« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の12件の記事

2016年2月29日 (月)

滋賀ってもう北陸だよね その6 ~スイッチバックの姨捨駅へ

長野駅新幹線ホームでさらっと撮影し、そばを食べ、ちょうど予定の松本行きの1本前に出る「しなの鉄道」軽井沢行き(2632M)に間に合いました。分岐する篠ノ井まで乗車。

Img_3341
Img_3345

軽井沢行きの115系を見送り、後続の松本行き(2234M, E127系)に乗車。

篠ノ井から先は単線となり、特急との待ち合わせがあったりしながら進みます。

Img_6125

稲荷山から続く上り坂の途中にある姨捨駅は、残された数少ないスイッチバック駅の一つ。前に来たと思うんですが思い出せません。通過しただけかも。

稲荷山側からくると、いったん引き上げ線に入り、バックでホームに入ります。上がってきた線路がチラッと左に写っています。

Img_6127
Img_6128

松本方面のホームには、善光寺平を見渡せる展望スペースが作られています。もちろん、列車が行き交うのを見るのにも有効です

Img_6129
Img_6131

駅舎は風情がありますが、残念ながら無人駅。

Img_6132

駅の北西側(稲荷山側)に踏切が見えたので行ってみました。業務用通路にも見えますが、第4種(遮断機、警報機なし)踏切で、一般人も通ってかまわないようです。

「姨捨公園」と案内があったので足を向けてみました。

写真は構内を横切る部分ですが、この先を降りたところに本線を横切る踏切があり、その先に公園。

Img_3351
Img_3354

姨捨公園は善光寺平のビュースポットとして整備されたようですが、一角から先ほど上がってきた線路が見渡せます。

(ワイドビュー)しなの8号がやってきたのを撮影。

#帰宅後に調べてみると有名な撮影地のようで、同じアングルの写真がたくさん。このときは私一人でしたが…

Img_3358

公園から駅のほうに戻り、本線を横切る踏切脇から。

引き上げ線に向かう進路が開通して、列車が近づいてきました。

Img_3359
Img_3363

次に乗る438M(211系)がやってきました。

スイッチバックでホームに入り、交換と特急待避でしばらく停まるので、引き上げ線に入ったのを確認してホームに向かいます。

Img_6139

ホームに戻り、通過していくしなの3号を撮影。

Img_6140

ちょっと遅れていましたが、これが通過しないと姨捨に停まっている列車は出せませんから、見送ってから438Mに乗車しました。

2016年2月27日 (土)

滋賀ってもう北陸だよね その5 ~金沢から長野までW7系「はくたか」に乗車

Img_6102

金沢駅をチラッと探索した後、新幹線ホームに向かいます。

Img_6111

並んでとまるE7系?それともW7系?

Img_6112

左(11番のりば)の「かがやき536号」はE7系。

Img_6113

右(12番のりば)の「はくたか554号」はW7系でした。

とはいえ、帯も含めて色には違いがないので、正面から見て区別できるところは編成番号くらい(この写真ではまともに写っていません)。

Img_6114

一度E7系のグランクラスは(席だけ)体験しましたので、この日は撮影後に11号車から乗り込んでグリーン車をチラッと。

幸い?誰もおられないようだったので1枚パチリ。

Img_6115

10号車の普通車。こちらも無人…

比べると、写真の印象以上にグリーン車は暖かめの色の照明にしてあります。

Img_6117
Img_6080

この日の特急券はe5489で乗り継ぎの特急券を購入。

eきっぷにすると、自由席相当のお値段(在来線側は乗継割引相当)で指定席が選べるという程度のお得さです。もちろん、発券前なら変更が自由というメリットは大きい。

以前はe5489側で候補として出てくる列車の組み合わせしか選べませんでしたが(たとえば、ダイナスター1号からの乗り継ぎなら金沢7:00発のかがやき502号)、気がついたら区間ごとに乗車希望の列車を選べるように変更されました。

