« なんとなく猫報告7/23 | トップページ | なんとなく猫報告7/29 »

2016年7月24日 (日)

北九州スタジアム建設現場の公開に行ってきました

セミのうるさい日曜日の朝。

Img_2300

チビ猫は最近お気に入りの発泡スチロールの箱の中。

スリット状の窓から朝日が差し込んでいます。

Img_2304

すぐ近くに先住猫がゴロンとしていたので一緒に入れようとしたのですが、写真撮る人なら分かると思いますがこういう光線はカメラにとっては鬼門。

手前のチビ猫にAFポイントを合わせると奥の先住猫は真っ暗。奥にAFポイントを持ってくると、手前のチビ猫が白飛び。見た目の印象以上に光線の量が違うのです。

AFポイントを適切に設定するだけで主たる被写体はキチンと撮れますから、カメラとしては優秀ですが、日が差したところもそうでないところも何となく適正な露出で認識する人間の眼とはやはり異なります。ちゃんと「現像」してトーンカーブを弄れば見た目に近づけることは可能だと思いますが、このあたりは機械の愚直さと生き物の感覚の違いもあり完全に埋めるのは難しいでしょう。

Img_2312

「遊んでよ~」も箱の中から。

そんなチビ猫を放置して今日出かけてきたのは北九州スタジアムの建設現場。

Img_2315

昨年末に「ふるさと納税」の制度を利用してスタジアム建設費目的の寄付を北九州市にしました(地元ですが使途が明確になればと思い)

内覧会に招待いただけるということはこちらにも書いてありますが、建設中の現場が見たいという要望があったようで、一部公開の案内がありました。

息子とサッカー仲間を伴っていざ、スタジアムへ。

Img_2318

北西角のところで受付中。

右にある看板には、8月19日22時~20日6時、通行止めにして歩道橋の工事しますと。

Img_2319

矢印のところに支柱が立ち上がりはじめているので、橋桁をかけるクレーン作業などがあるのでしょう。

Img_2320
Img_2323

スタジアム北側の砂利道を歩き、ヘルメットを受け取って北東角から入場します。

Img_2325

おお、結構な人数の先客が。

Img_2327
Img_2328

まだ芝生じゃないのでイメージがわきにくいですが、屋根が完成すればもっとそれらしくなるでしょう。

Img_2330

入ってきたところのこのあたりに、大型ビジョンがつくのだとか。

Img_2335

一角に、わずかな芝生と「コーナーキック」とシールで描かれたコーンが。

よく見るとエンドラインとサイドラインも。

Img_2338
Img_2333

ちょっと見えにくいですが、側壁にピッチの高さを示す線と、観客?も。

スタンドから7-8mのところまでフィールドになるようなので、トラックのある競技場と比べると非常に近く感じます。

ギラヴァンツの試合のみならず、他のサッカー大会やラグビーの試合にも使う予定とのこと。一緒に行ったサッカー少年たち、プロでとは言いませんが、少しはこういうところでプレーするイメージが湧いて励みになったかな?

まだ重機や足場のほうが目立つから難しいかな

« なんとなく猫報告7/23 | トップページ | なんとなく猫報告7/29 »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんとなく猫報告7/23 | トップページ | なんとなく猫報告7/29 »

無料ブログはココログ