« 北九州モノレール「モノレールまつり」に行ってきた | トップページ | 小文字歩道橋、撤去されましたね »

2015年11月 4日 (水)

北九州モノレールの改札機にQR乗車券対策の変更が

北九州モノレールに10月から導入されたICカードとQR乗車券。ICカードは当地でもJRや西鉄バスが導入済みですので今や目新しさはないですが、QR乗車券は磁気券と通過方法が異なるため、改札前で戸惑いをみせる方も多いです。

その関連で、モノレールを降りる際、QR乗車券を回収口に入れなかったらどうなるかという実験をしてみました(正確に言うと結果は分かってるのをちゃんと撮った)。

Img_2711
Img_2715

そのまま行くと、扉が閉まり、きっぷはタッチするだけでなく回収口に入れろと表示されます。タッチせずに進んだら違う表示になるのかなぁ?それをやる勇気はありませんが

先行してQR乗車券を導入した沖縄の「ゆいレール」は改札機に投入する義務はないようで(回収箱が置いてあるだけとのこと)、この「北九州方式」には面倒だという声も…

Img_4897
Img_4896

そんな新システムに、早くも改善の試みがみられました。

QR乗車券をかざす部分に「紙のきっぷはここ」「白い側を上にしてかざす」(QRコードのある側を下にしないと読み取れません)という表示が目立つ色で追加されました。

出場側には回収口に投入する案内も。

さぁ、これで不満や戸惑いが少しは減るでしょうか?

気を取り直して、この間の週末と、「モノレールまつり」前後に、徳力嵐山口~志井あたりでロケハンしてきた写真から。

Img_2669

この区間はちょっとした山越えで、堀割状になった道路の上をモノレールが走っていきます。

メーテルが迫ってくる、「銀河鉄道999」ラッピングの10編成を、道路から一段高い歩道橋より。モノレール小倉駅乗り入れにあわせて新造された編成です。

Img_2685

ちょうど最高点あたりを走る、「井筒屋」ラッピングの04編成。

Img_2740

「九州ポリテクカレッジ」ラッピングの09編成。

軌道の南側には、目の前に編成をみることができるところも。

Img_2744

「福岡銀行」ラッピングの07編成。

Img_2752

「年長者の里」(老人施設)ラッピングの01編成。

徳力嵐山口を出たところのカーブが見下ろせる位置に公園があり、誰も遊んでいないのをいいことにすべり台の上から撮影させていただきました。脚立があればクリアできるかな、という高さのフェンスあり。

Img_2695

続いて、志井駅ホームにて。

停車中の「北九州市立大学」ラッピングの02編成。

Img_2808

徳力嵐山口からきた「ハレピョン」(NHK北九州放送局のマスコット)ラッピングの08編成。

下り坂からカーブして進入してくるので良い感じに撮れます。

Img_2701

企救丘から来た「北九州銀行」ラッピングの06編成もこんなふうに。

こうして一通り撮ってみると、ラッピング部分の色と、元の塗色(足元の帯の色)が同系統になるように配慮されていることが分かります。出稿する会社と、広告代理店と、モノレールの間ですりあわせをするんでしょうね。コーポレートカラーがあればそれ優先、そうでなければ使用できる編成から基本となる色を決める、とか。

例えば、福岡銀行と北九州銀行が逆になったら大変です

Img_2704

最後は駅のちょっとした変化。

最近、全駅統一の場所に、車いす用のスロープが整備されています。

« 北九州モノレール「モノレールまつり」に行ってきた | トップページ | 小文字歩道橋、撤去されましたね »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州モノレール「モノレールまつり」に行ってきた | トップページ | 小文字歩道橋、撤去されましたね »

無料ブログはココログ