« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の19件の記事

2015年8月31日 (月)

安岡駅でトワイライトエクスプレスを見送るの巻再掲

先日の記事の補足。下関経由で安岡へ。

Img_1936

少し時間に余裕があったので、一度幡生(はたぶ)駅でホームに降りたって散策。

奥は車両センター内で解体を待つ「末期色」(115系?)。手前は最初「何系?」と目を疑いましたが側面を見ると115系。中間車両に運転台を付けて先頭車に改造したものと思われます。

Img_4107

さて、安岡駅に到着。

幡生から3駅、下関から4駅ですからまだ「山陰」にはほど遠い。

Img_4111

無人駅ですが自動券売機とデジタルサイネージがあります。

グルグル広告が回るだけなのか、それとも何かあれば運行情報などに切り替わるのか?

Img_1937

トワイライトの1本前の普通列車(875D)。

線路がまっすぐなので、ホームからの見通しも良いです。

Img_1954
Img_1962

トワイライト到着。

Img_1965

トワイライトが安岡に運転停車するのは、868Dとの交換のため。

Img_1967

このくらいの人数でのんびり見送りました。

Img_4120

トワイライトの次に下関に向かうのが「みすゞ潮騒」(8825D)なので、図らずもこれにのって移動することに。

2両編成のうち1両は海側に座席が向いた展望車両ですが、1両は自由席で普通のセミクロスシート。各駅停車ですし、観光列車というだけでなく普通に生活の足になっている様子でした。

安岡より北側の駅でトワイライト撮ってきたでしょ?という人もチラホラ…

Img_4123

下関では6番乗り場に到着し、折り返して新下関まで行きます。観光列車ということで新幹線接続を意識した運用になっているようです。

2015年8月30日 (日)

ダッフィージェット3号機やら「山陰コース」のトワイライトエクスプレスやら

(私には直接関係ないですが)夏休み最後の日曜日。

前夜JALのサイトで、朝一番のJAL371便でハッピージャーニーエクスプレス(ダッフィージェット)の3号機が来ることを確認。FR24アプリにセットしたアラームで目が覚め、雨が降っていないので「朝練」への出撃を決意。

Img_4068

北九州空港までの道中で、先日の台風の傷跡を発見。

Img_1834
Img_1839

定刻より少しだけ遅れて予告通りJA341Jが到着。

Img_1866
Img_1879

折り返しを待つ間に、FDAの8号機、ティーグリーンのJA08FJが名古屋から到着。カラフルになりました。

FDAのもう1便は夜になるので、この時間に通うのがいいのでしょうが、なかなかマメに行けません。今回8号機が撮れて、福岡や静岡で見たのと合わせると一通りの色は撮れたかな。

Img_1887
Img_1900

JA341JはJAL372便として出発していきました。格納庫横ならダッフィーのマーキングが間近に見えます。

不思議なのは、3号機だけJAL EXPRESSのロゴが残る機材が選ばれていること。ダメとは言いませんが、すでにJAL本体に合併されその社名はありません。あえて旧名が残る機材を選ぶ理由はあるのか?と。

このマーキングの終了時期と、ロゴの変更を含む整備の時期が一致するとか、そんな理由を思いつきましたが真相はいかに…

Img_1903

見慣れないヘリが来た、と思ったらドクターヘリでした。少なくとも急患の搬送中という様子ではありませんでしたので、給油?

Img_1911Img_1916

JA08FJも出発していきました。少し日が差したり、また元のように曇ったり…

Img_1950

朝練終了後、家族で出かけることになるかなと漠然と思っていたら、子供3人のうち2人は約束あり、上の子は母親と買い物、ならば私も単独行動で…

山陰コースのトワイライトエクスプレスをまだ見ていないなと思い、安岡駅に行ってみることにしました(時刻はこちらのページを参考にさせていただきました)

Img_1961
Img_1964

他に撮ってきたものについてはおいおい報告します。

2015年8月29日 (土)

虫やら鳥やら小ネタばかり

雨模様で特にお出かけもない週末。

本当は台風の後片付けをしたり、畑の畝を秋向けに作り替えたりしたいんですが仕方ない。

今回は台風の前に撮った写真ばかり紹介します。

Img_3878

妻が悲鳴を上げた、キアゲハの幼虫に食べ尽くされそうになっているパセリ。

今シーズンは幼虫の姿を見ないなーと思っていたら、あるとき一気に来ました

Img_1736

ちょっと変わった姿を見つけたのがコレ。

噂の?脱皮した皮を食べちゃうというアレのようです。

Img_1753

さて、空港での写真に移ります。

フェンス周りの枯れ草にとまる赤とんぼを1枚。

Img_1784
Img_1786

スイーっと、鶴丸さんには負けませんよ。

…と、アオサギさん

Img_1801

22日もマンダリン航空のチャーター機は特別塗装(スペマ)。

最初に見たときもどうも違和感あったのですが、窓と「日月潭」が重なって読みづらい。なんで窓で隠れる(切れる)ところにロゴやキャラクター配置したんでしょうね。可哀想に片眼になっちゃってますよ。

窓やドア、消せない標示といったものの配置を把握した上でデザインするもんだと思いますが、これでOK出ちゃうのはお国柄?企業風土?

