« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その2 早朝の羽田から函館へ | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その4 スーパー白鳥20号の車窓から(道内編) »

2015年5月28日 (木)

津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その3 函館市電に乗って函館駅へ

函館空港では市内行きのバスがすぐ出るようだったので、空港を見て回ることもなくバスへ。

バスが動き出してから、列車に乗るまでの時間に余裕があることを思いだし、「湯の川温泉」バス停で下車(温泉街の海側の道沿いです)

Img_2882

ちょっと距離はあるのですが、さわやかな空気の中、市電の終点である「湯の川」電停まで歩きました。

Img_2884

「やきとり弁当」号「函館どつく前」行き。

Img_2885

「駒場車庫前」では、入出庫のための線路を見ることができます。

通勤ラッシュから外れた時間帯ということもあるでしょうが、終始のんびりとした雰囲気で「函館駅前」に到着。

空港バスのほうが圧倒的に早く着くのですが、今回に限ってはいい時間稼ぎができました

Img_0975

お土産を買い込むつもりはなく、車内で食べる弁当でもあればと思って函館朝市をチラ見。なにやら路上でゲットしたものをくわえたカラスを見つけて1枚。

まぁ何というか、カニやらホタテやらを売りつけようという店と、海鮮丼を中心としたイートインばかりで、ちょっと目的とは違いました(丼のテイクアウト可と書いている店もありましたが)

Img_2886

朝市をスルーして海岸へ。青函連絡船として活躍した「摩周丸」が展示されています。

青函トンネル開通以降しか渡道経験のない私は、特に懐かしむ対象でもありません。ということで、船内の有料展示はスルー

Img_2890

ようやく函館駅へ。青森までの乗車券を購入して構内へ。
(特急券は事前購入済み)

Img_2891

木古内行きのキハ40系が停車中。

最初はこれに乗るつもりだったんですが…(何度も言うな)

Img_2892

789系で運行されるスーパー白鳥20号は8番線から。

Img_2895

いかにも海峡線専用って感じのデザインが側面に。

Img_2896

札幌までのキハ183系北斗5号も待機中。

一連のJR北海道のトラブルの一端がキハ183系。これが120km/hとか130km/hで爆走するのに感動したのは学生の頃の思い出ですから、20年以上も前のことになります。そりゃ老朽化が問題になるわけだわ…

Img_0978

先頭側から見ると、ホームがカーブしており編成をうまく収めることができました。地図を見ると、この曲がった先が青函連絡船へつながっていたことが分かります(残念ながら往時の姿は知りませんが)

Img_0979

お、「北斗星」色のDD51がコッソリと。

Img_0980

最初、ずいぶん空席が目立つと思っていたのですが、スーパー北斗2号(キハ281系)からの乗り換え客を受けてそれなりの乗車率になりました。

Door to Door乗り換えに配慮されていることに今更ながら気づきましたが、函館で特急を乗り継ぐというのも、来春には見られなくなる光景。特徴あるターミナルがまた一つ減ることになります。

« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その2 早朝の羽田から函館へ | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その4 スーパー白鳥20号の車窓から(道内編) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その2 早朝の羽田から函館へ | トップページ | 津軽今別駅で北海道新幹線H5系に出会う旅 ~その4 スーパー白鳥20号の車窓から(道内編) »

無料ブログはココログ