« 九州国立博物館で鳥獣戯画を見てきた | トップページ | 北九州モノレール07編成は福岡銀行ラッピングのまま出場、モノレールまつりの話題も »

2016年10月29日 (土)

国道199号線新砂津大橋が間もなく通行可能になるようで、と、北九州スタジアム現況

工事の進む北九州スタジアム。

Img_7723

長浜の漁港のところからみたところ。照明灯ができています。

Img_7731

砂津大橋を渡った対岸から。時計やディスプレイが見えます。

Img_7733

「タコマ通り」から、スタジアムらしい姿がみえるようになりました。

Img_7734

道路も含めてまだまだ工事中ですが、こちら側は囲いもとれ、中の様子がうかがいやすくなりました。

Img_7735

45分時計が用意してあるのがサッカースタジアムらしい。

Img_7736

アクセス用の歩道橋はエレベーターを設置中。

さて、長らく中途半端な状態であった、国道199号線の新砂津大橋が、11月中旬から通行可能となるという記事を見つけました。進捗状況や具体的な案内がないかと一回りしてきました。

Sunatsu2

公式に現地図など見つけることができなかったので、Google Mapの3D Mapを現地図のかわりに。

撮影は昨年秋頃。橋はかかったものの取り付け道路の整備が進んでいない状況です。

Img_7737

こちらは今日の写真。橋の北側(本来東行きの2車線)を暫定的に対向で使うようです(現地図の紫部分)

Img_7730

上の写真で見ても現在の道路と橋に高さの差があるのが分かりますし、反対側を歩いてみると、中途半端な擁壁らしき構造が見つかります。

暫定開通の後、ここ(紫斜線部分)の擁壁をのばして橋とつなぎ、盛り土をしてから本開通という運びと思われます。

Img_7732

今回の切替えで、緑斜線部分が通行できなくなるようで、通りに面している建物はどうするのかという点も気になりましたが、緑線の部分に歩道とも車道ともとれる部分があり、ここに繋げればまぁ何とかなるのだろうなと

Img_7739

砂津大橋から。現在はここの西側で国道が直角に折れ、東側は直進するようになっています。

Img_7740

切替え後は、新しい橋のほうが直進になるので、現在の橋の東側でいったん左に折れ、新道に繋がる形になるようです。

Img_7727

東側の接続部分。新しい交差点用の信号も建っており、最低限の歩道やラインの整備が済めば通れるようになりそうです。

Img_7725

気がついたらお地蔵さんも戻ってきていますね。

暫定開通したらまたレポートしましょう。

車線数が減る分、本開通までボトルネックとなりそうですが、今までの変形が解消される分の通りやすさもあるはず。さてどうなりますやら…

« 九州国立博物館で鳥獣戯画を見てきた | トップページ | 北九州モノレール07編成は福岡銀行ラッピングのまま出場、モノレールまつりの話題も »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州国立博物館で鳥獣戯画を見てきた | トップページ | 北九州モノレール07編成は福岡銀行ラッピングのまま出場、モノレールまつりの話題も »

無料ブログはココログ