« 豊肥線を使って阿蘇神社詣で3 ~阿蘇神社から阿蘇駅へ | トップページ | ハローデイ、ポイントカードをEdy付に完全移行 »

2016年8月27日 (土)

豊肥線を使って阿蘇神社詣で4 ~九州横断特急で大分へ

宮地から「九州横断特急63号」になる列車に乗り込みます。

Img_2956

ん、まぁ、予想はしていましたが阿蘇駅を出る時点ではガラガラ。前方と側面と両方の車窓が楽しめる2列目右側をゲット。

Img_2959

宮地を出て、山越え区間に入ります。外輪山を越えるところで地質的にも脆いのか、2012年の豪雨、今年の震災いずれでも長期間の運休を余儀なくされたところです。

立野のあたりの被害は阿蘇の「表玄関」がつぶれたということや人的被害が出たこともあり目立ちますが、こっちも難所であることは間違いありません。

Img_2962

シェルターがあったり、谷には土石流対策がしてあったり、「物々しいな」という感想を持ちながら進んでいきました。

Img_2966

大分県側に抜けて、最初の停車駅は豊後荻(おぎ)。すれ違った「九州横断特急64号」は結構乗っているように見えましたが、こちらはまばら。

Img_2967

豊後竹田で乗務員交代。

Img_2968

緒方駅には「ほだ木」を模した「しいたけ発祥の地」のモニュメント。さすがは大分県。

ここまで、駅で特急を待つ人はぱっと見ですが皆無に近い状況。昼下がりという時間帯もあるでしょうが、県境を挟む区間で流動が少ないことや、特急と各停で所要時間の差が小さいことの影響を感じます。

Img_2970

私は一度三重町で下車。ここでは少し乗車もあり。

途中下車に必然性はないのですが、阿蘇駅で食事をする、あるいは食料品の購入が難しい可能性を考えていたのが一番の理由です。

実際は前に書いたように隣は道の駅で、イロイロ売ってました。お弁当を買って車内で食べることも十分可能であったことを申し添えておきます。たしか、駅にも喫茶コーナーがあったかな?

Img_2972
Img_2974

三重町駅はとんがり屋根の駅舎に、駅前食堂が2軒。

ここで食べても良かったのですが、暑さ故に数分歩いたところの冷たいそばがいただけるお店へ。

Img_2977

戻ってきまして、4451Dに乗車。大分からの特急券も購入。

食事のため1時間の時間確保と、当駅始発という確実に座れそうな感じをみてここで乗り継ぐことにしたのです。

Img_2980
Img_2981

この列車、三重町を出てから菅尾・犬飼・竹中と3連続で対向列車を待避します。犬飼では特急を待つため10分停車

急ぐときには腹立ちますが、時にはこういう「他より遅い」列車もいいものです

Img_2983

ただ、朝が早かったのでさすがに疲れてきました。大分で行き交う列車を観察するつもりもあったのですが、すぐに接続する「ソニック46号」の席も空いており、家路につくことに。

阿蘇エリアは家族で行くとしたら車でしょうが、個人的には次に何か変化があったら行きたいなと思う行程でした。

« 豊肥線を使って阿蘇神社詣で3 ~阿蘇神社から阿蘇駅へ | トップページ | ハローデイ、ポイントカードをEdy付に完全移行 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豊肥線を使って阿蘇神社詣で3 ~阿蘇神社から阿蘇駅へ | トップページ | ハローデイ、ポイントカードをEdy付に完全移行 »

無料ブログはココログ