乗り継ぎ駅での途中下車には制限がありませんから(乗車券次第)、観光などをはさみたいときに乗り継ぎ便が自由に選べるのはありがたいです。

Img_3338
Img_3340

空いていて、683系と違って寒くない車内でウトウトしながら、また空模様も良くありませんでしたので、車窓の写真は特になし。立山も見えませんでしたしね。

長野駅で「はくたか」を「かがやき」が追い越すパターンが多いです。後続の「かがやき504号」の進入を撮影後、ホーム売店でそばをいただいて、在来線ホームへ。

2016年2月26日 (金)

滋賀ってもう北陸だよね その4 ~早朝の「ダイナスター」で金沢へ

福井駅前で一泊して翌朝。

Img_6083

6時前で、人もまばらな福井駅構内へ。階段にも恐竜。

Img_6086

ホームに上がると、ここにも恐竜が座っています。

えちぜん鉄道のコンコースにもいましたし、特急で通過した駅にもいたような…

どんだけ恐竜推しやねん福井は

Img_6087

本日まず乗車するのは、これまた恐竜をもじった「ダイナスター」金沢行き。

北陸新幹線に接続するため、まだ「サンダーバード」「しらさぎ」が西からやってこない早朝に設定されています。逆向きは深夜の設定。

Img_6089 Img_6088

車両はサンダーバードと共通の683系(6両)。

Dyna

深夜早朝で短距離便のわりに指定席の設定が多いです。新幹線乗り継ぎで指定のリクエストが多いのか、私のようにネット予約ですと指定席と自由席で料金が変わらないからか分かりません。

JR西日本は北陸新幹線の開業にあわせてしらさぎを6両化し、グリーンや指定席の位置をサンダーバードに合わせましたから、ダイナスターも共通で、という単純な理由かもしれません。

Img_6090

こちらは金沢を5時に出たしらさぎ52号米原行き。米原で新幹線に乗り継げば、京都・大阪にも朝一番に着くことが出来ます。

しらさぎ52号を見送って車内に入りました。

「暖かい車内でうつらうつらしながら金沢へ」のつもりだったのですが、窓際の冷気が気になり意外とお目々パッチリ。スマホで暇つぶしも出来ますしねぇ

Img_6097
Img_6098

旧松任市にある白山総合車両所を過ぎると北陸新幹線の高架と併走します。

ちょうど「かがやき502号」の送り込み回送と併走しましたが、良く見ると「東京行き、次は金沢」って、まさかお客さん乗ってませんよね

Img_6101

金沢駅に着くと、色違いの521系がお出迎え。奥はJR西日本仕様、手前は「あいの風とやま鉄道」仕様に塗り替えられたものですな。

残念ながら、地元IRいしかわ鉄道の車両には会えませんでした。

Img_6104
Img_6103

一度改札を出て散策。

まずは兼六園口(東口)の「鼓門」と「もてなしドーム」

新幹線駅に先行して2005年には完成しており、その頃には駅舎との一体感がなく妙な感じでした。今見るとすばらしい。

Img_6106

単なる飾りではなく、ちゃんとバスターミナルやタクシー乗り場になっているのもすばらしい(当たり前?)

今回は利用しませんでしたが、地下には「北鉄」の駅。

Img_6107

金沢港口(西口)はドームこそありませんが、こちらもきれいに整備されています。

二つの顔がある感じで面白いです。

Img_6108

次はいよいよ北陸新幹線ですが、その前に気になったのがこの券売機。

小松・福井方面のきっぷは左のJRの券売機。

富山方面のIRいしかわ鉄道のきっぷは右。

はいいのですが、離れ小島のようになっている七尾線は?

正解は右。左の券売機ではIRいしかわ鉄道とJRの連絡乗車券は扱わないようです。いずれ金沢駅の在来線はすべてIRいしかわ鉄道になってしまいますから、そのときを見越した対応か?

