« 北九州モノレールは本日からICカード、QR乗車券での利用に | トップページ | 子供とモノレール+在来線で帰省してみたの巻 »

2015年10月 4日 (日)

新しい自由通路が完成した新山口駅へ

新山口駅の近況については、先日の記事昨年の記事とあわせて読んでいただくと分かりやすいと思います。

Img_4648_2

昨日10月3日から、新山口駅の新しい自由通路が供用されました。わんこを見に行くことにかこつけて子供と実家に行きましたので、帰り際に両親と新しい駅を見て回りました。

Img_4671

2日まで使われていた在来線口改札(仮設)は役目を終え、閉鎖されていました。残された旧駅舎も間もなく撤去されることでしょう。

Img_4672

北側の駅前駐車場からアプローチ。駅は右側ですよと。

Img_4673

エレベーターを使わない場合、右側の階段(写真では切れてしまいました)までグルッと回る必要あり。

Img_4674

階段の垂直な面が金属板でキラキラしていてまぶしい…

Img_4675

デッキに上がったところから駅前ロータリーを望む。

たいしたものはありませんが、この方向から見たことがないので新鮮です

Img_4676
Img_4677

在来線改札と、その手前にあるセブンイレブン。

構内と、自由通路両側にセブンが展開しました。

在来線改札は広くて明るいですがちょっと殺風景。自由通路を介して新幹線改札に直接行けるようになったため、券売機などが簡素化され、また、EX-IC利用時の入場用カードリーダは設置されていません。

Img_4680
Img_4683

一部が壁面緑化された自由通路。

線路に面した側がガラス張りで、列車もよく見えますが、残念ながらトラフィックがさほど多くないのです

Img_4682
Img_4686

新幹線改札の位置は変わりませんが、新幹線口側の在来線改札は集約されて撤去されました。

子供が帰省するときにEXきっぷを持たせたことがあるのですが、両親に聞くと、EXきっぷでは乗換え改札の自動改札機が通過できなかったとのこと。在来線に乗れないきっぷですから致し方ないですが、在来線口に出る乗客には厳しい設定です。EXきっぷの設定時から今回の構内更新を見越していたのか?

以前は駅員に見せて乗換え口を通り、在来線口から出場できたようですが、今後はEX-ICやEXきっぷでは新幹線改札から入出場するのが原則になりそうです。新幹線専用のきっぷで、「趣味で」いったん在来線構内に出るのをどの程度許容してもらえるか… 不正の温床にもなりかねないので難しいところです。

両親と子供と一緒に来たことで、今後新幹線で帰省したときの待ち合わせポイントが確認出来たのは収穫でした。

Img_4687

今回もEXきっぷを発券して新幹線構内へ。500系の「こだま」

Img_4688

2-2の指定席に子供2人を含めて3人ですからどうしようと考えましたが、車両端の「ひとりがけ」に気づいたのでそこを指定。

Img_4689

乗ってみると、もともと2-3の並びだった車両に2-2のシートを並べたため、車端部に「ズレ」が生じているのが分かりました。動線を確保するために1席削ったんですな。

Img_4690

一人の気楽さはありますが、どうも隣の無機質なこいつが気になって落ち着きませんでした

« 北九州モノレールは本日からICカード、QR乗車券での利用に | トップページ | 子供とモノレール+在来線で帰省してみたの巻 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州モノレールは本日からICカード、QR乗車券での利用に | トップページ | 子供とモノレール+在来線で帰省してみたの巻 »

無料ブログはココログ