« B787-9で行く東京(後編) ~ダッフィージェットを撮影 | トップページ | ダッフィージェット@北九州空港 »

2015年8月 6日 (木)

「ドリカム新幹線」を新鳥栖駅で見てきたのです

ちょっと間が開きましたが、前回の記事には続き(おまけ)があります。

そのまま小倉に戻るにはちょっと早いので、8月末まで運行される「ドリカム新幹線」を見に行くことにしました(運用はこちらから確認出来ます)

Img_3608

時間に余裕があったので、福岡空港新ターミナルビル整備に関するパネル展示をチラ見。

Img_3609

現在3つのターミナルビルに分かれているのが集約されるほか、地下鉄駅から出発ロビーへ直結するエスカレーターが整備される予定とのこと。

現在、地下鉄改札からターミナルビルまでの動線はゴチャッとしていて狭いので、このとおりになれば素晴らしいです。

Img_3623

さて、目的のドリカム新幹線は、久留米か新鳥栖か迷ったあげく、九州新幹線開通に伴って開業した新鳥栖で撮影を試みることにしました。

鳥栖駅ホームから、サガン鳥栖のホームスタジアムであるベストアメニティスタジアムが目の前に見えました。これは駅から近い。

ギラヴァンツの新スタジアムも駅に近いですし、新幹線からよく見えると思います。

Img_1541
Img_1542

鳥栖から1駅で新鳥栖に着きます。九州新幹線と長崎線の交差する位置に新駅が整備されました。

乗ってきた各停の直後に「みどり・ハウステンボス」が通過、ではなく停車。新幹線連絡を意識して、特急も全て停車するようになっています。

Img_3627

割り切っていて面白いのが、在来線(手前)と新幹線(奥)を乗り換えるのに必ず改札外に出る必要があること。

自由通路を確保しつつ乗り換えの便をはかるには、こういうつくりもありですね。本来途中下車出来ない乗車券で改札外に出られてしまうという問題はありますが、駅前には何もないのでまぁいいか

FGT開発も遅れており未だに全体像が見えませんが、万が一全線フル規格で長崎新幹線が開通した場合には鳥栖から先を経営分離するという布石だったりして… まさかね

Img_3629

こちらは新幹線改札。ドリカム新幹線のポスターあり。

Img_1548

新鳥栖は上り・下りとも待避線のある2面4線の立派な駅。

「さくら408号」がドリカム新幹線のはずですが、この角度だと普通の800系に見えます。

Img_1549

側面を撮らないとマーキングは分かりませんね。

Img_1552

新幹線コンコースに「有田焼で焼いた」N700系の展示があって、思わずカッコイイ向きで撮れないかトライ。

« B787-9で行く東京(後編) ~ダッフィージェットを撮影 | トップページ | ダッフィージェット@北九州空港 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« B787-9で行く東京(後編) ~ダッフィージェットを撮影 | トップページ | ダッフィージェット@北九州空港 »

無料ブログはココログ