2016年2月25日 (木)

滋賀ってもう北陸だよね その3 ~えちぜん鉄道で一足先に北陸新幹線福井駅を体験

「しらさぎ」で着いた先は福井駅。

Img_6069

明日の特急券を発券して、何気なく目線をずらすと恐竜が座っていたので声が出そうになりました。

恐竜博物館の宣伝ですな。

Img_6082

金沢まで行かずに福井で降りたのは、(日をまたいでの乗り継ぎなら)福井で切ったほうが特急料金が少し安上がりなことに気づいたのが一つ。

もう一つはこれ。

北陸新幹線の高架が駅部分だけ先行して作られているのです。

Img_6070
Img_6071

そして、「えちぜん鉄道」を高架にするための「仮線」として新幹線用の高架が活用されています。(詳しくはこの記事などから)

阪急の高架化の仮線として、東海道新幹線の構造を一時的に間借りした以来の措置だそう。(この紹介もおなじくマイナビの記事から)

Img_6073

ホームに上がって高架が途切れる側を見たところ。

右奥は在来線の福井駅。

Img_6072
Img_6075

せっかくですからと、隣の「新福井」まで一駅だけ乗車。

降りるときに運転手さんに「本当にここでいいですか?」と念押しされてしまいました

Img_6074

まぁ歩いて行ける距離くらいしか離れてないですし、降りる人は少ないでしょうねぇ。

構内踏切を渡って出口へ。

Img_6079

地上に降りて、高架上の新福井駅を見上げたところ。

もともとえちぜん鉄道の線路があったところは、線路を撤去してえちぜん鉄道の高架が作られる予定。今は文化財調査のためのテントなどが目立ちます。

Img_6081

歩いて戻って福井駅前のホテルに投宿。

今度は工事がもう少し進んだ頃に、明るい時間帯に乗りたいです。

2016年2月24日 (水)

滋賀ってもう北陸だよね その2 ~高槻はまもなく新ホーム運用開始

Img_6049

まずは高槻で下車。

3月のダイヤ改正で運用が始まる新ホーム(増設ホーム)はほぼ完成しています。

Img_6048

来た方向を振り返ると、外側線から現ホームへの渡りが見えます。高槻に新快速が停まるようになって久しいですが、毎回ここを通ることが運用上のネックになっています。

新快速を外側線に沿うように作ったホームに誘導すれば、運用はスマートになります(緩急接続を期待する乗客には若干不便になりますが)

Img_6053 Img_6052

新ホーム対応の?電光掲示や、ホームドアが整備中。

Img_6055

ちょうど貨物が通過していきましたが、これを見ると、新ホームにホームドアが設置される理由も分かる気がします(もちろん、今後の標準化を目指して先行して導入されるのだと思いますが)

Img_6056

高槻からの電車に乗りながら、仕事の前に京都で時間調整をしようかな?などと思っていると、桂川駅で目の前の築堤を「はるか」が通過していくので慌てて降りて撮影。

後追いでしか撮れませんでしたが、「はるか」が転線していくルートを見ることができました。向日町の車両基地から出場する車両も間近に見ることが出来ますから、なかなかいいスポットですね。

Img_6058
Img_6061

立派な通路が伸びているなと思ったら、イオンモールに直結しているのでした。

Img_6064
Img_6065

用事が済んで、米原に移動してそこから「しらさぎ」に乗車。

私は1本早い各停で米原に着きましたが、新快速と同一ホームで乗り継げるようなダイヤになっていることに感心しました。

Img_6066
Img_6068

乗車券は先ほどと同じですが、よく見ると券面に「守山」というスタンプが増えています(自動改札で下車印押されるんですね。後で写真見てはじめて気づきました)

山科~近江塩津を通過する場合は、短い湖西線経由の運賃で発券することと、遠回りになる米原回りのルートにも乗車できかつ途中下車可能なことが規則に明記されています。自動改札が対応していること、下車印を押して経由ルートが明示されるように工夫されていることに感心しました。

2016年2月23日 (火)

滋賀ってもう北陸だよね その1 ~新大阪の新ホームの運用を確認

滋賀県内某所での会合に出席することになりました。

北陸新幹線にまだ乗ってない私にはチャンス(E7系は一昨年のこの記事からの旅で体験済みですが)。お仕事終了後に金沢まで移動し、北陸新幹線を体験するルートを練ることになりました。

