« 「シルバー」なFDAの10号機、と、小倉駅新幹線ホームの新メロディ | トップページ | 近くのスーパーが建替えの間、買い物難民対策に無料バスを運行 »

2016年3月13日 (日)

北九州空港開港10周年感謝祭

現在の人工島に作られた北九州空港が開港したのは2006年3月16日。新空港開港とともに就航したスターフライヤーとともに10周年を迎えることになります。

そんな週末の今日、北九州空港開港10周年感謝祭が開かれました。

Img_3521
Img_3525

出かけようとしたら、隣家のサクランボの木に鳥の姿が。

メジロが蜜を吸いにやってきたようです。春を感じますな。

Img_6370

今回は毎年秋に行われる「空の日イベント」に準じたものに加え、スターフライヤーが格納庫で"STARFLYER'S HOME PARTY"を開きました。

Img_3534

格納庫入り口のしつらえ。

Img_6371

入り口近くでは、普段は温度管理のために日よけをしている部分を開けて、A320のエンジンが見られるようにしてありました。

もちろんこの日のためだけに持ってきたものではなく、常備してあるそう。何かあったら丸ごと交換するため、というよりは、必要な部品をすぐに準備できるように、と説明を受けました(白いラベルの部分は部品を外しているのだそうです)

Img_6373

格納庫の中はこんなふうに、ステージと休憩スペース、即売コーナーなどがしつらえてありました。

Img_3528

いつものように小型機の駐機エリアの一部が開放されました。

滑走路の向こうには、見学ツアーに当選された方々の姿が(私は外れてしまいました)

シャープな写真を撮れそうな天候ではなかったので、動画にしてみました。

Img_3569

毎回展示されてる、北九州市の消防ヘリ。

Img_3570

下向きにスピーカーがついているのが気になったので、救助の際の呼びかけなどに使うのかと聞いてみました。すると、山などでヘリを見かけると救助対象でない人まで手を振ることが多いので、それはやめてくれ、要救助者だけ合図をしてくれ、と呼びかけることが多いのだそうです。

ヘリにむやみに手を振ると、隊員に思わぬ迷惑がかかることがあるのですね。気をつけないといけません。

« 「シルバー」なFDAの10号機、と、小倉駅新幹線ホームの新メロディ | トップページ | 近くのスーパーが建替えの間、買い物難民対策に無料バスを運行 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「シルバー」なFDAの10号機、と、小倉駅新幹線ホームの新メロディ | トップページ | 近くのスーパーが建替えの間、買い物難民対策に無料バスを運行 »

無料ブログはココログ