« 筑豊線折尾~若松で819系'DENCHA'が運用開始 | トップページ | 九州国立博物館で鳥獣戯画を見てきた »

2016年10月23日 (日)

DENCHAのついでに福岡市地下鉄のPerfumeラッピングトレインを見てきた

日本シリーズはカープが連勝して、札幌に舞台を移すことになりました

一つ前の記事の前後の話。

Img_3494

若松までのアクセス。折尾から若松線往復してDENCHAを体験しても良かったのですが、戸畑~若松を公共交通機関で移動してみることに。

若戸大橋の下をゆく渡船もありますが、雨模様で渡船場までの行き来で濡れそうだったので今回はパス。

Img_3504
Img_3505

西鉄バス、北九州市営バス、そして競輪場や競艇場へのギャンブル輸送もやってくる戸畑駅南側のバスターミナル。

西鉄バスが席巻する当地において、若松地区は市営バスがメイン。若松と結ぶ路線が戸畑や小倉・八幡に乗り入れています。

Img_7693

そんな市営バスの、若戸大橋を越える路線に乗車。

自分の運転では何度も通っていますが、路線バスでは初めて。普段使いの乗客の中で一人興奮気味

北九州市営バスでは独自のICカードが運用されており、nimoca, SUGOCAほか全国相互利用可能なICカードは使えません。頻繁に使わない私は現金を用意して下車。

Img_3508
Img_3512
Img_3519

SLや貨車の展示のある若松駅。石炭輸送華やかな頃の構内の広さを想像させる部分もありますが、現在はローカル輸送のみとなっています。

Img_3513

東筑軒のやっているうどん・そば店が営業中。「かしわめし」も購入できるようでした。

Img_3514

端頭式1面2線のこぢんまりした駅ですが、駅うどんのほかKIOSK、みどりの窓口も揃っておりそれなりの風格?です。

しかし、JR九州は地元に若松ほか若松線各駅の無人化の計画を伝えており、地元が再考を要請している状態。利用者数や便数、上場を控えたJR九州の経営構想を考えると致し方ない気もしますが、「北九州市若松区」の中心駅である若松駅くらいは現状を維持できないものかと思います。もしかしたら、地元に業務を委託する形で落ち着くのか?

前の記事のごとくDENCHAを体験したあと、博多へ向かいました。

しかし、赤間~東郷間の踏切で脱輪事故があったようで、遠賀川で長時間停車し30分ほどロス

予定より1本早いソニックに乗っていたので、その後の影響は最小で済みましたが、「レッカー手配してるので時間がかかるかも」と聞いたときには、事故が分かるのがもう少し早ければと心底?悔やみましたよ…

Img_3577

そんなこんなで、博多で地下鉄に乗り換え、姪浜から一駅筑肥線にはみ出して下山門駅へ。

Img_3587

目的は、Perfume☓福岡市地下鉄「Play!Subway」キャンペーンで運行が始まった、Perfumeラッピング電車。時刻はこちらで確認できます。

この日は筑前前原まで乗り入れる運用なので、ホームドアがあって編成の全体像が見えにくい地下鉄線内より、筑肥線内の対向式ホームの駅を選んだ次第。

Img_3579

目的の列車の前に、筑前前原方面からやってきたのは305系。つり革などの配置や、LCD方式の車内案内は、819系にも継承されています。

Img_3582

姪浜方面は、高架が立ち上がっており特徴的な光景です。

Img_3584
Img_3586

続いてやってきたのが件のラッピング編成。

予測はしていましたが、望遠レンズを着けての撮影では側面のマーキングをおさめるのは難しい

仕方なく?九大学研都市に移動して、折り返してきた列車が入線するところを動画で撮影。

撮影だけなら下山門駅で待てば良いのですが、乗ってみたかったこともあり…

しかし、車内は至って普通で、撮影だけで良かったとまたもや悔やむのでした

« 筑豊線折尾~若松で819系'DENCHA'が運用開始 | トップページ | 九州国立博物館で鳥獣戯画を見てきた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 筑豊線折尾~若松で819系'DENCHA'が運用開始 | トップページ | 九州国立博物館で鳥獣戯画を見てきた »

無料ブログはココログ