滋賀県をディスる意図は全くなく、私にとって北陸方面に足をのばす理由(言い訳)になったという理由で今回はこんなタイトルに。

Img_6034

出発は北九州マラソンの前日。小倉駅では受付の案内が既に始まっていました。

帰ってくる頃にはマラソンも終わっていて、交通規制の影響は受けない予定。

Img_6036

今回のおともはまず乗車券と新幹線特急券。新大阪までエクスプレス予約の特典グリーン。

小倉(山陽新幹線)新大阪~金沢(北陸新幹線)長野~松本という乗車券は「みどりの券売機」で候補に出ないので窓口に依頼しました。新幹線と特急の乗り継ぎならたかだか4本の乗り継ぎですが、経由する路線が多く、最後手書きになっています。

…まぁ私はもっとたくさん乗り継ぎますけどね

…経路入力で窓口氏が手間取っていたのは6の会社の人だからかなぁ

Img_6037

今回は乗車券と区間が異なるので、e特急券を発券して新幹線に乗りましたが、最初EX-ICカードを逆に入れたために受け付けてもらえませんでした。

以前ネットで「券売機への挿入方向(左上の矢印)と、カード面のデザインが逆なので間違う」という意見を見たことがあり、その時は「非接触だからいいんじゃね?」と思っていました。しかし、券売機に入れた場合は磁気ストライプを読むのでしょうね。ネットでの指摘通り逆向きに入れてしまい、逆向きでは受け付けてもらえませんでした。

Img_6038
Img_6039

新幹線は省略して、新大阪到着。

「おおさか東線」乗り入れに向けてホームの移設とリニューアルが行われていますが、先頃11番12番のりばが新しくなり、元11番12番のりばのところは塞いであります。

Img_6041

東へ向かいますので、13番14番のりばに降り、お隣の様子を確認。

ちょうど「はるか」が京都方面に出て行くところでした。

Img_6043

新ホーム稼働とともに変更(追加)されたのが、この写真の真ん中にある渡り線。

以前の記事で下り線にも同様の対策がなされたことにふれましたが、外側線から13番線に入ることができるようになり、大阪~新大阪間の運用の柔軟性が増しました。

Img_6045

ちょうど快速と新快速が続いて到着したので見てみると、既に新快速は大阪→新大阪で外側線を使うように変更されていますね。

ここからまずは滋賀方面へ。

2016年2月18日 (木)

洗濯槽の洗浄をサボっちゃダメですね、あとEOS 80Dの話題も少々

洗濯機の話題。当たり前の人には当たり前と思いますが…

このところ何回か、「排水ができません」という趣旨のエラーを出して洗濯が中断することがあったよう。

今朝、妻が「指示通り洗濯物の位置を直したりしても同じエラーが出る」というので、糸くずフィルタも見てみましたが詰まっているほどではない。ただ、よく見ると水路内に水垢が目立つ。

今朝の洗濯は、糸くずフィルタのところを点検した後で無事に済みました。

…そういえば買って以来(6年になりますね)洗濯槽の洗浄って全くしてないよね

…もしかしたら汚れが排水ルートを塞いだりするのかも

Img_6026

仕事が早く終わったので、何となく惨状を予想しつつ、洗濯槽洗浄剤を買ってきて投入。

Img_6027

途中で「つけ置き」をしてくれたりする槽洗浄コースがあるので、それを利用しました。

Img_6028

終わってみると、あちゃー、やっぱり水垢がたくさんとれたようで、中にも残ってしまいました。

Img_6030

糸くずフィルタを外して見ると、こちらにもびっしりと水垢が
(あんまりなので画像加工しました)

