« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その3 | トップページ | 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その5 »

2015年6月15日 (月)

全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その4

北九州モノレールの一つの特徴、それは競馬輸送。

Img_2013
Img_2014

小倉競馬場に直結する駅があり、そして、中央競馬のレースが行われる土日はメインレースに合わせて増発されます。

また、沿線を走っていると、橋脚の補修などの工事にJRAの財源が投入されていることも分かります。

Img_2017

外に出てみると、駅の外観は特に変わった感じがありません。

Keiba_350

しかし、よく見ると、一つ上の写真の左側で競馬場に繋がる部分のほか、右側では競馬場の駐車場にも繋がっています。モノレールの駅舎は車で競馬場に来る人にも無縁ではないのですね。

Img_2015

訪れたときはちょうど開催の時間帯でしたので、平日は閉ざされている北行きホームと競馬場の間のシャッターが開いていました(写真は競馬場側からホームを見たところ。普段は柱のあるところにシャッターがある)

Img_2020

競馬場のほうにすすんだところ。右のゲートは競馬場の入り口。左奥は臨時改札。こんなものまであったんだ…

Img_2025

最初に着いたときはホームにあまり人がおらず、「なんだ大したことないじゃん」と思っていたのですが、一回りしてくるとレースが終わったようで、小倉行きを待つホームに長い列ができていました。

Img_2024

競馬場前駅のもう一つの特徴は、北側にある渡り線。平和通と企救丘にある折り返しに必要なポイントを除くと、唯一の設備です。

路面の色が異なるところと、その下についたアクチュエータが分かるでしょうか。

普段ここで折り返す列車はありませんので、非常用か保守用でしょう。不通区間ができたときに、ここを使って区間運転することが想定されているかは不明。

この駅、競馬場のほうが先にきていますが、駅名標に小さく書かれているとおり北九州市立大学の最寄り駅でもあります。普段は学生さんとおぼしき乗客が多いですよ。
(写真の編成は狙って撮ったわけではありません

« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その3 | トップページ | 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その5 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その3 | トップページ | 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その5 »

無料ブログはココログ