« 筑豊電鉄(ちくてつ)の低床車5000系体験 | トップページ | 廃止の決まった後藤寺バスセンターと、日田彦山線香春駅を探訪 »

2016年7月15日 (金)

筑鉄の次は平成筑豊鉄道(へいちく)体験

黒崎駅前から筑豊中間行き(5000系)に乗って終点で降りたのが前の記事。

Img_2040

1本あとの筑豊直方行きに乗車。北九州銀行は、北九州モノレールや西鉄バスだけでなく、ここでも地元向けPRに熱心ですね。

Img_2046

車内には5000系のPRが。モノレールでは車内広告やカラーリングも北九州銀行で揃えていますが、筑鉄ではそこまでしていませんね。
(モノレールの北九州銀行ラッピング車両はこちら

Img_2044
Img_2045

3000系は低床車ではなく、車内に1段あります。

Img_2048

遠賀川を渡って、筑豊直方へ到着。ホームは2面ありますが、一方は線路がさびており、基本手前のホームしか使われていないようです。おかげで、到着時は「運転士が後方に移動してからドア扱いするまで降りられない」という珍現象が…

Chiku_norikae

もう一つ面白い取り扱いがこれ(原本はこちらのpdf)

区間便の終点が設定される筑豊中間と楠橋で乗り換えた場合は、乗り換えた列車では通し運賃との差額だけ請求される仕組みになっています。30分以内という条件付きですので、「来た電車に飛び乗ったら目的地まで行かないやつで、途中で降ろされた」というような場合の救済措置でと思われます。

積極的に沿線商店などへの立ち寄りを推奨するものではなさそうですが、私はこの乗り換え制度を筑豊中間での撮影に利用させていただきました

Img_2049

高架が途切れる筑豊直方駅の構造に疑問を覚えましたが、飯塚方面への延伸計画があったと知り納得。

15分ほどで平成筑豊鉄道(へいちく)に乗り換えるので、直方駅へ急ぎます。

Img_2050

駅と道を挟んだ向かい側に、西鉄バスの直方バスセンター。

Img_2052

そして駅前には有名な?魁皇像。

橋上駅になっているJRの券売機に向かうと、へいちくの乗車券のボタンが見当たりません。周囲を見渡すと、「へいちくの駅は1階」の看板。

くー、第3セクターだからJRと共用だろうと思って下調べしていませんでした

Img_2053

あわてて階段を降り、乗車券を購入し、息を整えながら乗車前に「ちくまる号」を撮影。

Img_2056

平成筑豊鉄道伊田線(直方~田川伊田)は、若松線と同じく非電化の複線。往時は需要があったんでしょうなぁ…

途中、金田(かなだ)駅で糸田線と分岐します。日中は糸田線田川後藤寺駅に乗り入れる列車と、田川線経由行橋方面からの列車が金田で接続し、糸田線・田川線相互の利便にも配慮してあります。いろいろな工夫されているようです。

Img_2057

田川後藤寺に到着。ここは扇の真ん中にへいちくの糸田線が突っ込む配置なので、駅舎や改札はJRと共用。しかし、線路は行き止まりで、到着の際は、運賃は車内で精算し(きっぷも車内の運賃箱に投入)、清算済み票をもらってJRの改札を通るようになっています。

別会社故に、自社分の取りこぼしがないようにと思うと大変ですな。悪く言えばJRがどんぶり勘定なわけですが…

« 筑豊電鉄(ちくてつ)の低床車5000系体験 | トップページ | 廃止の決まった後藤寺バスセンターと、日田彦山線香春駅を探訪 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 筑豊電鉄(ちくてつ)の低床車5000系体験 | トップページ | 廃止の決まった後藤寺バスセンターと、日田彦山線香春駅を探訪 »

無料ブログはココログ