Img_6031

このまま次の洗濯をすると洗濯物に汚れが付着しそうなので、一回何も入れずに洗濯サイクルを回すと、さきほどの水垢はほとんど流れました。

いやー、風呂釜なんかもそうですけど、洗濯機の見えない部分の水垢、怖ろしいですね。

皆様も定期的な洗浄をお忘れなく。

80d_variangle_2

汚い話の後で申し訳ありませんが、Canonから興味深い新製品の発表がありました。

私が使っているEOS 60Dの2代あとにあたる"80D"です。

80d_prism

視野率約100%というのは上級機並。

80d_af

60DにはないデュアルピクセルCMOS AF(ライブビュー撮影用)にも興味がありますが、通常撮影についてもAFが45点に増え、グループ化もできますから、撮影対象に合わせたAFモードが選びやすくなりました。

具体的には、「列車の先頭にピントを合わせたい」「走る我が子を追いかけたい」ときなどに有効かと思います(一点でもいいのですが外すのが怖い)

60Dのスペックと比較すると、以下の進化があります。

測距点 9→45(グループ化あり)
常用最高感度(ISO) 6400→16000
連続撮影(コマ/秒) 5.3→7.0

「動きモノ」を本気で撮るなら7Dmark2には及びませんが、他の使い勝手も考えると、バリアングル液晶があって、WiFi、NFC内蔵の80Dのほうが私には魅力的です。

60Dも5年使っているので、そろそろいずれかに買い換えたいです。

#3/26追記:
EOS 80D購入しました。この記事以降かキーワード検索でどうぞ

2016年2月14日 (日)

「春一番」と庭にも春の気配

(当地で正式に観測されたか定かでありませんが)春一番のようです。そして今日は既に寒気が入り、明日は真冬に戻る様子。

春一番と聞くと、3年前の揺れたフライトを思い出しますが、先日の大寒波の後暖かい日があり、庭に春の気配が少し感じられるようになりました。

Img_3323
Img_3324

アジサイは、固い冬芽が少しふくらんできたようです。

Img_3326
Img_3334

こちらはカリン。少しずつ芽が大きくなってきています。

Img_6025

寒波でダメージを受けたエンドウは、幸い完全に枯れてしまうことはなく、再び伸び始めました。

Img_3335

ただ、上に伸びる部分が傷んだためか、脇芽(子づる)が伸び始めているのが気になります。

Img_6017

庭と関係ないですが、買い物の合間に、小倉北区大手町地区に建設中の「ハローパーク大手町」を見てきました。

Img_6018

駐車場へのアプローチでしょうか。正面に伸びるスロープが印象的です。

Img_6020

オープンにはもう少し時間がかかりそうですが、ハローデイ以下、いくつかのテナントは既に看板を出しています。

隣接してマンション建設も進んでいるようで、のぼりが立っていました。

Img_6021

この地区は長い間西鉄系のスピナガーデン大手町が幅を利かせていましたが、先日のマックスバリュ小倉原町店の開業に続き、斜め前にハローパーク大手町ができますから、競争が激しくなります。

2016年2月12日 (金)

MRJと北九州空港の話題から

先日、スマホがFlightradar24のアラートを受信していたので、見てみるとこんな内容。

Ja21mj

お、主翼の強度不足などで飛行試験が中断していたMRJが久しぶりに飛んだようです。ニュースにもなっていました。

MRJ、飛行試験再開 2カ月半ぶり4回目

MRJ関連では、地元北九州空港にこんな話題もありました。

MRJ格納庫を建設 航空機産業誘致に弾み

以前の記事でも紹介しましたが、北九州空港はMRJの飛行試験の拠点に名古屋空港とともに使用されることになっています。昨年末からMRJ向けの格納庫の工事が始まり、年内には完成予定とか。

