« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その2 | トップページ | 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その4 »

2015年6月14日 (日)

全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その3

前の記事の最後の続きで、最後尾から。

Img_1951

片野駅を過ぎると(向こうの方にチラッと写っています)、下にある国道322号線が堀割に潜り、日豊線をアンダーパスします。おかげで、モノレールも特に高さを稼ぐことなく走っていきます。

Img_1952

アンダーパスに蓋をするような人工地盤が現れると、城野駅です。

Img_1954
Img_1953

ホームは標準的な2面2線。

NHK北九州放送局キャラクター「ハレピョン」のラッピング編成。

Img_1957

変わった点は降りてみると分かります。

モノレール駅の多くは道路上の「2階」部分が改札、ホームが「3階」ですが、ここは「1階」に改札があり「2階」がホームのため雰囲気が異なります。国道を「地下」に追いやり、人工地盤に生活道路を渡す構造のためにこのようなことになっています。

Img_1958

城野駅のすぐ南側でアンダーパスは終わり、モノレールは再び国道の真ん中へ。

Jyono_350

地図で見るとこんな配置ですが、アンダーパスとか人工地盤の存在は分かりにくいですね。

Img_1956

この先の北方駅前後の区間は、都市高速の下を走る形となり、橋脚を共有しています。都市高速の北方ランプもあり、近未来的で好きな箇所です。

モノレールが道路財源で作られるということがよく分かる区間でもあります。

Img_2027

最後に1枚、小倉行きの車内から北方駅停車中の写真を。

北方も降りて写真撮ってないので高架の雰囲気だけ。

« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その2 | トップページ | 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その4 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その2 | トップページ | 全駅、じゃない北九州モノレール紹介 ~その4 »

無料ブログはココログ