« 夏の虫 | トップページ | 久しぶりに家族で沖縄1 ~工事中の福岡空港から旅立ち »

2016年8月 7日 (日)

宇部線草江駅に隣接する道路が拡幅され、空港バスの停留所も設定

お盆には少し早いですが、息子を実家に送り込むことになり、私も時間がとれたので一緒に連れて行きました。

Img_2610

実家でわんこと戯れ、昼を食べて、午後からは弟一家が帰省してくるということで、山口宇部空港までお出迎え。父親の車に便乗して空港に。

Img_2663 Img_2611

空港に着きますと、SFJのラッピングを施された防長バスが。

Img_2613

目的の便が到着まで、展望デッキへ。

今度ソウル便が就航するとのことで、国際線ターミナル側にPBBを増設中。

Img_2617

JAL294便がプッシュバック開始。

Img_2622

そこへ、弟一家の乗ったSFJ13便が到着。

Img_2641

SFJ13便がスポットに入った後ろを、JAL294便が離陸していきました。

Img_2660

弟一家を出迎えた後、私はそこで別れて「最寄りの」草江駅へ。

#このあと、草江駅周辺の風景などは以前の記事と比較いただくといいと思います。

Img_2661

ターミナルビルを出て右側に歩いて行くと、空港の敷地を出た先に立派な道路ができています。

以前は細い道路だったのですが、こちらの記事によると、今年3月末に拡幅工事が完了したとのこと。

Img_2666

駅自体はほとんど変化がないように思いますが、かつては細い道路と離合困難な踏切に接していていかにも田舎の駅って感じでしたからずいぶん雰囲気が変わりました。

右端にバス停が映っていますが、ここを見ると空港と宇部新川駅を結ぶバス(航空便に合わせて運行)が停車するようになっています。

変更時期など調べられませんでしたが、道路の開通に合わせてルート変更し、草江駅を空港最寄り駅として本格的に活用するつもりでしょうか?しかし、宇部線の列車が航空便に合わせてあるわけでもなく、ご利用の際は宇部線の時刻も調べていただくのが良いでしょう。

Img_2668

以前はきっぷを売っていたこちらの商店も閉店しており、駅にも相変わらず券売機はありません。空港最寄り駅にふさわしいかどうか…

あ、この建物が同じ位置に残っているということは、踏切の拡幅にあわせて草江駅のホームを少し削ったのかな?

Img_2669

道路が拡がり、空港まで見通しが良くなったので、空港が近いことが直感的に分かりやすくなりました

Img_2676

ホームに立ってみると、家並みの間から、ターミナルビルの「山口宇部空港」の文字と、離陸滑走するSFJ14便の姿が見えました。やっぱり空港が近いのは間違いない。

Img_2680

やってきた105系に乗って宇部新川へ。

Img_2688

宇部新川で、123系が往く小野田線に乗り換え。

Img_2692

小野田に着いたところ。ドアの位置や窓の一部がない感じに違和感を感じつつ調べると、123系は余剰になった荷物電車を改造したものだとか。

Img_2691

味のある車体の中に、カラフルなLCD表示器があるのが興味深いです。

小野田で山陽線に乗り換え、下関経由で当地に戻ってきたのでした。

« 夏の虫 | トップページ | 久しぶりに家族で沖縄1 ~工事中の福岡空港から旅立ち »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の虫 | トップページ | 久しぶりに家族で沖縄1 ~工事中の福岡空港から旅立ち »

無料ブログはココログ