格納庫の工事が分かるかな?と期待し、祝日の昼間、久しぶりに北九州空港に出かけてみました。

Img_5977

駐車場に着いてみると、青空にいくつかの飛行機雲。

ここはちょうど西へ向かう航空路V28(Y28)の真下にあたり、上海方面への飛行機が上空を良く通過していきます。

Img_5978

来週2月21日には今年も北九州マラソンが開催されます。その告知が空港にも。

Img_5982

展望デッキに上がると、SFJ80便が出発していくところ。

こちら側をみても飛行機雲がたくさん。

Img_5986

最古参となっているJA05MC。

そろそろ新造機の話題が欲しいですねぇ…

Img_5979

展望デッキから北側(貨物機が停まる0番スポットの向こう)を見ると、なにやら重機が動いて整地をしているような…

Img_5992

歩いてターミナルの北側まで行ってみると、確かに以前は残土の山のようになっていたところが整地されています。

Img_5991

エプロン(駐機場)の工事中という看板。

貨物駐機場増設決まる 「集荷促進に弾み」と歓迎

今年度、貨物機用のエプロン増設の予算が付き、こちらの工事も進んでいるはずなので、目の前の工事現場がどちらなのかはよく分かりません。いずれにせよ、見渡せる範囲が全てエプロンなど航空施設になるとすると、ずいぶん充実する感じです。

欲を言えば(前も書きましたが)、北側エリアの一角を公園として整備するとかして、ファンが飛行機を見られるようにして欲しいですね。滑走路北側は現状近づけませんので。

Beer

記事と関係ないですが、春めいてきたビールの缶と、猫飼いと知ってかいただいたバレンタインのプレゼントの一部。

2016年2月 7日 (日)

北九州スタジアムのスタンドの鉄骨が立ち始めました

2月に入り、プロ野球各球団やJリーグ各チームもキャンプイン。

Img_5967

今月末の今年の開幕には間に合いませんが、来シーズンに向けて、北九州スタジアムの工事も進んでいます。

Img_5969

少し前は、コンクリートの鉄筋の工事が見えていましたが、上部のスタンド部分でしょうか?鉄骨が組み上がりつつあります。

Img_5972

前の道路は大きな変化はありませんが、路肩部分の整備が進んでいるようです。

Img_5965

21日には今年も北九州マラソンが開催されます。

国道199号線や小倉駅北側は交通規制がかかりますのでご注意を。

Img_5975

うちからほど近いところにあるスーパーハローデイ

Img_5974

以前は2階に本部があったのですが、近くに立派な本社ビルができて、現在2階は閉鎖中。

Img_5973

3月でいったん閉店して建て替えるようです。

古い建物ですし、本社機能を移したら建て替えるというのは既定路線だったのでしょう。新店舗は楽しみではありますが、コンパクトにまとまっている今の店舗が好きというのは妻の意見。

ちょっと困りそうなのは、近くにあるもう一軒のスーパーも閉店の噂があること(こちらは某コンビニになると聞きました)

最寄りの店舗に送迎バスを検討というのは、お得意様が逃がさないほかに、近隣に「買い物難民」を出さないようにという意図もありそうに思います。創業の地から、「暮らしていけない」と逃げ出す人がでるのは本意でないでしょうし。

Img_5954

エクスプレス予約を使うためにJ-WESTカードを持っていますが、毎年中途半端にポイントがたまります。

Img_5957

今回は、たち吉に製作を依頼したという、北陸新幹線W7系がデザインされたマグカップに交換してみました。

2016年2月 4日 (木)

"BOSS"の北海道新幹線編CMが熱いなど

気がつけば立春。

というのにはややウソがあり、節分の昨夜は我が家でも「恵方巻」が食卓に上がり、南南東を向いて食したのでした。

「宇宙人ジョーンズ」シリーズの続くサントリーの缶コーヒー"BOSS"のCMも北海道新幹線編となり、北海道まで新幹線が繋がることが全国にPRされるようになりました。(JR北海道や東日本のCMは当地では流れませんから)

この中に60秒版が収録されているのでよく見ると、青函トンネルの工事シーンがあったり、『津軽海峡・冬景色』を歌う石川さゆりと、『函館の女』を歌う北島三郎が登場するなど、相変わらず豪華です。

青函連絡船時代を懐かしむさゆりさんと、(トンネル工事に携わったという設定で)新幹線の登場を心待ちにするサブちゃん。特にサブちゃんは、知内町出身とのこと。新幹線駅こそできませんが、モロに海峡線沿線の出身ですからピッタリですね。

