« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その4 | トップページ | 黒崎駅で長尺レール輸送車を発見の巻 »

2015年6月17日 (水)

全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その5

競馬場前の先は住宅街の中を走っていきます。

というより、モノレール建設中の写真を見ると、周りには(ちょっと大げさですが)何もありません。鉄道ができて、街ができて、という発展を遂げたエリアです。

守恒・徳力公団前、の2駅は特に特徴もなく、今回は画像なし。

Img_1988

国道322号沿いに南下してきて、曲がり角にあたるところにあるのが徳力嵐山口駅。このあたりの紫川が「小嵐山」と呼ばれることに由来していると、今回調べて初めて知りました。

上の写真の奥に、チラッと徳力公団前駅が写っています。

Img_1990
Img_1989

ホームはこんな感じ。いたって標準的。

Img_1991

降りて駅舎を見上げたところ。これも標準的。

Img_1993

ただし、振り向いたところの光景は迫力があります。

この先でちょっとした山を越えるので(両側とも住宅開発されていますが)、カーブしながら上がっていきます。

Img_1995

上の「ハレピョン編成」と同じ方向に走行中の車内から。

Img_2012

もう一丁、逆向きに走って徳力嵐山口到着直前。

Arashi_350

地図を見ると、90度を超えるカーブです。

ここのカーブとか、この先の山越え区間はもうちょっと撮りようがあるのではないかと思っていますが、まだ実践できていません。いずれ。

Img_0049

ひと山越えて、降りたところに志井駅がありますが、写真なし。

終点の企救丘駅から撮った写真にチラリと写っている程度でゴメンナサイ。

Point

企救丘駅のことは、以前投稿した記事に詳しいです。

志井側にあるポイントが変わるところを連続撮影。

これにてモノレール駅の紹介はひとまず終わり。

« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その4 | トップページ | 黒崎駅で長尺レール輸送車を発見の巻 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その4 | トップページ | 黒崎駅で長尺レール輸送車を発見の巻 »

無料ブログはココログ