« ジンエアーから北九州~釜山・ソウル便就航の発表あり | トップページ | 広島カープ25年ぶりセリーグ優勝決定の夜、と227系「カープ坊や」電車登場 »

2016年9月 8日 (木)

まほうびん方式のコーヒーメーカーを買ってみたのです

広島カープがついにマジック1。マジック対象の巨人が最後に逆転したので今日は優勝が決まりませんでした

まぁここまで来て巨人に追いつかれることはないと皆思うのか、NHKまで広島優勝の前提で特集組んでましたね。

ややこしいのは、明日巨人が負けると、広島の試合がない日に優勝が決まってしまいますこと。どうせなら、週末に東京ドームで巨人を撃破して優勝決定がいいかな。

Img_3047

さて、小さな変化ではありますが、最近コーヒーメーカーを買い換えました。

Coffee

前は良くあるこういう奴。ガラス容器でドリップしたコーヒーを受け、保温機能の付いたもの。

あるとき、ガラス容器が割れてしまいました。

Img_3051

ガラス容器だけ買い足すこともできたのですが、以下の不満な点を夫婦で確認した結果、本体ごと買い換えることに。

ドリップしたコーヒーがすぐに煮詰まって不味くなる(水分の蒸発というよりは、酸化による味の変化らしいです)。朝など、同時にコーヒーが飲めるわけでもないので、いれるタイミングが難しい。

スイッチを入れっぱなしにしてしまうことがある(これは本当に煮詰まったり焦げたりします。危ない)

Img_3042

今回は、ステンレスの魔法瓶容器にコーヒーが注がれるタイプのものを求めてみました。

Img_3040

先ほどのの問題は、ドリップが終わるとスイッチが自動的に切れるようになり解決。魔法瓶なので、保温用のヒーターはありません。

に挙げた味の問題は、容器の口が絞ってあり、しっかり蓋がされているためか、たしかにいれたての状態に近いように思います。

Img_3044

良い点ばかりかというと、そうとも言い切れません。

容器の口が小さい(すぼまっている)ため、注いでいくと最後のほうが素直に出ません。

Img_3045

また、透明じゃないので残量が分かりません。

蓋を取って、のぞき込み、「うーん、まだあるな」と確認。

Img_3046

ようやく最後まで注ぐことができます。

容器の使い勝手もあり、一長一短ですが、ドリップ後置いておいたコーヒーを飲んで「マズイ」と思った経験のある方には、魔法瓶方式のメリットがあるのではないかと思います。

Img_3034

上の写真のところどころにもチビ猫が写っていますが、成長著しいチビ猫はついにキッチンカウンターに直接跳びあがるようになりました。

食べ物の「安全地帯」がなくなっちゃいました

« ジンエアーから北九州~釜山・ソウル便就航の発表あり | トップページ | 広島カープ25年ぶりセリーグ優勝決定の夜、と227系「カープ坊や」電車登場 »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジンエアーから北九州~釜山・ソウル便就航の発表あり | トップページ | 広島カープ25年ぶりセリーグ優勝決定の夜、と227系「カープ坊や」電車登場 »

無料ブログはココログ