« 瀬戸大橋エリアをひとまわり3 ~琴平から児島へ戻りアンパンマン列車に遭遇 | トップページ | 瀬戸大橋エリアをひとまわり5 ~児島でまたもやアンパンマントロッコ »

2016年7月 2日 (土)

瀬戸大橋エリアをひとまわり4 ~下電バスで瀬戸大橋沿いの島に降りてみる

児島駅前から下電バスに乗りました。

瀬戸大橋上を通る路線バスで、途中の島にバス停があるという変わり種です。瀬戸大橋のルート上になった島に、船でなく陸路でのアクセスを提供しましょうという配慮だと思います(下津井電鉄も補助金事業であることを明記しています。おかげで運賃は割安感あり)

Bus_route

児島駅前から、瀬戸大橋を経由してパーキングエリアの整備されている与島までという下津井電鉄のバス。四国に渡りたければ与島で琴参バスに乗り継ぐようになっています。

#便数は多くないですので、下津井電鉄のサイトなどで時刻を確認ください。どちらかというと琴参バスのサイトのほうが双方の時刻をまとめてあって見やすいです。

釣り客が多いという記事も見かけましたが、昼過ぎの便ということもあり、児島駅から乗ったのは私一人。途中のバス停で買い物帰りと思われる数人を拾って瀬戸大橋へ。

Img_7178

櫃石島(ひついしじま)の手前で料金表を1枚。

Img_7179

島民・関係者専用ランプから櫃石島へ降りていきます。

Img_7180

港のところにバス停があってUターン。再び瀬戸大橋上へ。

Img_7185
Img_7188

次の島、岩黒島(いわくろじま)のバス停で下車。

ここはバス停が本線上にあります。

Img_7186

与島・坂出方面にのみ島民用ゲートあり。バスは通りません。

Img_7187

児島・岡山方面はぽつりとバス停のみ。

Img_7191

ここで降りたのは、バス停からエレベーターで降りる唯一の島、というのを体験したかったから。

Img_7196

降りたって、島民用ゲートとループになったランプウェイを撮影。櫃石島や与島と比べると小さいので、「単線」のランプが1本だけ。

ほんとならバス1便ぶん、1時間くらい散策するつもりだったのですが、朝のうちの雨で便をずらしたため、先ほどのバスが与島まで行って戻ってくるまでの30分弱しか時間がとれません。島内の散策は断念。

Img_7207

再びエレベーターを上がり、児島方面のバス停に行く途中で、瀬戸大橋線の線路が見えました。

Img_7209

バスの時間を気にしながら待っていると、岡山行きのマリンライナーが通過。おー、待った甲斐があった。

Img_7213

折返しのバスにもちゃんと間に合いました。

Img_7217

児島駅行きも櫃石島にいったん降ります。島内のゲートがこちら。

雨は上がっていましたが曇り空だったのと、時間を気にしながらで「島猫」を探すこともできなかったのが心残りですが、面白い経験ができました。

« 瀬戸大橋エリアをひとまわり3 ~琴平から児島へ戻りアンパンマン列車に遭遇 | トップページ | 瀬戸大橋エリアをひとまわり5 ~児島でまたもやアンパンマントロッコ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 瀬戸大橋エリアをひとまわり3 ~琴平から児島へ戻りアンパンマン列車に遭遇 | トップページ | 瀬戸大橋エリアをひとまわり5 ~児島でまたもやアンパンマントロッコ »

無料ブログはココログ