2015年8月26日 (水)

台風15号の強風で庭木に被害が…(備忘録的に)

久しぶりに台風の直撃を経験しました。今の家に住み始めてから6度目の台風シーズンですが、その中では間違いなく最強です。

鉄道などへの影響が残る中、被害というにはおこがましい程度ですが、備忘録として今朝写真を撮って回りました。

昨日25日、早朝から風の音が強くなり、目が覚めてしまいました。

JR、西鉄バスに加えてモノレールも動かないことになりましたので、「台風だから休み」というわけにいかない私は、車での出勤を少し早めようと考えていました。

Img_4020

6時半頃、気づいたのがこれ。強い東風で早くもオリーブが倒れてしまいました。

どうも高さのわりに根が弱いようで、以前、風で少し傾いたことがありました。庭に手を入れるときに確認してもらったり、枝が茂りすぎないように意識的に枝をはらったりしていたんですが、持ちませんでした。

Kimg3072

家のことが気になりながらも出勤。都市高速が通行止めになる中、渋滞も覚悟しましたが、出勤を控える人が多いのか道はまずまずスムーズ。

折れた枝や飛んでいったゴミ箱などは多数見かけましたが…

Movie0
Movie1

職場近くで、普段の静かな水面とは全く異なる姿の船だまりを車内から撮影(動画から切り出し)。写真の向こう側は新日鉄住金の製鉄所ですが、雨と波しぶきで良く見えません。

結局、職場の駐車場から建物まで移動しなければならないタイミングが最も雨が強く、濡れました…

今回当地には早朝から午前中の襲来が予測されたため、前日から交通機関の運休情報が出始めました。特にJRと西鉄が始発から全面運休すると早々にアナウンスしたので、不要不急の外出が避けられ、交通トラブルに遭った方は少なく済んだのではないでしょうか。逆に朝は動いていたのが夕方止まると、帰宅困難者が多数出てしまいますから。

Img_4032

一夜明けて一回り状況を確認。

オリーブはポストのこちら側まで枝が倒れ込んでいましたが、夕方までに妻と長女の尽力で、通り道の邪魔にならない程度に修正済み。

Kimg3070

出かける間際に撮影したものがこれですから、だいぶ頑張って持ち上げてくれました。

左のシマトネリコには目立った被害なし。

Img_4034

右のコニファーが左に傾いたのは倒れたオリーブに押されたのでしょう。左のコニファーが右に傾いたのが、風向きを考えると妙な感じです

Img_4038
Img_4039

今年の「緑のカーテン」は朝顔がメイン(一部実生のゴーヤ混在)。上に伸びたところを遠目に見ると、何事もなく花を咲かせているように見えますが、近くで見ると葉っぱはズタボロです。

Img_4040

足元を見ると、かわいそうなことに根こそぎです。ネットをしっかり固定しておいたつもりでしたが、もたずにネットごと引っ張り上げられたのでしょう。茂れば茂るほど風をまともに受けてしまいますから皮肉なものです。

Img_4037

右のカリンはかなり葉を落とし、(今年は少なめで)3つ4つあった実は全滅。

左のカボスは1つだけの実が大丈夫かとヤキモキしていたのですが、幸いなことに無事でした。

Img_4041

菜園のナスとトマトが無残な姿に。

仕舞うタイミングを考える時期ですし、あまり未練なし。

オリーブは傾きを直すにしても撤去するにしても業者に頼まないと無理かな…

2015年8月25日 (火)

公衆電話の料金再確認、と、「188」「189」の中身はナビダイヤルと気づいた件

Img_0482

突然ですが、最近公衆電話を使ったことありますか?どこにあるか思い出せます?そして、10円で何分話せるかご存じですか?

Kimg1387

先日の夜、娘が夏祭りに出かけていきました。携帯を持っていないので、終わったときにどうするのかと妻に確認しました。

妻「会場近くに公衆電話があるのを娘も知ってるから、終わったらそこから電話するように伝えてる。お小遣いと別に10円玉渡したよ」
私「10円でどのくらい話せるか知ってる?」
妻「3分じゃないの?」

Img_3007

いえいえ、公衆電話は設置コストと携帯電話普及による利用減を理由に、約20年前に(市内の場合)1分10円に値上げになっています。最近、消費増税に合わせて話せる時間が少し短くなったようですが、だいたい1分。

