« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その4 スーパー白鳥20号の車窓から(道内編) | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その6 蟹田から津軽今別へ急げ! »

2015年5月30日 (土)

津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その5 スーパー白鳥20号の車窓から(青森編)

昨日は口之永良部島噴火の報にびっくりしました。

まずは人的被害がなかったこと、迅速な島民の避難が行われたことを聞きホッとしています。

あのあたりは沖縄に行く飛行機で何回か上空から見ていますが、いかにも「火山島」という島が点在するエリアです。「いつ戻れるのか」も含め、今後の動向が気になります。

Img_2923

さて、スーパー白鳥20号は、青函トンネルに入りました。最初はここで弁当を、と思っていたのですが、ビールのせいで乗車早々に食べてしまいました

車窓は単調、携帯もつながらない車中は手持ち無沙汰…

唯一車窓に変化があるのが吉岡・竜飛の両定点(以前は海底駅として見学できたところ、本来は保守拠点であり待避用)

ここを通過するときに、「あ、そういえばスーパー白鳥から火花が出たんだった」とトラブル事例を思い出してしまいました。

Img_2925

幸い何事もなく青森側へ。

Img_2927

いくつかトンネルを抜けると、津軽今別(新幹線駅は奥津軽いまべつ)で一度新幹線と在来線が分離します。通過列車を警戒しつつ保線作業中。

Img_2928

見えてきたのが奥津軽いまべつ駅のホームとその覆い。

Img_2929

新幹線駅に隣接して、いかにも仮設のホームがあるのが津軽今別駅。

スーパー白鳥は基本通過します。

Img_2930

この先のスノーシェッドの中で、再び新幹線と在来線が合流。

Img_2931

気づいたら新幹線から分かれていてあせったのですが、どうやら大平トンネルの中にポイントがあったようです。

Img_2932

新在共用区間に別れを告げ、在来線は下へ。

Img_2934

新幹線はまっすぐ進んで新青森へ、在来線は左にカーブして蟹田・青森方面へ。

Img_2935

蟹田到着。ここまでは予定通り。天気も最高

次に乗るのは、津軽今別に停車する白鳥22号。

津軽今別発車までおよそ50分。無事に移動できるか、まだ一抹の不安が残ります…

※一つ前の記事で、当ブログの記事数が1000に達したようです。ブログタイトルの目的を達したあと、今回の記事のように家建てとは大きく異なる内容が増えておりますが、ご容赦くださいませ。一連で読んでいただくというよりは。私自身の備忘録と、キーワード検索で少しでも同好の方の助けになればと思って書いております。

« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その4 スーパー白鳥20号の車窓から(道内編) | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その6 蟹田から津軽今別へ急げ! »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その4 スーパー白鳥20号の車窓から(道内編) | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その6 蟹田から津軽今別へ急げ! »

無料ブログはココログ