« ソニーが「ベータ方式」のビデオテープ販売終了を発表 | トップページ | nimoca, SUGOCAが宮崎にやってきた(JR九州編) »

2015年11月14日 (土)

nimoca, SUGOCAが宮崎にやってきた(宮交バス編)

今日は宮崎日帰り。

かなり前に決まっていた出張なのですが、ちょうどこの日から宮崎地区で交通系ICカードが使用可能になるとの情報(宮崎交通バスがnimoca導入、JRはSUGOCAのエリア拡大、相互利用も可能)

これは出張のときの気兼ねが減ってありがたい。

せっかくなので初日の様子をレポートさせていただきます。

Img_5003

先週末に続いて早朝の小倉駅新幹線ホームへ。

博多行きの始発になる「こだま851号」に乗車。

Img_5005

早朝地震がありましたが、新幹線・福岡市地下鉄は遅れることもなく、スムーズに乗り継いで福岡空港へ。

宮崎行きは第1ターミナルです。

Img_5006

福岡空港第1ターミナルは、少ない搭乗口→共通の通路→バス搭乗を含む多くのスポットという繁雑な経路なため、搭乗券のチェック後にこのようなカードを渡されます。

Img_5007
Img_5011

この便はバス搭乗。バスの出発を待っていると、隣ではJAC便の案内中。

搭乗券とは別のこのカード、間違ったり紛失したりということは起こらないのかと、少し不安になります。

Img_5013
Img_5014

出発時、少し変わった体験をしました。

一度滑走路を横切って国際線ターミナル側に行き、そこから北に回って滑走路端へ。

滑走路は開いているけど、第2ターミナル側でプッシュバックしていて誘導路がふさがっているとか、そういう状況だったのでしょうか?

Img_5017
Img_5019

ANAはスターウォーズペイントの機材を飛ばしていますが、Dash8の機内サービスもスターウォーズ仕様になっていました。

Img_5021

宮崎空港到着。

タラップを降りて、地上を歩き、PBBの「口」に繋がる階段を上がってターミナルに入るという経験をしました。

Img_5024
Img_5025

空港到着後、目的地まで宮崎交通バスを利用します。

空港のバス乗り場には、特にnimoca導入の宣伝や案内を見かけませんでしたが、バスにはnimocaほか相互利用可能なICカードのステッカーが。

宮交バスには先行して「宮交バスカ」が導入されていますが、こちらは独自仕様で相互利用不可。そのため、移行期間を経てnimocaのみになるようです。タッチする場所がnimocaと宮交バスカでは異なるのでご注意を。

Img_5029
Img_5028

午後、一段落したところで、もう一度バスに乗って宮崎神宮方面へ。

空港や駅といったターミナルと関係ない乗車になりましたが、来たバスに飛び乗って思いつきで降りても運賃の心配をしなくていいのはICカードのメリット。「前払い」「後払い」いずれにも対応しやすいですし、慣れない街でバスが利用しやすくなるのはいいことです。

一の鳥居のそばにある「栄養軒」さんでラーメンをいただきました。豚骨なのですが、福岡で食べ慣れたものより優しい味わいでした。

Img_5031
Img_5035

参道を歩いて、宮崎神宮に参拝しました。

Img_5033

最近色々とあったので、厄除けや交通安全の願いを込めて…

後半はSUGOCAが導入されたJRに乗ってみます。

« ソニーが「ベータ方式」のビデオテープ販売終了を発表 | トップページ | nimoca, SUGOCAが宮崎にやってきた(JR九州編) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソニーが「ベータ方式」のビデオテープ販売終了を発表 | トップページ | nimoca, SUGOCAが宮崎にやってきた(JR九州編) »

無料ブログはココログ