Shinkansen

新幹線に関しては、東海道・山陽新幹線の乗車システムのブラッシュアップが発表されました。現在のように専用のICカード(EX-IC)を用意しなくても、手持ちの交通系ICカードとクレジットカードを紐付けして、乗車できるようになるのだそうです。来年夏に導入予定。(リリースはこちら

カードの種類を問わず現在のEX-IC並みのお値段になるのか?現在のように特定のカードでないとダメなのかが気になります。

もう一点懸念があるのは、紐付けられたICカードを忘れたとか間違えたとき。その場で変更できたり、購入に使ったクレジットカードがあれば発券できるというのならいいのですが…

Nosta

以前の記事でも紹介した、昭和30-40年代をイメージした観光列車「みまさかノスタルジー」。

栓抜きが装備されることが発表されていましたが、予想通り、びんジュースの自動販売機が岡山と津山の駅ホームに設置されるとか。

A380_sky

ANAがA380を3機購入することを正式発表しましたが、正直かなりビックリするとともに心配しています。ハワイ線に使うとのことですが…

写真は、スカイマークに渡るはずだった完成済みの機体。この記事の中で、「買い手を探している」とされている奥の機体です。

スカイマークの主要な債権者であるエアバスとの関係を考えればやむを得ないかもしれませんし、エアバス自身、A380の売れ行きはこのところ芳しくありませんから、機体が宙に浮いてしまうのは何とか避けたかったでしょう。

Img_5946

でもなー、B747-400を退役させて、747-8は購入してないANAですからね。A380は持て余すと思うんですよね。3機でハワイ線限定では効率も悪いし。

とはいえ、国内航空会社のA380でハワイに行けるのなら行ってみたいなとかいうふうにも思うのでありました

2016年2月 1日 (月)

和布刈神社(めかり神社)に行ってきたのです

正月は実家の最寄りで初詣、そのあと私は伏見稲荷にも行きましたが、そういえばこっちでどこにも初詣らしいところへ行ってないねという話になりました。

Img_5935

ドライブがてら、関門海峡に面した和布刈神社へ。

公式サイトはこちら。やはり読みづらいようで、高速道路や山上の公園は「めかりパーキングエリア」「めかり公園」とひらがなです。

Img_5933

手水のところに、「釣り道具を洗うな」との注意書き。

Img_5932

改めて見ると、本殿の遠景を撮った1枚にも、釣り竿が写っています。釣り場としても良い場所ですよね…

まぁ罰当たりにならない程度に

Img_5940

本殿側から鳥居と関門橋を見たところ。

鳥居の先に階段があり、海辺の岩場に降りられます。ここで旧暦元日の早朝、ワカメの新芽を収穫して神前に供えるのが和布刈神事。ここのワカメ、昔は朝廷に献じられていたそうです。

Img_5938

海側から本殿を見上げたところ。

種明かしをすると、「和布」はワカメのこと、ワカメを収穫することが和布刈(めかり)、それがそのまま神社の名前になっています。古の人は、流れが変わる海峡と、未だ寒い中芽吹くワカメに不思議な力を感じていたのでしょう。

Img_5936

神社とは関係ないですが、対岸をみると下関導灯が眼に入りました。周防灘側から西向きに海峡に入る船はこの明かりに従います。

神社だけでなく、様々なものが海峡を見守っています。

Img_5941

「海洋散骨」「人形供養」という新しい取り組みを見つけました。

散骨は故人の埋葬・供養のひとつの形。海峡に臨む神社らしい。

人形供養のほうは、webを見るとぬいぐるみや鯉のぼりなどもOKとか。供養のあとは「里親募集」「児童施設へ寄付」といった形で第2の人生を送ってもらうこともあるようです。

Img_5942
Img_5943

ふぐ(ふく)の形の張り子におみくじがついているものを妻が購入。裏には「一年幸ふく」の文字が。

Img_5945

「珍しい」とペット用のお守りまで購入。うちの猫の首輪に。

伝統ある「和布刈神事」だけかと思ったら、意外と商売上手?散骨や人形供養はwebで申し込みも出来るようですよ。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

無料ブログはココログ