妻は念のために10円玉2枚渡したから大丈夫と楽観的。

Img_1513

花火の音が終わってしばらくして、妻の携帯が鳴りました。

私「え、携帯なの携帯だと多分もっと短いよ」

予想通り、残念ながら最初の通話で具体的な待ち合わせ場所を決めることはできなかったようです。

あと10円。1回目の通話時間を踏まえて対応を…

Img_1930

もう一度携帯に着信がありました。

妻「いい、すぐに切れると思うから聞いて。〇〇スーパーの前で待ってて。迎えに行くから」

このあたりの切り替えはさすがです。娘のほうもすぐに切れるという認識があったようで、ちゃんと待ち合わせることができたようです。

Img_0605

公衆電話から携帯電話への通話料金は携帯各社が決めているということで、こちらも調べてみました。公衆電話→AU携帯は時間帯にもよるが10円で11-15秒。

妻には思っているより10円で話せる時間が短いことを伝え、娘には公衆電話からは自宅の固定電話にかけるように指導いたしました。

#ここまでの写真は、何気なく撮った中に公衆電話が写っているものがないかと探した結果。減ったとはいえ、やはり田舎の駅前は定番。高率に写り込みます

Tel188189

電話料金を調べていて気になったのがこちらの一覧。
(bbiq光電話の料金です。引用元はこちら

最近追加になった3桁特番。188と189だけ料金が明示されず、NTTコミュニケーションズって書いてあります。

Caa_logo
188_350

まず、188は、「消費者ホットライン」

経緯はこのリリース(pdf)などに書かれていて、予想通り元々は0570から始まるナビダイヤルであったようです。それを3桁特番で置きかえただけか…

ナビダイヤルについてはかなり以前に記事にしましたが、できれば回避方法を知っておいたほうが良いです。

検索する余裕があれば、こちらで消費生活センターの検索ができますし、次の番号も公開されています。

188188_350

電話代のことを考えると、地元の連絡先が分からない場合に初めて188をダイヤルするのがお勧めです。

189_350

もう一つ増えた特番が、最寄りの児童相談所に繋がる189。

こちらも、以前は0570から始まる番号です。

189_700

幼子の生命に関わる可能性もありますので、とっさの時はこの番号にかけていただいていいと思います。

余裕があれば、こちらに児童相談所の一覧があります。地元の児童相談所を確認して直接電話するほうがお財布には優しいです

検索してみると、「20秒に10円ってアナウンスが流れた」などという記事も見つけましたので…

タダとは言いませんから、せめて時報などのサービス並にできなかったかと思います。電話料金が高額になって、別のトラブルを引き起こしていないか心配です。

2015年8月23日 (日)

Googleマップの鉄道・高速道路の更新の遅さには要注意

旅のプランニングに地図は不可欠です。

最近はネットで配信される地図をPCやスマホで見られますから(しかも無料で)、紙の地図の出番はかなり減っています。

この間、仙石線の今年5月30日に復旧した区間を見ていて、各サイトの対応の違いに気づきました。

Chiriin_logo
Nobiru_350

国土地理院謹製の地図で概略を示しますと、津波被害の後、集落の高台移転がまとまった野蒜・東名は内陸に線路を移設しての復旧となりました。

(復旧作業中の2年前に訪れたときの記事がこちら。復旧計画についてはこの記事の後半)

Map_chiriin

同じく国土地理院のサイトから拡大図。

Mapfan_logo
Map_mapfan

続いて、MapFanWebから。拡大するともっと細かい地図になりますが、だいたい同じ縮尺にすることを優先しました。

ここはインクリメントPの地図が元。細かい地図を印刷したいときなどに便利なこともあって、有料版のアプリを使っています。Web版は地図の表示領域が小さくてちょっと、と思いますが、「地図拡大」ボタンを押すと全画面表示になるのでした。

Goo_logo
Map_goo

こちらはgoo地図。地図の提供はゼンリン。

各社の無料web地図の中では、最初から地図の表示領域が大きいので、使いやすく感じます。

Google_logo
Map_google

同じゼンリンの地図を使っているGoogleマップ

オヤ?仙石線の位置が変です。被災前の線路が表示されます。

復旧前に被災前の線路が表示されるのは致し方ないですが、移転復旧からもう3ヶ月になろうとしています。いくらなんでも対応が遅いと思います。

Logo_zenrin
Map_zenrin

同じゼンリンの地図データを使っていてなぜこうも違うのかと思い、ゼンリンが自ら運営しているいつもNAVIも見てみました。

少し拡大した状態ですが、現在の線路だけでなく、以前の線路が一部書き込まれていて泣けてきます(線のあるところはまだ線路が残っているということ?)

新しい駅前は、まだ「街」というにはほど遠い状態であろうということも、地図から伺えます。

私自身、Androidスマホに最初から入っていて、また検索サイトとシームレスに繋がっているGoogleマップを使うことが多いです。しかし、地図更新の頻度という点では、提供元のゼンリン直営のサイトより明らかに更新が遅いし情報量も少ないことに改めて気づきました。

#前から気づいていたんですけどね。まとめたのは初めて。

Hamadadou1
Hamadadou2

道路も似たようなものでして、先日通った浜田の国道9号線バイパス(浜田三隅道路)の今年3月に開通した部分が反映されていません(こっちはいつもNAVIでも表示されないので苦笑。MapFanは対応済み)

細かい街区の更新に時間がかかるのは致し方ないですが、高速道路やバイパス、また新駅の開業といった開通情報の出る「インフラ」についてはできるだけ早めの対応を各社にお願いしたいと思うのです。お出かけ前に確認するところですので。

Googleマップは海外の地図もシームレスに見られるのが一つの特徴ですが、おそらくはそれ故に地図提供元からの定期更新のみで、全国各地(各国?)の「道路開通情報」などをこまめに反映するような個別対応はしていないのでしょうね。

2015年8月20日 (木)

山陰までドライブの巻その5 ~しまね海洋館アクアスにて終了

温泉津温泉からさらに西へ。

Img_3818

江津と浜田の境あたりにある、しまね海洋館アクアスへ。

Img_1656
Img_1650

とりあえず、「バブルリング」のパフォーマンスが有名なシロイルカを。ショーの時間以外でも、ボールをくわえてプールの底でドリブルするように遊んでいたりとか、見ていて飽きません。

Img_1671

アシカもなかなか芸達者。「デッキブラシ」が出てきたら注目です。

Img_1660

チンアナゴ(この黄色い縞のやつは正しくはニシキアナゴ)が珍しく長く体を出していて、2匹仲がいいのかと思ったらこのあとけんか別れ

Img_3793
Img_3796

タコやサメも迫力あります。

Img_1646

9月のシルバーウィークまでの企画のようですが、吉田くんとしまねっこがコラボする「島根を征服!?おいしい魚大作戦!!

