« JR西日本の関西圏は来春新駅と駅改良が目白押し | トップページ | 年末に、いつものところを一回り »

2015年12月29日 (火)

駅舎の簡素化された日田彦山線志井駅を利用してみた

仕事が入る可能性があり、遠出は無理な年末の1日。

近場で普段行かないところへいってみました。

Img_5424

西鉄バスで向かった先はJR日田彦山線の志井駅(以前の記事にも書きましたが、北九州モノレールの志井駅とはかなり離れており徒歩連絡は困難)

「駅舎がなくなった」という噂を聞き、気になっていたのです。

Img_5430

おおっ、手前の電話ボックスのほうが堅牢ではないかと思わせるような駅舎、いや待合室といったほうが良い建物が。(以前の駅舎はこのブログなどにあります)

ローカル駅にこそ、電話ボックスは欠かせませんなぁ。

Img_5431

内装は「竹のような人工素材」かと思いましたが、節の位置がバラバラでしたので、かなり塗装されてはいますが「ホンモノの竹」だろうと結論づけました。タケノコで有名な合馬が近いですしね。

きっぷを回収する箱はありますが、券売機や乗車証明の発行機などなく、雨風がしのげるだけです。時刻表・路線図とともに、乗り方の案内の掲示くらいあってもいいんじゃないでしょうか?

Img_5434

跨線橋に上がってみました。石田・城野方面を眺めたところ。

奥の高架道路は九州道。線路は単線になってその下を通っていきます。写真では分かりませんが、左奥は開発され住宅街が広がっています。

Img_5435

反対側(石原町・田川後藤寺方面)を見ると、カーブの先まで構内が続いています。昔は長い列車が行き来していたんでしょうね。出発信号がホームのすぐ先にありますので、現在この有効長を使い切ることはできません。

Img_5436

城野方面のホームには、「2」「4」のあと「8」という停車目標までありますが、さすがに使うことないですよね…

Img_5437

ホームの端まで行ってみると、アラ?降りられますね。

Img_5438

階段はご丁寧に手すり付きで、手前にもこまかな砂利を入れた形跡がありますから、どうやらこちらの小道(先に書いた住宅街にはこっちのほうが近い)からの出入りを容認しているようですね。

写真は載せませんでしたが、ホーム反対側の小道との出入りも容易で、(形だけであっても)通行を禁ずるような掲示もありません。こんなオープンな駅珍しいなとか、「跨線橋要らないじゃん」とかいろいろと感慨が…

Img_5443

小倉行きがやってきたので乗り込みます。

Img_5444

キハ147形の車内は相変わらず昭和の雰囲気でした。

« JR西日本の関西圏は来春新駅と駅改良が目白押し | トップページ | 年末に、いつものところを一回り »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR西日本の関西圏は来春新駅と駅改良が目白押し | トップページ | 年末に、いつものところを一回り »

無料ブログはココログ