« 小倉駅新幹線下りホームの冷遇っぷりを確認 | トップページ | 北九州モノレールの「モノスゴカ」とQR乗車券導入が10月1日に決定 »

2015年6月24日 (水)

新下関~下関で「特別なトワイライトエクスプレス」を撮影の巻

新下関に到着したトワイライトは、中線でしばらく停車します。新下関到着が13:55くらいで、新下関からはノンストップで下関14:45着とすれば、40分くらい「最後の休憩」をすることになります。貨物列車や各停が追い越していきます。

Img_3158

上りホームから最後尾を。

Img_3163

下りホームから。ホームの端を越えて停まるので、機関車を先頭からじっくり撮る、というのには向きません。

Img_3164
Img_3167

台車と連結部。

私が子供のころ、図鑑のブルートレインの項目で、「乗り心地を良くするために空気バネを採用」などと解説されていたのを思い出します。

Img_3171

私は14:12発の各停で一つ先の幡生(はたぶ)へ。

ここも電車の山陽線と、気動車の山陰線でホームの高さが調整してあります。

Img_3172

トワイライトの幡生通過を撮影するためか、ホームの端まで一目散の人たちを見送り。「出口こっちなの?」とビジネスマンが戸惑っていたのが印象的

解体中の115系に心が痛みました。

Img_3173

私は14:26発の山陰線に乗り継ぎ下関へ。

Img_3174

カープとPASPYの宣伝。やっぱり九州とは違いますなぁ…

この列車は下関の3番線に着きますので、降りたホームでトワイライトの到着を待つことになります。

Img_3175

定刻に到着。

Img_3176
Img_3184

食堂車の厨房と、客車出入り口のカーペット。

Img_3180
Img_3181

EF65の運転席と連結器。

シンプルでメカニカルな運転席、あこがれますねぇ。

最新のいろいろモニタのついた電車も便利で楽だと思いますが。

Img_3186

最後に小倉へ向かう車内から。やっぱり227系がいます。

« 小倉駅新幹線下りホームの冷遇っぷりを確認 | トップページ | 北九州モノレールの「モノスゴカ」とQR乗車券導入が10月1日に決定 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小倉駅新幹線下りホームの冷遇っぷりを確認 | トップページ | 北九州モノレールの「モノスゴカ」とQR乗車券導入が10月1日に決定 »

無料ブログはココログ