Img_3790

いつも展示されている水槽の横に魚を(これはワカメですが)食べる解説が乗っています。「しまねっこをお湯につけると何色に?」とかブラックですわ。

Img_3807

こちらは特別展示室?料理屋とか魚屋の様相になっています。

ある意味水族館では「禁忌」ではないかと思われる魚を食べることの展示。個人的には熱帯魚などのきらびやかな水槽よりも食べたら美味しそうな魚が泳ぐ「実用的な」水槽が大好きですし、魚をおいしくいただくことも文化の一つ。こういう企画はもっとやって欲しいです。

紹介動画を見つけたので貼っておきます。

Img_3816

何かユーモラスなペンギントリオ。

Img_3819

こちらは「野ざらし」状態で横たわるアザラシたち。

アクアスを出て、猫は無事かと気にしながら一路自宅へと戻るのでした。

Sfj10a_350

スターフライヤーはじめ各社の冬ダイヤが発表になりました。今回は冬向けの時刻の微調整のみで、便数などに特に変化はありません。

10周年にあたるということで、特別運賃が設定される日があるようですよ。

2015年8月19日 (水)

山陰までドライブの巻その4 ~白亜の日御碕灯台と温泉津温泉

出雲大社参拝のあと、この日の昼もそばをいただきました。

写真を忘れてしまいましたが、出雲は「割子そば」というスタイルが標準。一人前3枚セットでメニューに載っていますが、実は1枚から好きな量が注文可能です。結構合理的。気に入りました。

Img_3732

さらにひとっ走り、近くの日御碕まで。

途中の道沿いに、NTTの公衆電話と雰囲気の異なる電話ボックスがあって、車内では自殺防止の「いのちの電話」みたいなものではないかと盛り上がりました。

日御碕の駐車場にも同じものがあったのでおそるおそる近づくと「公衆有線」ですと。おそらくはこの地域限定の電話システムか。詳細は分かりませんでしたが、検索すると私と同じように興味を持たれた方がチラホラと

奥に見える出雲日御碕灯台まで行ってみましょう。

Img_3735

この灯台、協力費として200円払うと(小児無料)、螺旋階段で上まで上がれます。

いい天気ですしもちろんGo

Img_3738

全部で163段。この辺まで来るとさすがに疲れてきます

Img_3740

外に出ると、日本海が目の前に開けます。切り立つ岸壁も特徴的。

Img_3741

一つ面白かったのは、この灯台「土足禁止」なんです。我が家の女性陣も皆さん生足で…

Img_3755

青空に白亜の灯台。絵になりますねぇ。

Img_3776

この日は少し西に向けて車を走らせて温泉津(ゆのつ)温泉に投宿。歴史もあり、なかなか雰囲気のある温泉街です。

Img_3780
Img_3779

濃厚な源泉が楽しめる「薬師湯」さん。

ステンドグラスが洒落ているのですが、朝じゃなくて暗くなりかけの頃に撮れば良かったな…

Img_3785
Img_3786

タヌキの湯治が発見のきっかけとされる温泉津温泉。

タヌキの置物などをチラホラみかけますが、巡回するバスもタヌキなのでした。正面の迫力だけでなく、お尻がキュートなのがいいです

2015年8月18日 (火)

山陰までドライブの巻その3 ~美保基地・皆生温泉・出雲大社

家族旅行の報告に戻ります。

皆生温泉に宿をとったので車を走らせます。途中、「あわよくば何か見えるかな?」くらいの気持ちで米子空港(航空自衛隊美保基地)の外周へ。

Img_1597

小型のジェット機がタッチアンドゴーをしているのが見えたので、車を停めてしばし見物。

Img_1606

何とかレジが読み取れたのであとで調べてみると、航空自衛隊のT-400。輸送機や救難機の訓練用だそう。

Img_3686

皆生温泉では、のどぐろの刺身や煮付けをいただくことができました。

Img_3705

さて翌朝、同じように美保基地の横を通って移動開始。

おお、これはいわゆる「象の檻」ですね。知らずに目の前に現れたのでドキッとしました。

何が聞こえるのかは分かりませんが、無線を傍受するのがお仕事の施設です。

Img_1611

通信傍受用のアンテナの向こうにはレーダーサイト。

ここには防空に重要な施設が集まっています。皆生温泉に泊まっていても、スクランブルか否かは分かりませんが、戦闘機が2機飛び立っていくのが見えました。

Img_1614

このあとは再び「ベタ踏み坂」を通り、中海・松江市内を走り抜けて宍道湖の北側へ。

左手に宍道湖、右手に一畑電車の線路という区間が長いです。

Img_1617

妻がガイドブックで、「ご縁電車しまねっこ号」なるものを見つけてました。平日は運用に就かないこともあるようなので電話してみると残念な回答。

本来はこの列車に充当されるのですが、回答の通り異なる編成でした…

Img_3710
Img_3713

この日は出雲大社へ参拝。

神話に基づいた像があって面白いです。参道の土産物屋も含めて意外と?カジュアルな印象を受けました。妻は若かりし頃参拝したそうで、ご縁があったお礼参りと

Img_3711
Img_3714

「平成の大遷宮」の作業が続いており、本殿の遷宮は終わったものの、鳥居が修繕中。離れたところの壁に穴を開けて通路にされていました。

Img_3726
Img_3724

拝殿と、本殿は屋根だけ…

2015年8月17日 (月)

9月19日、スターフライヤーの深夜早朝便が往復で追加に

面白いものを見つけてしまい、また家族旅行の報告に戻れません。

先日、羽田0時過ぎ発の北九州行きが設定されるという記事を書きました。そこから自ら引用。

「羽田でステイする機材を北九州まで飛ばして、朝までにとって返すパターンか?それなら北九州発は丑三つ時になってしまいますから、さすがに利用客は見込めません」

Sfj6061

ところがどっこい、北九州早朝発の需要もあると見込んでか、羽田に機材を返す便も営業運航することにしたようです。

攻めますねー

Sfj6061_2

詳細はこちらに載っています。北九州発の60便は普段通りに搭乗手続きができますが、羽田からの61便は注意が必要です。チェックインが18日中で、出発が19日になるため、システム的に対応が難しいのかもしれません。

