« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その6 蟹田から津軽今別へ急げ! | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その8 白鳥22号までの間に津軽今別探索 »

2015年6月 1日 (月)

津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その7 津軽今別の構内踏切とスーパー白鳥通過

津軽今別駅の前に、津軽二股駅のホームも一応。

Img_2950

大川平(おおかわだい)駅方面を望む。

右の海峡線は青函トンネルへ向かっています。

Img_2951

大平(おおだい)駅方面を見ると、奥津軽いまべつ駅の連絡橋がいやでも目に入ります。

Img_2953

ここが津軽今別駅への入り口(上がり口)

新幹線の試験走行をするので夜間は閉鎖します、という掲示が出ていますが、全列車通過扱いの告示はありませんでした。

Img_2955

階段を上がると、左は青森方面、右は函館方面、という案内。

#文中の俯瞰方向などは、海峡線の起点終点に合わせて中小国方面、木古内方面で揃えます

Img_2956

おお、これが噂の構内踏切か。

この踏切で、新幹線の線路を渡っていけるというのが「今しかできない」体験だと秘かな人気?だとか。私もこれを見に来たようなものなので、ひとまず満足。

Img_0986

踏切から在来線の木古内方面を望む。

新幹線駅はあとで紹介しますが、中央に2面3線の新幹線駅、両側に在来線が2線ずつ、という構成になる予定。待避線が途切れています。

Img_2958

「函館方面」本線とホーム。

待避線を完成させるにはホームの撤去が必要になるというのが、8月10日から全列車通過となる理由でしょう。となると、津軽今別駅としての営業は事実上終了で、旅客営業再開は奥津軽いまべつ駅の開業を待つことになりそうです。

しかし、待避線に仮設ホームを作る、今の設備のまま新幹線を開業させ、その後待避線の増設工事、のような方法で営業を継続することもできそうです。は用地の問題が生じそうですが、は現在ここに待避設備がなくとも運用できていますから、現在の本線に在来線列車が1本待避できれば足りるんじゃないかな?とも思ったり。

結局、「列車を停めなくても影響は僅少なので、工事の進めやすさを優先」ということなんでしょうね。新幹線の駅ができる場所なのに…

Img_0995
Img_0998

しばらくすると踏切が鳴り始め、スーパー白鳥5号が通過していきました。

Img_2960

スーパー白鳥の通過後、踏切を渡り始めると…

まさか新幹線車両がいるとは思っていなかったので、思わず驚きと感激の声が出ました。

« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その6 蟹田から津軽今別へ急げ! | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その8 白鳥22号までの間に津軽今別探索 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その6 蟹田から津軽今別へ急げ! | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その8 白鳥22号までの間に津軽今別探索 »

無料ブログはココログ