« 山焼き後の平尾台にて | トップページ | 三萩野交差点の件続き、と北九州モノレールの全検開け編成(元コカコーラ) »

2016年3月21日 (月)

三萩野交差点がついに矢印制御に…

連休最終日は昨日に続きまずまずの陽気。

Img_6482

窓辺に上がった猫が真剣なまなざし。

Img_6481

気づいた息子が、「隣の屋根にカラスがとまってる」と教えてくれました。

彼らも恋の季節なのか、最近盛んに鳴いているように思います。ウグイスのさえずりも聞こえ始めました。

年度末だからか 道路工事があちこちでありますが、我が家からのお出かけに関係しそうなところをいくつか。

Img_6483
Img_6485

これは、モノレール城野駅のところの国道322号アンダーパス。南側から入るところと、北側に抜けたところ。数年前の大雨で市内のアンダーパス数カ所で冠水事故があり、最近表示板などの対策が進んでいます。その一環かと。

Img_6487

身近なところで一番大きな(そして困った)変更は三萩野交差点の信号制御の変化。

先ほどさしかかったら、ちょうど右折矢印のタイミングで停まったので(私は直進)、まず1枚。右折信号が出るのは前からです。

Img_6489

そして、これも以前からですが、直進が可能になる前に左折信号が出ます(このとき左側から来た車は右折可能)

Img_6490

そして、悪名高い?直進・左折の矢印信号へ。

そのあと一旦赤になって、右折信号になります。

Img_6491

一つ北側の香春口北交差点は、一足先に同様の制御に。

右折レーンで停まったので、直進車が進行し始めたところで1枚。青信号ならこのとき交差点内に進んで対向車の切れ目を待つことになりますが、この信号だと停止線で待つほかありません。

Img_6492

そして、右折矢印が出て、初めて交差点内に。

対向車や歩行者は基本停まってますので、比較的安全・スムーズに右折は出来ます(歩行者や自転車には相応の注意が必要ですが)

期せずして?信号に引っかかるタイミングも良く、また直進→右折と経験しました。右折する立場からすると、混雑する交差点で無用に神経をすり減らすよりはこのほうが楽かもしれません。

前も書きましたが、どうしてもこの信号制御だと右折レーンの不足が顕著になります。香春口北はさほど混乱を感じませんが、三萩野は左矢印があるおかげで左車線は左折専用。今回の変化で右車線がふさがる率が格段に上がりますから、直進は事実上1車線に。ここの北上が多い私には非常に「改悪」と感じます。右折レーンの延長を是非に。

Img_6493
Img_6494

無理矢理小倉駅ネタにくっつけるために、「京町アンダーパス」北側に新設された表示器を。

« 山焼き後の平尾台にて | トップページ | 三萩野交差点の件続き、と北九州モノレールの全検開け編成(元コカコーラ) »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山焼き後の平尾台にて | トップページ | 三萩野交差点の件続き、と北九州モノレールの全検開け編成(元コカコーラ) »

無料ブログはココログ