« 北九州モノレールに、スターフライヤーもデザインされた「北九州空港開港10周年」編成が登場 | トップページ | カナヘビだけじゃなくニホントカゲも撮影に成功 ~今日の庭7/10 »

2016年7月 9日 (土)

モノレールのラッピング広告から、航空各社のPR点を探ってみる

前の記事で紹介した北九州モノレールの空港PRラッピング編成。

Mono1

リリースに、車体デザインのPDFファイルが添付されており、ありがたいことにラッピングの詳細が家にいながらに確認出来ます。

中間の2両目3両目は両面ともSFJ, JALになっていますが、先頭は空港とFDAで塗り分け(貼り分け)られているのが不思議といえば不思議。あえて理由を考えるに、多くを占める対面式ホームの駅に進入する際、正面デザインと繋がりがいいとか目に入りやすいとか?

さて、各社のPRポイントを見ていきましょう。

Mono2

空港会社は24時間利用可能であることをPR。この点は貨物便の就航や、福岡空港との住み分けにも大切なポイントですね。

Mono3_2

SFJは、例によって大部分がコーポレートカラーの黒。よく見ると下のほうが白いのですが、機体の塗り分けラインに合わせてあります。こういうところはあいかわらずオシャレ

Mono3

顧客満足度1位獲得が続いていることをPR。

Mono4

JALは、白ではなく水色がベース。青空に白い機体が飛びあがるようなイメージ。

他社の機材にはない機内Wi-FiをしっかりPR。「嵐」出演のCMでも力を入れているところですもんね。

Mono5_2

FDAは、コーポレートカラーの赤多めで、東京ではなく名古屋行きであることを強調。

Mono5

名古屋から乗り継ぎ可能な路線や、名古屋空港からの観光の提案が、細かいですがしっかり書き込んであります。

私も以前使ったことがありますが、東北へかなり速く移動できる可能性がありますのでご検討のほどを。

Img_1477
Img_1827

チビ猫が我が家にやってきて3週間。

幾分大きくなり肉付きも良くなりました。おかげでいろんなところに飛び上がるやんちゃな子に

Img_1919
Img_1947

まだ微妙な関係ではありますが、先住猫も必要以上に警戒しなくなり、触れ合うことが増えてきました。

« 北九州モノレールに、スターフライヤーもデザインされた「北九州空港開港10周年」編成が登場 | トップページ | カナヘビだけじゃなくニホントカゲも撮影に成功 ~今日の庭7/10 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州モノレールに、スターフライヤーもデザインされた「北九州空港開港10周年」編成が登場 | トップページ | カナヘビだけじゃなくニホントカゲも撮影に成功 ~今日の庭7/10 »

無料ブログはココログ