« 奈良発琵琶湖一周ミニ周遊その2 ~慌ただしく草津と米原 | トップページ | 奈良発琵琶湖一周ミニ周遊その4 ~トワイライトやら特急やら »

2015年7月 4日 (土)

奈良発琵琶湖一周ミニ周遊その3 ~近江塩津は雨模様

米原を13:01に出た新快速は、北陸線を北へ向かいます。

Img_3300

湖西線側に転線して近江塩津駅2番線に13:34に到着。

ホームから階段を降りていく人と、そのまま待つ人に別れます。

Img_3304

向かいの1番線(湖西線上り京都方面本線)に敦賀からの13:40発の新快速が到着。ホームで待っていた人たちはこれに乗り込みます。

滋賀県の提唱する「琵琶湖環状線構想」に賛同してか、この時間帯は北陸線米原(長浜)→近江塩津→湖西線近江舞子(今津)および逆方向の乗り継ぎが同一ホームでできるように工夫されています。

Img_3305

先ほど乗ってきた編成は、北側にある引き上げ線へ。

米原までは雨が降っていなかったのに、ここまでくると雨模様。風も冷たいし、次の列車まで時間があることを見越して駅舎へ。

Img_3307

盛り土のホームの下が駅舎ですが、外から見ると民芸風というかなんというか独特です。

あ、改札出ちゃいけないんだった…

Img_3309

きっぷ売り場と、右奥は改札口というか民家風の扉。

椅子が並べてあり、乗り継ぎ待ちもここでする人が多いようです。厳密には改札外にあたると思いますが、途中下車だとか野暮なことを言う人はいないでしょう。

左手ではうどん店が営業していましたが、webに公式の情報なく、また不定期休のようでしたので特に紹介しません。私が行ったときにはやっていましたよということだけ。

Img_3310

構内に入るとICOCAのチャージ機と、簡易型の改札機。

ここまでICOCAが使えるようになったのも、琵琶湖環状鉄道構想のたまもの?

Img_3311

簡易改札機と、ホーム下の通路。

Img_3312

狭い階段とホームへの通路。

ホームの運用が非定型的なのに(そもそも湖西線上り本線にはホームがないし)案内は少なく、気をつけないと間違ったホームに上がってしまい呆然と列車を見送ることになりかねません。ここから乗る人は少ないと思いますがご注意いただきたい次第。

Img_3314

再びホームに上がると、先ほど引き上げた編成が4番線(北陸線下り米原方面本線)に入線してきました。14:05の発車まで10分ほどここで待機となります。

« 奈良発琵琶湖一周ミニ周遊その2 ~慌ただしく草津と米原 | トップページ | 奈良発琵琶湖一周ミニ周遊その4 ~トワイライトやら特急やら »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良発琵琶湖一周ミニ周遊その2 ~慌ただしく草津と米原 | トップページ | 奈良発琵琶湖一周ミニ周遊その4 ~トワイライトやら特急やら »

無料ブログはココログ