手続き開始の時刻なども乗っていますから、ご利用の方は是非ご一読ください。

#8/18追記:両便に接続する小倉駅方面への無料バスが出るという告知が増えていました

61便は先月末から発売してますから結構売れているとして、60便って本当に使う人いるのか?と正直思います。試しに予約してみました。当然?まだ空席はたくさん。

Sfj61_350

こちらは61便のシートマップ。このくらいの売れ行き。

Sfj60_350

驚いたのが60便のシートマップ。前方埋まってます

61便と違って後方はかなり空いているので、現時点では前方がまとめてブロックされているのかもしれません。でも、予約番号を見るとそれなりの人数が予約操作をした形跡がありますから、本当に売れているのかも…

例えば、ディズニーランドに開園(土日などは8時)から入場しようとすると、羽田7時着の70便では厳しい。こういう人は5時半に羽田に着くことを歓迎するかもしれませんね。

最多客日への対応として今後定着するでしょうか?

Sfjhawks

ちなみに、9月4日深夜(5日未明)にもSFJ61便と同じ時刻でチャーター便が飛びます。東京発のホークス応援ツアーに使用されるようです。

詳細はこちらから。まだ申し込みできるようです。5日は朝まで空港島の東横インで仮眠して、そのあとヤフオクドームに移動して観戦。6日は福岡発で便(時間帯)は選べる様子。

なかなか面白い企画ですね。

2015年8月16日 (日)

紫川信号場廃止と、北九州空港のマンダリン航空スペマ飛来

家族旅行の報告は中断して、週末の地元の話題を。

Img_3919

7月から飛来している、マンダリン航空。高雄からのツアー客を乗せたチャーター便(何回か継続して飛来するプログラムチャーター)

そのうち撮ろうと思ってずっと忘れていたのに気づいたので、昨日慌てて撮影に出撃。

Img_3922
Img_3925

まずはターミナルから到着を撮影。エンブラエルE190を使用しています。FR24には写りません。

側面の絵を見てオヤ?と思って調べると、日月潭のスペマでした。レジはB-16829。日月潭というのは台湾で最大の湖だとか。

Img_3931

一眼レフを持ってこなかったことを悔やみつつ、反対側も撮ろうと格納庫側に回って撮影。

Img_3939
Img_3944

南に向けて離陸していきました。G7Xの連写機能をお試し。

Img_3950

お次は、何回かレポートした、紫川橋梁完成に伴う線路移設。

最終段階として、工事スペース捻出のために単線化されていた貨物線を複線にもどす工事が進んでいました。

Img_3956

どうやら切り替えがすみ、複線を単線にするために存在した「紫川信号場」がなくなったとのこと。

西小倉駅東側の跨線橋から見ると、ポイントの一部が残っていますが、普通の複線になっています。

Img_3964

西小倉駅西側の跨線橋から。

速度制限が残っています。信号は元の場所のまま稼働しています。

Img_3969

西小倉駅ホームから。

ポイントが途中で途切れていること、工事で外した転轍機や枕木が線路脇に並べてあることが分かります。

Img_3973

門司港行きに乗って車窓から。

小倉駅側も、ポイントの線路が撤去されたことが分かります。

Img_3980
Img_3978

小倉駅8番線から見えるものを東から西に向かって報告。

近いところに中継信号機が2つ並んでいますが、下のやや灯火が明るく目立つほうは、新しいものと思われます。

Img_3986

その理由はこちらか。

以前は単線になるポイントの手前に信号がありましたが、撤去されて柱だけ残っています(矢印部分が名残)

Img_3975

そのかわりでしょうか?8番線の出発信号の少し向こうに、貨物線用の信号ができています(矢印。これも出発信号の扱いなのでしょうか?配線的には閉塞信号で問題ないですが)

信号機の移動に合わせて中継信号も移動する必要が生じたとすれば、上に載せた新品の中継信号も合点がいきます(古いほうは今後撤去?)

お盆の貨物列車が減る時期に合わせて行われた、旅客には関係のない線路の切り替えでした。

2015年8月15日 (土)

山陰までドライブの巻その2 ~境港は妖怪だらけ

ベタ踏み橋(江島大橋)を越えて境港に入ります。

ゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげる氏の故郷ということで、水木しげるロードの整備された境港。あまり期待せずに(失礼!)立ち寄ってみました。

境港駅近くの市営駐車場に停めて散策です。

Img_3646

早速、駅前交番の前には警帽をかぶった鬼太郎が。

Img_3650

駅ビル?の壁面には大きなイラスト。

Img_3651

ポスト(妖怪ポストじゃなく普通の郵便ポストです)の上には、一反木綿ではなくハガキに乗る鬼太郎が。

Img_3655

砂かけ婆やねずみ男がいると思ったら、境港駅に到着する列車のお出迎えでした。先頭はねずみ男のラッピング車両。

計算してないタイミングでこういうのに出会うと、期待以上という印象になりうれしいですね。

Img_3659
Img_3661

街ゆくタクシーの行灯も、街灯も目玉おやじ仕様。

後ろに見える山の上には、航空自衛隊のレーダーサイト。日本海を警戒する「目玉」もここに鎮座しています。

Img_3663
Img_3666

砂かけ婆やねずみ男などおなじみのキャラクターを含め、大小様々な妖怪のブロンズ像が並んでいます。

妖怪を見ながら歩くだけでも大人も子供も楽しめますが、この日はあまりに暑くて、水木しげる記念館にたどり着く前にギブアップ。

Img_3668

暑さから逃れるために入った酒店でお買い物。

結婚間近の?職場の若手へはこれをおみやげに。

Img_3887

自分用には5年熟成した米焼酎の古酒「猫また焼酎」を求めてみました。「猫又にたぶらかされてはなりませぬ」という帯がついています

実はまだ飲んでいないのですが、日本酒の酒蔵の作る米焼酎、結構好きなのです。日本酒のような吟醸香がしてそれでいて焼酎ですからスッキリ。

Img_3673

猫又のブロンズ像も見つけました。

Img_3854

うちの猫も長く飼っているとシッポが二股に分かれてくるかもしれません

Img_3674

トイレの案内看板も鬼太郎、猫娘、そして車椅子に座るのは目玉おやじ。

短時間の滞在でしたが、ワンテーマでここまで徹底して町おこしができるのは凄いと感じました。

2015年8月14日 (金)

