« 城野駅北側のペデストリアンデッキはほぼ完成。3月中に供用? | トップページ | 日田彦山線のサボ交換と、新しい運賃表示機と »

2016年3月 4日 (金)

3月26日は北九州モノレールもダイヤ改正

3月はJRのダイヤ改正の時期。ただ、今年は26日とちょっと遅いようで、現在発売中の「3月号の時刻表」は旧ダイヤ版ですので間違えないで、という告知が出ています。

今年の目玉はもちろん北海道新幹線開業ですが、当地の北九州モノレールもJRと日をあわせてダイヤ改正を行うとリリースが出ました。

Img_5372

昨年6月に策定された「中期5か年計画」(この記事で紹介しています)の方針に沿っていますが、確定した運行計画をご紹介。

Kaisei

内容の概略はこのように紹介されています。

Kokura1
Kokura2

まず夜間について。上が現在の小倉発の平日ダイヤ(えきから時刻表より)で、下が今回発表された新ダイヤ(小倉→企救丘)。

21時台まで昼間と同じ10分間隔になります。また、現行ダイヤでは中途半端なタイミングで15分間隔から20分間隔に遷移するのが、22時台は15分間隔、23時台は20分間隔、そして終電が24時ジャストと覚えやすくなります。

残念なのは、赤字の24時発が日曜日は運行されないこと。土曜日の終電が遅くなるという朗報をつい忘れそうになります。ここはもう一息頑張って欲しかった。引き続き訴えていきましょう。

Kiku1

続いては平日朝の減便。企救丘→小倉の新ダイヤ。

便が減ることも残念ですが、7分間隔というのがいかにも覚えにくい。まぁ毎日のように利用する人はいやでも覚えるでしょうが

運行に必要な編成数(運用数)を減らすのが主目的のようですので、このダイヤが定着後に運用を外れる編成が出るのではないかという点も心配です。

土日の夕刻、おそらくは競馬の終了にあわせた増便がなくなります。開催日はそれなりに混雑するので、G1レースのある日くらい残しても良かったのでは?と思いますが、競馬ファン以外に理解が得られにくいのが難点か。趣味的には競馬場前発の臨時便を期待

Kaisei2

公式の問い合わせ先はこちらです。

Img_6280

最近のうちの猫のお姿。

この写真だとなんの変哲もない寝姿ですが、

Img_6281

実はおもちゃを入れていたラックの残骸が、簡易キャットタワーになっているのです。子供が毛布を置いておいたら、気がつけば最上段がお気に入り。

« 城野駅北側のペデストリアンデッキはほぼ完成。3月中に供用? | トップページ | 日田彦山線のサボ交換と、新しい運賃表示機と »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 城野駅北側のペデストリアンデッキはほぼ完成。3月中に供用? | トップページ | 日田彦山線のサボ交換と、新しい運賃表示機と »

無料ブログはココログ