« 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻5 ~平泉町巡回バス『るんるん』で毛越寺経由中尊寺 | トップページ | 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻7 ~花巻空港から名古屋行きに搭乗 »

2016年9月21日 (水)

東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻6 ~ちょっと駆け足で中尊寺

月見坂を上がると、お堂が見えてきました。

Img_3198

中尊寺と言えば、の金色堂は一番奥にあります。

まずここを見て、あとは下山しながら見ましょう(時間も計算しやすいし)ということで本堂もスルーして金色堂へ。

Img_3199

とはいえ、金色堂自体はこの建物(覆堂)の中。

Img_3200

撮影禁止なので、「こんな雰囲気でした」って写真だけ。

実物はさすがに圧倒されます。一度是非。

Img_3201

金色堂の有料エリアにもう一つ建つのが、以前金色堂を守っていた「旧」覆堂。

Img_3202

使用されていた時期は解説板にありましたが、忘れました

結構古い建物だったと思います。

Img_3203

金色堂の拝観券はここ讃衡蔵(さんこうぞう;宝物館)のところで求めるのですが、拝観券で讃衡蔵も見学できます。

見学しようとして驚いたのが、地元信金のキャッシュコーナー。さすが金にものをいわせて作った金色堂(違

Img_3205
Img_3206

金色堂と本堂の間には峰薬師堂や不動堂など。

Img_3211

こちらが本堂。金色堂とは異なり無料で拝観できます。

Img_3209

本尊は釈迦如来坐像。堂内に上がってお顔を拝見しましょう。

Img_3212
Img_3214

下っていって薬師堂や弁慶堂。

山の上に多くのお堂があるスタイルはどこかで見たな… と思い出したのが伏見稲荷。今年の1月に千本鳥居とお堂を回っていました。

Img_3216

弁慶堂のところには弁慶の顔出し。顔出し自体より、下の「フジカラー」の文字に懐かしさ。

到着から1時間後の「るんるん」に乗って、平泉駅へ戻るのでした。金色堂と本堂は十分見られますが、お堂を全部見ようと思うと足りないですね。

« 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻5 ~平泉町巡回バス『るんるん』で毛越寺経由中尊寺 | トップページ | 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻7 ~花巻空港から名古屋行きに搭乗 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻5 ~平泉町巡回バス『るんるん』で毛越寺経由中尊寺 | トップページ | 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻7 ~花巻空港から名古屋行きに搭乗 »

無料ブログはココログ