山陰までドライブの巻その1 ~吉田くんの故郷経由ベタ踏み坂へ

猫用の給水・給餌も用意したので、旅行に行ってもいいかな?ということで、短い期間ではありますが夏休みの家族旅行へ。

車も新しくなりましたし、頑張って運転していこうか、ということで今回の目的地は山陰。

Img_1569

頑張って朝早く家を出まして、中国道の美東SAで最初の休憩兼朝食。

ツバメもまだ子育て中で、親鳥が餌を運んでおります。

Img_1561

面白いのは巣の立地。監視カメラ付きで防犯対策バッチリなのであります

Img_3642

中国道から松江道へ。

松江道の大半は無料となっていますが、ICの近隣に道の駅が整備してあって、SA代わりとなっています。地元の方も利用出来ますし、こういうやり方はありですね。

そんな中立ち寄ったのが雲南吉田ICを降りたところにある道の駅『たたらば壱番地』

Img_3639

「秘密結社 鷹の爪」の吉田くんの故郷が当地という設定で、ここでは鷹の爪グッズや鷹の爪を使った島根県の自虐ネタお土産を多く扱っています。

子供達も鷹の爪ファンだし、ちょうど昼くらいに着くし、ということで最初の目的地に設定した次第。

まぁ吉田くんは島根Super大使に任命されていて、方々で見ましたしお土産も良く売っています。(ここで買わなくてもいいとは言いませんよ

十割そばを扱う店も入っており、ここで昼食。

Img_1579

このあとは、中海に浮かぶ大根島・江島を通り抜け、CMで話題になった「ベタ踏み坂」へ。

正式名称は江島大橋。大型船が通ることもある航路にかかるので、これだけ高い橋をかける必要があったとのこと。望遠で撮ると勾配が強調されて凄い坂に見えますが、実際の勾配はそれほどでも…

対岸の境港側は曲がっているので写真には向きませんが、通り抜ける際には上り坂になるこちら側からより、向こうからこちらに向けて降りてくるほうがジェットコースターみたいで怖いです。江島を越えて中海に突っ込むんじゃないかというふうに見えましたし。

Img_1581

某コンビニの看板を隠して「レイコー」と書いてあるのが印象的でした

アイスコーヒーを「レイコー」と呼ぶ世代の人がコンビニに寄るのか?それが問題だ。いや、こういう層を呼び込んでいかないといけないのだな。うん…

2015年8月13日 (木)

城野駅北側に、国道10号線をまたぐデッキが出現

先日の記事の続報です。

8月10日未明に10号線を通行止めにしたようですので(前の記事へのコメントおよびモノレール沿いの立て看板から)、その後の状況を見てきました。

まずは再開発地区の西側の路上から(下の地図の矢印方向)

Img_3860

住宅地となる予定のエリアとの境界は、以前は単なる盛り土でしたが、擁壁で囲まれてしまいました。

Img_3861

擁壁の切れ目には道路ができています。奥には建設中の病院の姿が。

Jyono_2

続いて城野駅へ。

Img_3864

南北自由通路から日田彦山線の出発するところを。

Img_3865

ペデストリアンデッキからみると、以前地面においてあった橋桁が、奥の国道10号線をまたぐように設置されたのが分かります。緑の重機が活躍したのでしょうね。

Img_3866

接続予定部から設置されたデッキを望む。

工事期間は10月末までとなっているので、その後はここから10号線の北側まで歩いて行ける?

Img_3870
Img_3871

下まで行ってみました。

道路をまたぐ部分は、下部まできっちり施工されています。何度も通行止めにできないですからね。

Img_3874

信号が変わったすきに10号線の横断歩道上から。

まだ違和感ありますが、すぐに馴染むのでしょうね。

Img_3875

駅舎北西側の駐輪場も、まもなく稼働しそうです。

次の取材はデッキが通れるようになったときかな

2015年8月 9日 (日)

久しぶりに風呂釜とノコリーユECOの配管洗浄

暑い日が続きます。

Img_3835
Img_3836

猫も人もゴロゴロ…

昨日朝、洗車して汗をかいたのでシャワーを浴びようと浴室をのぞくと、浴槽に残った水の回りに、一晩しか経っていないのにうっすらとピンクの水垢が…

こりゃ風呂釜の配管やノコリーユECO(浴槽から洗濯機に残り湯を汲み上げる専用配管)のなかも汚れてるな、と久しぶりに洗浄を決意。

ノコリーユECOについては、以前の記事とその次の記事を確認しながら洗濯機を操作しました。備忘録も兼ねて手順など記載。

Img_3842

買ってきたジャバの説明書に従い、浴槽に水を張りながらノコリーユECOと洗濯機の接続部分を確認。思ったよりマシでしたが、水垢が付着しているのは分かります。洗濯機側の網が詰まっているようなことはありませんでした。

