« ジンエアーの北九州就航が12/1に延期と発表 | トップページ | 閉館間際の福岡空港第1ターミナルを訪ねてみた »

2016年10月 1日 (土)

ギラヴァンツ北九州にJ1ライセンス交付、ほか10月はじめの小ネタ集

今日から10月。今年度が半分終わるタイミングに合わせてか、いくつか小ネタがありました。

まずはおめでたい話。

先月末、来期のJリーグクラブライセンスの判定結果が公表されました。

Img_7609

今までJ1ライセンスがもらえなかったギラヴァンツ北九州ですが、新スタジアム整備の目処が立ち、はれてJ1ライセンス交付となりました(クラブからのリリースはこちら

Img_7610

スタジアムは接続する歩道橋の工事も進み、足場や仮受けが一部外れています。スタジアム南側でも足場がとれました。

スタジアム建設は進んでいますが、肝心のチームは現在J2最下位。J3降格だけは勘弁してくださいよ

次は(おめでたいかどうかは別として)新しいバス路線の話。

10月1日付けで西鉄バスのダイヤ改正があり、先日記事にした後藤寺バスターミナルの他、直方、戸畑でもターミナルの廃止があり、関連路線に変更がありました。

Img_7604

当地では、一部都市高速を経由していた134系統が廃止になり、かわりに「下道」で片野・三萩野を経由して大手町・小倉駅へ至る36系統が新設されました。

昼下がりに小倉駅方面へ向かうと、城野のアンダーパスに入るあたりで先行する路線バスをの姿を確認。高速バスじゃないということは36系統?

Img_7603

信号で停まったところで確認すると、やっぱり36系統。

Img_7606
Img_7607

三萩野を左折したところで、志井車庫行きの36系統とすれ違い。

三萩野を経由したほうが、このあたりから大手町方面の乗客を拾えるとの判断と思いますが、都市高速の「時短」効果が薄れてしまうので、以前の134系統ユーザーからすると微妙な改訂。営業的に吉と出るか凶と出るかはこれから。

Monoqr1

本質的な変化ではないけど思わぬインパクトがあるのが、北九州モノレールのQR乗車券の様式変更

Monoqr2

中央のQRコードには変更ありません。用紙サイズを大きくして、使い方の解説が下半分に入るようになります。

MARSで出したきっぷのようで、「普通の」乗車券としてはいかにも大きいですが、中央の帯(コピーや偽造対策)がモノレール型になっているのに気付いてもらいやすいかもしれません

Img_7611

券売機のところでQR乗車券の使い方の解説映像を流すなど、モノレール側も気を使っていますが、今でも説明の手間が駅員の負担になっているのでしょうね。

今回の改訂で迷いなく改札を通過できる人が増えるかどうか?磁気券ではないので、裏に説明を入れた台紙を用意してもいいのかもしれませんが、こうやって様式を変更しやすいのはQRコード方式の隠れたメリットかもしれません。

でも、きっぷが大きくなるとコストもかかるし,ゴミも増えるんですよね。エコじゃないな…

Teitan

エコと言えば、北九州市環境マスコットキャラクターの「ていたん」が空港をPRする「空港ていたん」として就任したそう。

「他にいなかったっけ?」とおもって調べると、以前は「かもんちゃん」というカモメと飛行機をモチーフにしたキャラクターがあったようです(公式な紹介がないので画像は控えます)。人気にあやかって空港のPRにもていたんが登場したか…

« ジンエアーの北九州就航が12/1に延期と発表 | トップページ | 閉館間際の福岡空港第1ターミナルを訪ねてみた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジンエアーの北九州就航が12/1に延期と発表 | トップページ | 閉館間際の福岡空港第1ターミナルを訪ねてみた »

無料ブログはココログ