« 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻1 ~まずはバスタ新宿 | トップページ | 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻3 ~福島でH5系とE5系の一瞬の出会いを撮影 »

2016年9月17日 (土)

東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻2 ~小田急下北沢駅の地下探訪

新宿までスムーズに来たので、少し時間に余裕ができました。

こんな時に?と考えておいた「小田急複々線化・連続立体交差化工事の現場を見てこよう」計画を実行に移すことにしました。

Img_3067

とりあえず新宿から代々木上原に移動して一旦ホームへ。

小田原方面の50000系(VSE)が通過。

Img_3068

真ん中の2線は東京メトロ千代田線の折り返しと、直通列車用。新宿・綾瀬側に渡り線はなく、折り返す列車は一旦小田原側の引き上げ線に入ります。

Img_7522

千代田線経由で常磐線に乗り入れる列車もあるので、JR車両も来るはずですが、今回は目撃ならず。

この先は地下化・複々線化が進行中の区間に。代々木上原の時点では、小田急新宿駅につながる「外側」が急行線の扱いで、現在はこの急行線が先に開通した状態。千代田線につながる「内側」の緩行線の工事が進行中です。

Img_3070

下北沢へ向かう車中から。

途中の東北沢駅は、急行線と緩行線が同じ高さ。最終的には内側の緩行線にだけホームができますが、現在急行線に接する仮設ホームでの運用。

Img_3073

下北沢の地下3階ホームに到着。

現在はここだけで多くの列車と乗客をさばいています。昼間でもかなりの本数と人出でしたから、ラッシュ時は…

緩行線の完成後は急行(と特急通過)のみに。

Img_3074

1つ上がって地下2階に。フェンスの向こうで緩行線の工事をしているはずで、音も聞こえてきますが姿は見えず。

Img_3076

地下2階には、現在建設中の地下線の模型がありました。

代々木~東北沢では外側にあった急行線が下北沢では緩行線の下に潜るのがわかります。その先は見えにくいですが世田谷代田~梅ヶ丘で急行線は緩行線の内側に。

Img_3079

再び地下3階へ。線路の向こう側には駅名票とともにデジタルサイネージ(ディスプレイ)が設置されています。下段には次の列車の情報。

こういうふうに、1つの画面に複数の情報を載せられるのはデジタル化のおかげ。非常時の案内なども考えてあるのか?

Img_3083

世田谷代田駅の写真はなく、地上に出てすぐの梅ヶ丘駅。ここから複々線が整備されています。

乗ってきた各停が出るか出ないかのうちに、後続の特急(30000系EXE)が急行線を通過。代々木上原~ここまでの複々線が完成すれば、特急も各停の待避待ちをしなくてよくなります。

Img_3085

もう一丁、急行の通過シーン。

この駅を見ると、京阪の複々線区間を思い出します。逆に、JRの京阪神エリアは外側に新快速や特急が走りますから、方向別複々線といっても事情により様々です。

複々線の幅で地下線を設置するには用地取得の問題もあったのだと思いますが、下北沢・世田谷代田を2層にすることで、急行線・緩行線の内外の入れ替えも実現しています。面白い手法です。

2017年には緩行線の運用が始まる予定とのこと。機会があればその頃にまた。

…このあとは、所用を済ませまして、前に書いたカープの優勝を見届けまして、翌朝。

Img_7539

池袋駅にて、東武直通の特急「日光」を見送り。
(これに乗れば良かったとちょっと悔しかったのはナイショ

成田エクスプレスで使われていた235系をリニューアルと知り、この顔に見覚えがあるような気がした理由が分かりました。

そのあとは「湘南新宿ライン」で大宮へ。

浦和駅に停まるようになってますね。以前工事中だった記憶があるのと、ホームが新しかったので気付きました。

Img_7537Img_7545

池袋でも、大宮でも、湘南新宿ラインと埼京線のどちらが先着するかという案内が出ています。ややこしいですもんねこのあたりの運用。

« 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻1 ~まずはバスタ新宿 | トップページ | 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻3 ~福島でH5系とE5系の一瞬の出会いを撮影 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻1 ~まずはバスタ新宿 | トップページ | 東京から中尊寺経由でエクストリーム帰宅の巻3 ~福島でH5系とE5系の一瞬の出会いを撮影 »

無料ブログはココログ