Img_3843

水を張って、ジャバを投入し、追い炊きスイッチON

Img_3844

同時に、ジャバの溶けた水を汲み上げホースに回すため洗濯機始動。

うちのH社のドラム式洗濯機、「洗濯」のときは最初のうちしか残り湯を汲み上げず、後半は庫内で循環させているだけなことに気づきました。「すすぎ」のほうがたくさん汲み上げるようなので、「すすぎ」中心にするほうが良さそうです。

Img_3845

ジャバの溶けた湯を一度落として、再度水張り。

もう一度追い炊きして、風呂釜の配管をすすぎます。洗濯機の操作ももう一度行って、ノコリーユECOの配管内もすすぎましょう。

Img_3846_2

一通り終了後に接続部を再度確認。湯垢は少し残っていますが、洗浄効果はあったようです。

Img_3847

剥がれた水垢がフィルターに詰まっていないか確認しましたが、ここも大丈夫。

しめて1時間ほどはかかりますね。あまり間を開けずにまた洗浄することにしましょう。

Img_3848

今は主(ぬし)のいない子供部屋を好きなように使っているうちの猫ですが、まもなくうるさい人たちが帰ってきますよ

2015年8月 8日 (土)

ダッフィージェット@北九州空港

現在運用中のJALハッピージャーニーエクスプレス。ダッフィーのマーキング付き。

先日羽田で目撃した2号機(JA327J)が昼間の便(JAL373便)で北九州空港へやってくるので、炎天下ではありますが出撃。

Img_3822

昼前にいつもの格納庫横。

土曜日ですが、あまりの暑さか同好の方もなし。一人ダッフィーを待ちます。

ここからは午後のほうが光線が良いので、午前から昼頃は人少なめなのはいつものこと。まぁトラフィックも少ないですし。

Img_3823

さすがに草むしておりますな。

Img_1688

トンボに、画だけは少し秋の気配。イヤまだ暑いですが…

Img_1692
Img_1699

やや北寄りですが、18/36どちらでも降りられそうな風。SFJ機がR/W36に向けて出発中ですので、ダッフィーも36着陸になりました。羽田で見られなかった飛んでるシーンが撮れて良かった。

Img_1714

出発していったSFJ80便はJA23MC。一応最新の機材ですが、既に1年半が経過。そろそろ、次の機材の話題が欲しいです。

Img_1716

スポットインするダッフィー。

こう暑いと、格納庫横からエプロン方面は陽炎が強くまともに写りません。

また、前や真横から撮ると切れてしまうのが、この位置のマーキングの困ったところ

Img_1710

空港内の緑地帯は草刈りをしたところのようで撮影向き。

しかし、日頃あまり見ないハトの群れがいました。彼らにとっても虫などが探しやすいコンディション?

Img_1728
Img_1729

そうこうしているうちに、ほぼ定時にJAL374便として出発です。

Img_1731

12時過ぎでは、まだ機体の下側が暗くて今イチ。

できればJAL375-376に入る日に撮りたいですね。

Img_3829

最後は空港連絡橋。キールアーチってコレですよね

2015年8月 6日 (木)

「ドリカム新幹線」を新鳥栖駅で見てきたのです

ちょっと間が開きましたが、前回の記事には続き(おまけ)があります。

そのまま小倉に戻るにはちょっと早いので、8月末まで運行される「ドリカム新幹線」を見に行くことにしました(運用はこちらから確認出来ます)

Img_3608

時間に余裕があったので、福岡空港新ターミナルビル整備に関するパネル展示をチラ見。

Img_3609

現在3つのターミナルビルに分かれているのが集約されるほか、地下鉄駅から出発ロビーへ直結するエスカレーターが整備される予定とのこと。

現在、地下鉄改札からターミナルビルまでの動線はゴチャッとしていて狭いので、このとおりになれば素晴らしいです。

Img_3623

さて、目的のドリカム新幹線は、久留米か新鳥栖か迷ったあげく、九州新幹線開通に伴って開業した新鳥栖で撮影を試みることにしました。

鳥栖駅ホームから、サガン鳥栖のホームスタジアムであるベストアメニティスタジアムが目の前に見えました。これは駅から近い。

ギラヴァンツの新スタジアムも駅に近いですし、新幹線からよく見えると思います。

Img_1541
Img_1542

鳥栖から1駅で新鳥栖に着きます。九州新幹線と長崎線の交差する位置に新駅が整備されました。

乗ってきた各停の直後に「みどり・ハウステンボス」が通過、ではなく停車。新幹線連絡を意識して、特急も全て停車するようになっています。

Img_3627

割り切っていて面白いのが、在来線(手前)と新幹線(奥)を乗り換えるのに必ず改札外に出る必要があること。

自由通路を確保しつつ乗り換えの便をはかるには、こういうつくりもありですね。本来途中下車出来ない乗車券で改札外に出られてしまうという問題はありますが、駅前には何もないのでまぁいいか

FGT開発も遅れており未だに全体像が見えませんが、万が一全線フル規格で長崎新幹線が開通した場合には鳥栖から先を経営分離するという布石だったりして… まさかね

Img_3629

こちらは新幹線改札。ドリカム新幹線のポスターあり。

Img_1548

新鳥栖は上り・下りとも待避線のある2面4線の立派な駅。

「さくら408号」がドリカム新幹線のはずですが、この角度だと普通の800系に見えます。

Img_1549

側面を撮らないとマーキングは分かりませんね。

Img_1552

新幹線コンコースに「有田焼で焼いた」N700系の展示があって、思わずカッコイイ向きで撮れないかトライ。

2015年8月 3日 (月)

