« 国内線ターミナル集約後の状況を駆け足で見てきた | トップページ | 筑豊線折尾~若松で819系'DENCHA'が運用開始 »

2016年10月18日 (火)

国交省が地域航空会社の統合をANAとJALに求める!?

週末、こんな記事が流れました。

ANAとJAL、地域航空5社の統合検討 経営基盤強化へ国交省が要請

具体的に会社名を挙げた上で、経営基盤の弱い地域航空会社(コミューター航空あるいはリージョナル航空とも)の統合およびこの領域でのANA/JALの協業を求めているようです。

記事を見る限り、各社と資本関係やコードシェアのあるANA/JALは困惑気味のよう。是非については後でふれるとして、福岡空港でよく見かける会社がたくさん含まれていますので、そのあたりから紹介。

Img_8487

まずはANA WINGS。ANAカラーのDHC8-Q400を運航している会社。プロペラ機だけでなく、イルカのマークが特徴のB737-500の運航もこの会社の担当です。

Img_6747
Img_6769

ちょっと探したのですが、福岡でこれをメインに撮った写真がほとんどない…。この2枚のように伊丹でたくさん見てきたので食傷気味?確かにスルーする傾向があるような

Img_6818

これも伊丹での搭乗時。伊丹~福岡は幹線扱いになりますが、新幹線が優位で残念ながら小型機が中心。ANA WINGSはこういう路線も担当していますので、はたして「地域」航空会社なのか疑問。旅客にとっては全てANA便ですし、予約もANAのサイトから。

Img_9274

次はORCオリエンタルエアブリッジ。DHC8-Q200を運航。

Img_1481

長崎が拠点で、県内の離島と結ぶのが主。福岡にもやってきて、五島福江と結んでいます。

Img_8328
Img_3435

こちらはAMX天草エアライン。名前の通り天草が拠点。

今年、唯一の機材をDHC8-Q100(上)からATR42-600に更新したのが話題になりました。

Img_9285
Img_3455
Img_3391

福岡でよく見るQ400はJAC日本エアコミューターのもの。

JASグループであったことが分かる塗装から、サンアーク、鶴丸と実は多彩?

Img_9307

SAAB 340Bも運航しています。

元は奄美地方の離島路線からですが、現在は西日本の路線を広く受け持っています。ANA WINGSと同様、予約はJALから。便名がJACから始まるあたりは若干独立色強め。

Hac

写真はありませんが、北海道内のローカル路線が中心のHAC北海道エアシステムも今回の統合案の対象。現在は自社サイトで予約を受け付けていますが、10月30日以降便名や予約システムがJALに統合される予定。

今回名前の挙がった5社の中ではORC、AMX、HACとJACの奄美エリアは地域航空会社という名前にふさわしいと思いますが、ANA WINGSやJACの一部はちょっと違うような気がします。

逆に国交省としては、後者の比較的経営基盤がしっかりしたところに、小さな会社がやりくりしている路線も合わせて受け持って欲しいのでしょう(そうすれば、個別の会社に補助金出すより安上がり?)

ANA/JALが協業してくれればより効率がよいのも理解できます。しかし、旅客にとってはANAやJALとほとんど同一の会社もありますし、もともとダブルトラックの路線に入るところはどうするか?全てで協業というのは現実的ではありません。

離島・ローカル路線を補助金出して大手に協業させるとなると完全に公共事業の部類。大手が合意して始動したらしたで、不人気で就航便の少ない地方空港の便数を増やすためのスキームに使いたがる地方自治体や政治家が出現しそうな気もします。

個人的には、このような施策はやめておいたほうが…というのが正直なところ。欠航が減ったりというメリットはあると思うのですが、航空会社に独自性を持たせたほうがいいと思います。

Img_4251
Img_4273

離島と言えば、沖縄が拠点のJTA, RACが思いつきますが、これらが今回の統合話に入っていないのは、沖縄故の「別枠」があるんでしょうな…

« 国内線ターミナル集約後の状況を駆け足で見てきた | トップページ | 筑豊線折尾~若松で819系'DENCHA'が運用開始 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国内線ターミナル集約後の状況を駆け足で見てきた | トップページ | 筑豊線折尾~若松で819系'DENCHA'が運用開始 »

無料ブログはココログ