm

Img_7946

今回セットで購入した、EF-M 18-150mm

ちょっと本体に対して長い感じもしますが、このサイズでこの倍率の便利ズームは、出張など荷物をあまり増やせないときにいいんじゃないかと思ってます。

Img_7947

マウントアダプタを介してEF、EF-Sレンズが装着できますので、ネタでEF 70-300mmを着けてみたところ。

Img_0023
Img_0015
Img_0021

「作例」は今のところ猫ばかり。使用感などそのうちに。

« JR小倉駅東側の配線をついでに探訪 | トップページ | 小倉駅でモノレール劇場に遭遇 駅周辺のイルミネーションを添えて »

猫日記」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR小倉駅東側の配線をついでに探訪 | トップページ | 小倉駅でモノレール劇場に遭遇 駅周辺のイルミネーションを添えて »

無料ブログはココログ