« 最後は幡生で「トワ色」と「大サロ」 | トップページ | 北九州スタジアム(仮称)の工事現場を海側から見てみた »

2015年12月12日 (土)

北九州市漫画ミュージアム 『描く!』マンガ展を見てきた

午前中、小倉駅方面へ。

Img_5271

街路樹の葉もかなり落ち、いよいよ?冬模様。

Img_5270

前からポスターが気になっていた北九州市漫画ミュージアムの企画展に足を向けました。

Img_5269

あるあるCityの2階には、ギラヴァンツのオフィシャルショップができていました(営業は昼からのようで訪問時には閉店中)

今後、新スタジアムができるとそちらに移動するかもしれませんが、電車で応援に来る人にとってはスタジアムまでの通路にあたる場所ですので、ここも悪くないかも。

Img_5275

入館してエスカレーターを上がりかけて、500系エヴァンゲリオン新幹線を紹介するパネル展示があることに気づきました。

Img_5276
Img_5280

漫画ミュージアムの企画展は5階。

Img_5277

最初に展示されている、手塚治虫ら巨匠の原稿等の展示は撮影禁止ですが、そのあとの現在も活躍されている作家の作品は撮影可です(フラッシュ禁止、何故か動画はダメと言われました)。

その点の許可をいただけた作家・出版社のものを展示したとみることもできます。

とりあえず初っぱなのゴルゴ13の表紙や原画がドーンと一面に展示されたものを1枚。

Img_5278

田中圭一氏による、各作家の作品の特徴や、作画の手法の解説が付いています。博物館らしく学術的。

普段何気なく読んでいる漫画ですが、線一つとってもいろいろな描き方があるのだなぁと、絵心のない私には新鮮でした。

Img_5279

ついつい読み込んでしまう展示も多く、すぐに時間が過ぎます。最後にはデジタル作画のソフト・ハードの展示(宣伝?)もあって、歴史の時間軸に沿った展示も意識しているようです。

少女漫画の作品もあったので、妻を連れてくると喜ぶかなぁ…

Img_5282

漫画ミュージアムのあとは、未だ通行可にならない新しい砂津大橋のほうへ。対岸の整備がもうちょっと進まないと無理かな。

立っている場所が以前道路であったことが、ペイントから分かります。

個人的には、一時的に東行きだけ新しい橋に移る時期があるのではないかと期待しています。

« 最後は幡生で「トワ色」と「大サロ」 | トップページ | 北九州スタジアム(仮称)の工事現場を海側から見てみた »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後は幡生で「トワ色」と「大サロ」 | トップページ | 北九州スタジアム(仮称)の工事現場を海側から見てみた »

無料ブログはココログ