B787-9で行く東京(後編) ~ダッフィージェットを撮影

一夜明けました。東京で1日遊んでから帰ってもいいのですが、今回は早めに帰路につきます。まぁB787-9が目的ということもあるのですが

Img_3566
Img_1492

ANA便に乗りますがまずは第1ターミナルへ。

目的は、JALハッピージャーニーエクスプレス。ディズニーシーで人気の「ダッフィー」のマーキングです。スケジュールはこちらから。

北九州空港への飛来をそのうち撮ろうと思っていたのですが、やっぱり羽田が効率が良い

Img_1503

「ダッフィージェット」の出発を待つ間、国際線からの出発便を見ていますと、JALのB787-8が。

JALは787を国際線用として使っていますから、見られる空港は限られてしまいますね。

Img_1523

続いてANAが導入したB787の初号機。通称「鯖」。

いつまでこのペイントで飛び続けるのでしょうか?最近導入された787は「787」のロゴも入らなくなりましたから、ちょっと寂しいです。順調に数を増やしているということのあらわれでもあるのですが。

Img_3569
Img_1536

そうこうするうちに、ほぼ定刻にダッフィー君は出発していきました。

Img_3571

本日のお供はこちら。残念ながら機材変更がかかりB787-8になってしまいました。前日夜の福岡→羽田のB787-9充当便が機体整備で欠航になっているので、その影響だと思われます。

Img_3575

座席も変更されて、エンジンの真横になってしまいました。

Img_3577

前の席の子は、そんなオタクな事情は関係なく、ワクワクしっぱなしです。

Img_3582

南風運用で、離陸はR/W16L (C滑走路)から。離陸直後、D滑走路を越えていきます。

通常運用で、YANAG-Y28経由の北九州行きがC滑走路から出ることはまずありませんが、福岡行きが通るSEKID-Y20へのルートはC滑走路からだと空港東側~都心北側を通り、A, Dからだと西側を通るように設定されています(Bからの離陸は基本ありません)。

ANAの福岡便は積極的にC滑走路に誘導されているようだとありがたいですね。

Img_3589

787の特徴は液晶を利用したシェード。シェードを使用していないお隣との明るさの違いや、暗くしても外の雰囲気が分かることを伝えられそうな写真が撮れたので紹介。

Img_3590

静かだし、耳ツンが少ないのもさすが787、と改めて思いながら乗りましたが、スターフライヤーに慣れていると、コーヒーとともにチョコが出てこないのを寂しく感じます。

Img_3592
Img_3597
Img_3601

夏空の代表、積乱雲(入道雲)。

山口あたりを通過中に気づいたものが、徐々に形を変え、最後には全体的に「かなとこ雲」に。大分あたりでは降ったのかな?

Img_3604

ちょっと西まで振られたからか、左旋回中に小呂島がすぐ近くに見えました。

その後、前の席の子は市街地での旋回にビックリしたようで何回か「落ちる~」と言ってました

Img_3607

無事福岡空港に到着。リバースしたときに見えるコレが気になります。

2015年8月 2日 (日)

B787-9で行く東京(前編) ~N700Aの試運転に遭遇

東京に行く用事ができました。

飛行機は北九州発でも福岡発でもいいよ、とのこと。時間帯も悪くないので福岡~羽田往復ともB787、それも新しい-9充当便をチョイスしてみました。

Img_1467

まずは小倉駅から。博多行きの新幹線を待っていると、上りホームに回送表示。あまり期待せずに(それでも一応カメラを持って)待っていると、N700系が。なーんだと思いましたが妙に白いです。

Img_3519
Img_3521

側面もピカピカで「試運転」表示。先頭の「F2」の表示が読み取れたので調べてみると、先頃製造されたN700Aの新編成のよう。どうりでピカピカのはずです。

Img_3525
Img_3527

博多駅で地下鉄に乗り換えると、ミッションインポッシブルの新作の宣伝車両。

#これは、ダイヤが地下鉄のサイトで公開されているのでチェックしました。うまいこと新幹線の時刻と合いました

Img_3528

福岡空港に着いたところで、地下鉄車両につかまるトムクルーズを激写

Img_3533

展望デッキで、B787-9 (JA833A)の到着を確認。

-8より胴長で、スラッとしています。

Img_3543
Img_3545

北風で、出発はR/W34から。離陸後右旋回したときに博多湾や空港が見えましたが、ちょっとモヤが強めでした。

787は、主翼のシルエットがいいですね。

Img_3551
Img_3552

羽田は南風運用。ゲートブリッジや夢の国を横目にR/W22へ。

国際線ターミナル側を通るときに、この日から就航したカンタス航空のB747が見えました。

Img_3555
Img_3558

今月中に完全引退する「北斗星」を何となく見送りたくなり、上野駅へ。ちょうど出るところで、編成を見て回る時間もなく、ホントに見送りだけで終了。慌てて撮ったのでテールマークがブレブレに

Img_3560

上野まで行ったついでに、3月に開業した「上野東京ライン」に初乗車。この写真は帰り道(南行き)に最後尾から。

東京駅に常磐線車両がいたり、以前は考えられなかった光景が次々に現れましたが、さすがに数ヶ月が経過し、すでに日常の光景となっているようです。東京駅の東海道線ホームは普通に中間駅ですし。

Img_3561
Img_3562
Img_3563

上野東京ラインと言えば、新幹線直上建設された高高架区間。通称(俗称?)「神田峠」なのだそうです。

上から秋葉原駅南側、最高点あたり、東京駅近く。確かに凄い勾配です。改めて、よくこんなところに線路を通したなと思います。

このあと所用を済ませ、後半へ続きます。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

無料ブログはココログ